プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

The Alliance of International Science Organizations

GSF:グローバルな科学技術協力は依然メインストリーム

AsiaNet 93638 (3187)

【広州(中国)2021年12月13日新華社=共同通信JBN】「Exploring the Future, Sharing Scientific Achievement(未来を探究し、科学的成果を共有する)」をテーマとするGreater Bay Science Forum 2021 (GSF、グレーターベイ科学フォーラム)は12月13日、中国の広州で閉幕した。この3日間のイベントで得られた強力なメッセージは、反グローバル化のトレンドにもかかわらず、グローバルな科学技術協力は依然としてメインストリーム(主流)であるということである。

Alliance of International Science Organizations(ANSO)によって開始されたこのフォーラムには、世界中から100人を超える学者や専門家が参集し、ライフサイエンス、ナノサイエンス、ネットワークコミュニケーション、持続可能な開発、海洋科学、インテリジェント産業ソフトウエアなどの科学のフロンティア(最先端)について詳細な意見交換を行った。 その結果、イノベーションの共有と世界の科学的事業の発展を促進し、人類により良い利益をもたらすことでフォーラム参加者の意見の一致をみた。

コロンビア大学Mailman School of Public Healthの教授で環境保健科学部長のAndrea Baccarelli氏は、ビデオを通じたフォーラムへの祝辞の中で、「これはこのイベントにとって真の瞬間だ。私は、特に今日のような時代において、GSFとその使命に非常に感銘を受けた。科学のコミュニケーションを重視することは基本的なことである」と述べた。同氏はまた、広東・香港・マカオ大湾区(Guangdong-Hong Kong-Macao Greater Bay Area)の科学者や同僚と協力する意向を表明した。

スクリップス海洋研究所(Scripps Institution of Oceanography)の海洋物理学者で、2021年アメリカ気象学会スヴェルドラップ金メダル受賞者(Sverdrup Gold Medal Winner of American Meteorological Society)であるSarah Gille氏は、次のように述べた。
「これ(GSF)は科学におけるエキサイティングな瞬間だ。われわれは、環境への配慮や気候変動への対処など、科学の専門知識のあらゆる分野を活用することになる大きな課題に直面している。これらの課題はまた、われわれが新しい科学を実行し、この分野に新しい科学者たちを訓練、育成し、大きな社会的問題に対処するための研究を形成することを可能にする機会をも示している」

香港特別行政区の林鄭月娥(Carrie Lam)行政長官は、ビデオ演説で、広東省と香港は科学技術革新を含むさまざまな分野で緊密に協力していると表明した。香港は引き続き広東省と緊密に協力して、大湾区の建設を共同で推進していく意向だ。

マカオ特別行政区の賀一誠(Ho Iat Seng)行政長官は、ビデオ演説で、マカオは大湾区の他の都市のイノベーションリソースとさらに協力して、産業技術革新を強化すると述べた。

広東省の馬興瑞(Ma Xingrui)省長はフォーラムで講演し、広東省はイノベーション主導の開発戦略を徹底的に実施しており、広東・香港・マカオ大湾区の建設により主導される科学技術革新の強力な省建設を加速していると述べた。同氏は、GSFは、科学交流と議論、科学的成果の実証、科学的コンセンサスとイノベーションメカニズムの促進などの機能を統合するグローバルな科学者のための壮大なイベントであり、国家間の科学交流と相互学習を促進するために極めて重要であると考えている。

中国工程院の学者で、著名な呼吸器疾患の専門家である鍾南山(Zhong Nanshan)氏は、エピデミックと戦うためには、国内外の協力と共同の努力が必要であると述べた。 「1つの場所がエピデミックに対処できなければ、全世界がそれに対処することはできない。すべての国が安全になるまでは、どの国も安全ではない」

中国科学院の学者で、ANSOの会長である白春礼(Bai Chunli)氏は、Allianceは生計と科学技術の課題に対処するためにグローバルなイノベーションパートナーと協力し、COVID-19に対する共同の闘いなどのグローバルな科学トピックに関する多くの共同研究プログラムを継続していると語った。

同氏は、GSFがグローバルな科学技術革新ガバナンスのための大湾区ソリューションを提供する上で極めて重要な役割を果たすと期待されていると述べた。

ソース:The Alliance of International Science Organizations

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ