プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

TCL Electronics

TCLがラスベガスのCES 2022に戻ってくる

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112205245-O1-o5t04p32

AsiaNet 93765 (3248)

【香港2021年12月17日PR Newswire=共同通信JBN】
*TCLはインタラクティブなブースを開設し、同社のAI x IoTライフスタイル、Mini LEDディスプレー技術、オーディオビジュアルプロセッサー、AR、そしてマルチカテゴリーの製品がもたらす興奮を提供する

大手家電ブランドのTCLがCES 2022に対面式で戻ってくる。2021年に全てがバーチャルで行われた後に開催されるこの家電産業の集まりで、TCLは1600平方メートル超(1万7000平方フィート超)におよぶインタラクティブ・ブースを開設し、最新のディスプレー技術、オーディオビジュアルエンジン、テレビ、モニター、モバイルデバイス、AIグラス、家電製品を展示する。

TCL ElectronicsのJuan Du会長は「素晴らしいインタラクティブのTCLブースと共にCES 2022に戻ってきたことをうれしく思い、同時にこのダイナミックな業界の一員であることを誇りに思う。今年、当社は#InspireGreatnessのテーマを開始し、世界をリードする有数の家電ブランドとして、当社の製品とサービスで人々の生活、仕事、遊びをより良くする支援を継続する」と述べた。

対面式で行うTCLの展示会では同社の次世代技術、最新の製品が現地のライブデモで披露され、ビジターはディスプレー、サウンドバー、モバイルデバイス、ARグラス、スマート家電一式、新しいテレビの各種試作品の美しさ、最上の性能と機能性を体験できる。TCLのイノベーションを支えるテクノロジーをじかに体験できる機会と共に、同社は新たなレベルの画像品質を実現するディープラーニングAIも紹介する。

2022年1月5-8日に、ラスベガス・コンベンションセンター(Las Vegas Convention Center)の中央ホールにある同社ブース#17017に訪問を。TCLは世界向けと北米向けの記者発表をそれぞれ2022年1月4日に開催する。より詳細なライブストリーム情報は(https://www.tcl.com/ces-2022 )を参照。

CES 2022期間中の最新アップデートについては、TCLソーシャルメディアチャンネルで#TCLInspireGreatness #TCL_MiniLED #CES2022のフォローを。

Twitter:@TCL_TV_Global & @TCL_USA
Facebook:@TCLElectronicsGlobal & @TCLUSA
Instagram:@tclelectronics & @TCL_USA
YouTube:@TCL Electronics & @TCL USA

▽TCLについて
TCLは急成長中の家電企業であり、世界のTV(テレビ)産業の主要プレーヤーである。1981年創業の同社は現在、世界の160を超える市場で事業展開している。TCLは、テレビ、オーディオ、スマート家電などの家電製品の研究、開発、製造を専門としている。

ソース:TCL Electronics

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=411346
(画像説明:TCL Electronics)

TCL Electronics
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ