プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Yiling Pharmaceutical

中医学によるアンチエイジング研究進む

AsiaNet 93759 (3245)

【石家荘(中国)2021年12月17日PR Newswire=共同通信JBN】「気随伴説から導かれたBazi Bushen Capsules(八子補腎カプセル)のアンチエイジング研究(Study on Anti-aging with Bazi Bushen Capsules Guided by Qi Collateral Theory)」に関する専門家の見解が12月15日、河北省石家荘で発表された。

見解によると、このプロジェクトの予備研究は、初めて気随伴説に基づき精・気・神の理論を生み出し、アンチエイジング研究の新しい考え方が形づくられた。Yiling Pharmaceuticalが研究開発した特許漢方薬「Bazi Bushen Capsules」は、中医学(TCM)のアンチエイジング効果を代表する中国特許薬となることが期待されている。

見解で指摘されているように、老化は身体機能の低下を意味するだけでなく、多系統の老年病をもたらす重要な病原因子の1つでもある。老化のメカニズムと従来から知られている病気の危険因子が相互に影響し合い、老年病の発症・進行の病理学的・生理学的プロセスに共同で関与し、人々の健康と生命を著しく脅かす。

精・気・神理論を基礎とする本研究は、2000年以上にわたる優れた中医学の投薬実践から得られたものである。Bazi Bushen Capsulesは、精を正常な状態にして気を高め、気を補充して神を高め、体と精神に栄養を与えることで、全体として老化を防ぐことができる。予備試験と臨床研究によって証明されているように、Bazi Bushen Capsulesは全体的な老化、全身の老化、老化関連疾患の予防と治療に優れているのが特徴である。

見解に示されているように、次の段階として、学際的研究を行うための文献、基礎、臨床研究から中医学に焦点を当てる研究計画が提案されている。気随伴説に基づく精・気・神理論と抗老化メカニズムの科学的意味合いを全体、体系、器官、細胞などのレベルから解釈し、老年病発症における老化メカニズムと危険因子の相互作用の役割を明らかにしようとするものである。さらに、若年性認知症の予防と治療、若年性認知症が引き起こす疾患への介入のための新たな戦略を提案し、老年病の予防と治療のための新たな理論とアイデアを提供し、生活の質の高い長寿を促す上で大きな科学的価値と戦略的意義を持つものになるはずである。

ソース:Yiling Pharmaceutical

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ