プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Tianma

Tianmaが2021 Micro-LED Ecosystem Alliance Conferenceで4種のマイクロLEDディスプレーを公開

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112205271-O1-d77q5L9r

AsiaNet 93784 (3258)

【アモイ(中国)2021年12月20日PR Newswire=共同通信JBN】Tianma Microelectronics Co., Ltd.(Tianma、000050.SZ)は12月17日、中国のアモイで第1回となる2021 Micro-LED Ecosystem Alliance Conferenceを開催した。有力メーカーの代表、業界専門家、世界の大学の研究者多数が集まり、マイクロLED製造の技術課題、マイクロLEDテクノロジーのアプリケーション、同分野における将来展望について話し合った。会議で、Tianmaは最先端かつ革新的な同社のディスプレー技術のラインナップを拡大する接合型、透明、フレキシブル、リジッドの4種類の最新マイクロLEDディスプレーを公開した。

▽5.04インチの接合型マイクロLEDディスプレー
5.04インチの接合型マイクロLEDは、世界で最も高いPPI接合ユニット、480×320単一スクリーン解像度、222umピクセルピッチ、LTPS TFTドライブを特徴とする。これは、ピクセルゲートオンアレー(GOA)製法で設計されており、高精度切削技術と統合パッケージングがほぼ0 mmのスペーシングのディスプレーを実現し、2*N無限接合を可能にしている。今回の展示には、短辺型2ピースと4ピースの接合型が含まれ、両方ともさまざまなシナリオに適している。

▽9.38インチの透明マイクロLEDディスプレー
この製品は、最大70%の透明度、960×480解像度、222umピクセルピッチ、LTPS TFTドライブを装備する世界初のスモールピクセルピッチのマイクロLEDディスプレーである。

最大透明度60%の第1世代バージョンに基づくTianmaの第2世代の透明ディスプレーは、最適化されたピクセル設計および精密なTFT積層処理を通じて、より高い透明度、より大きなサイズ、より優れた均一性を達成している。最も一般的なアプリケーションは、自動車の窓やフロントガラスに付けるディスプレーである。

▽7.56インチのフレキシブルなマイクロLEDディスプレー
5mmの湾曲率を誇る世界初のマイクロLEDディスプレーは、世界で最も厳格な技術仕様に準拠する。これはPI基板とフレキシブルな封止モードを採用し、凹凸の屈曲が可能である。720×480の解像度、114のPPI、LTPS TFTドライブによって、これは自動車用のディプレーなどのアプリケーションに豊富なカラーをもたらす。

▽11.6インチのリジッドなマイクロLEDディスプレー
世界初の高解像中型マイクロLEDディスプレーは、サイズが最大10インチ、PPIは最大200で、高級自動車ディスプレーコンソールや計器の要件を満たす。2470×960の解像度、228のPPI、LTPS TFTドライブによって、このディスプレーは乗用車をはじめとする車両で多数のアプリケーションがある。

▽Tianmaは新しい市場需要に対応して、絶えず新しい技術的ブレークスルーを追求する
5G時代における新しいアプリケーションの登場を受け、ディスプレー製品の向上は業界全体で必然的な流れになった。新しくて比較的最近の世代であるフレキシブルなディスプレー技術であるマイクロLEDは、輝度、解像度、コントラスト比、エネルギー消費、耐用年数、熱安定性の面で、LCDやOLEDに対して大きな優位性がある。この技術の優れた機能は、将来のことを考慮すると、ディスプレー分野におけるさらなる可能性に道を開く。革新的なテクノロジーメーカーであるTianmaは、常に新しい市場需要に対応し、絶えず技術的ブレークスルーを追求し、ディスプレー業界の発展に貢献している。

▽Tianmaについて
Tianma Microelectronics Co., Ltd.(Tianma)は1983年に創業し、1995年に深セン証券取引所(000050.SZ)に上場した。同社は、カスタマイズされたディスプレーソリューションと迅速なサービスサポートの全てを提供することに専念する革新的なテクノロジー企業である。Tianmaは、スマートフォン、タブレット、高級ラップトップデバイスを含むスマートモバイルターミナル向けのディスプレーに加え、自動車、医療、POS、HMI、その他の業界アプリケーション向けに最適化された専門ディスプレーの提供に重点を置いている。同社は、スマートホーム、スマートウエアラブル、センサーなどの新興市場向けのIoTおよび新規のアプリケーション開発を継続し、より良い製品体験を顧客に提供していく。

ソース:Tianma

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=411411
(画像説明:Tianma)

Tianma
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ