プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

JA三井リース株式会社

私募リート組成に向けた取組みの開始について

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112205243-O1-C4yyy9au】  【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112205243-O3-tc7UG698】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112205243-O2-TdokiW7G】  

2021 年 12月 20日
農林中央金庫
JA三井リース株式会社
JA三井リース建物株式会社

私募リート組成に向けた取組みの開始について

農林中央金庫(代表理事理事長︓奥和登、以下「農林中金」)、JA三井リース株式会社(代表取締役 社長執行役員:新分敬人、以下「JAML」)およびJA三井リース建物株式会社(代表取締役社長:工藤真樹、以下「JAMLT」)の三者は、2022年9月までの私募リート(※)運用開始に向けて、体制整備や業務に必要となる許認可取得の手続きを開始しましたので、お知らせいたします。

農林中金およびJAMLは、共同で設立する不動産アセットマネジメント会社「(仮称)農中JAML投資顧問株式会社」を通じ、新設する私募リート「(仮称)農中・JAMLリート投資法人」の運用を行います。農林中金はメインスポンサー、JAMLおよびJAMLTは共同スポンサーの立場で、各者の有する不動産投資・開発の実績やノウハウを活用し、上記私募リートの安定的な成長を一体となって支えてまいります。

今回新規組成する私募リートは、オフィス、商業施設、住宅、物流施設を中核に、幅広い不動産を投資対象とする総合型の私募リートです。当初の資産規模は約150億円で、運用開始5年以内を目途に1,000億円規模、中長期では5,000億円規模への拡大を目指します。

今般の私募リート新規組成・運用を通じて、安定的な事業基盤を構築し、農林水産業はじめ社会の持続的な発展に貢献してまいります。

(※)私募リートとは、非上場のオープンエンド型不動産投資法人を指します。運用期間の定めがなく、証券取引所への上場も行わないことから、不動産の長期安定運用に適した形態と考えています。

以上

【本取組のストラクチャー】
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112205243-O4-CG4LhuCX

【本件に関するお問い合わせ先】
農林中央金庫 企画管理部 広報財務 IR 班(宮澤、後藤) TEL︓03-5222-2017
JA三井リース株式会社 広報IR室(松村、上重) TEL:03-6775-3002
JA三井リース建物株式会社 管理部 TEL︓03-6775-3076

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ