プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

HEADWOLF

HEADWOLFが第1世代のD500電源装置を発売:信頼できる究極のポータブル電源

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112225384-O1-x6Hj3Eg5

AsiaNet 93764(3247)

【深セン(中国)2021年12月17日PR Newswire=共同通信JBN】新進気鋭の電源装置メーカーで、Shenzhen City Doowis Industrial Co., Ltd.傘下のブランドであるHEADWOLFは、LIFEP04バッテリーとPD 100W出力・入力を備えた第1世代のHEADWOLF D500電源装置を発売した。同社がリリースした初の電源装置製品であるHEADWOLF D500は、世界をリードするエンジニア、研究者、技術者のチームによる長年にわたる研究開発と製品開発の集大成である。

HEADWOLF D500は「信頼できる究極のポータブル電源」をモットーに、ユーザー効率を向上させ、いつでもどこでも安全な電力供給を提供する。屋外愛好家にとってなくてはならないポータブル電源装置であるHEADWOLF D500は、長い充電時間やバッテリーの安全性など、業界を長い間悩ませてきた課題に対処し、これまで以上に多くの選択肢を顧客に提供する。

HEADWOLFのChris Chen創設者兼最高執行責任者(COO)は「第1世代の電源装置製品を世界市場に投入できることをうれしく思う。HEADWOLF D500の発売開始以来、北米と日本の顧客から注文を受けていることは、このタイプのポータブル電源の幅広い人気を物語るものだ。そして、これはほんの始まりにすぎない。当社の創造的精神と有能な研究開発チームにより、われわれは絶え間なく革新し、既存の問題点を解決し、顧客に絶対的な安心感を何度も提供するプレミアムソリューションを提供する」と語った。

パワフルかつ効率的なHEADWOLF D500は、PD100W双方向急速充電インターフェースと90Wメイン出力インターフェースを備えている。タンクにたっぷりと電力が入っているこの電源装置は、11時間にわたるLED照明の提供から、スマートフォンの32回充電に至るまで、全ての主流のデジタル機器に複数回電力を供給することができる。電源自体はわずか5.5時間で100%まで急速充電でき、100Wソーラーパネルを装備した場合、十分な日照の下ではわずか6時間で完全に再充電することができる。

HEADWOLF D500は、外出先での安全の重要性を認識し、LifeP04リン酸鉄リチウムバッテリーを搭載している。これにより、バッテリー安全弁によって引き起こされる潜在的な危険が排除される。さらに、この電源装置は、過負荷、過熱、過放電およびショートに対する保護を向上させるインテリジェントなバッテリー管理システム(BMS)を備えている。持続的なパワーのために設計されたHEADWOLFD500は、2000回以上の充電サイクル寿命の最後まで稼働するように設計されている。

HEADWOLF D500は、より安全なバッテリーを備えていることに加え、V0耐火材料で作られたシェルなど、発熱体に耐えることができるようにさまざまな機能を備えている。また、電源装置はスマートファン制御を備えており、温度と電力を制御することで熱放散を効果的に管理することができる。

二酸化炭素排出量は地球規模の気候変動の主因であるため、持続可能なエネルギーソリューションに切り替える必要性が高まっている。今後もHEADWOLFは、広範な研究開発活動を継続し、多接合太陽電池パネルなどの新しいエネルギー入力源をサポートする製品を発売する予定である。

▽HEADWOLFについて
2016年に設立されたHEADWOLFは、ポータブル電源装置、電源エネルギー貯蔵技術、およびパワーインバーターの研究開発、販売、技術サービスに注力している。世界クラスの製品研究開発チームを誇るHEADWOLFは、中国、欧州、米国で多数の技術特許を取得している。HEADWOLFは創業以来、配電とバッテリー安全管理のバランスを取りながら、究極のマルチポート急速充電を実現してきた。HEADWOLF製品は世界中で販売されている。

詳細な情報と購入に関してはhttps://www.headwolf.net/ を参照。

ソース:HEADWOLF

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=411341
キャプション:工場のHEADWOLF D500

工場のHEADWOLF D500
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ