プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Dataiku

DataikuがAIガバナンスのための単一のコントロールセンターとMLOpsのための新しいツールを発表

AsiaNet 93356

【ニューヨーク2021年12月1日PR Newswire】
*すべてのステークホルダー向けに設計されたDataiku 10が、ITオペレーションや各領域のエキスパート、データサイエンティストやリスクマネジャーまであらゆる人々をサポート

Everyday AI向けのプラットフォームDataiku(https://www.dataiku.com/ )は1日、同社の統合AIプラットフォーム(https://www.dataiku.com/product/ )の一部として、組織が1つの集中コントロールタワーの下でアナリティクスとAIイニシアチブを拡張できるようにする新しいAIガバナンスと監視について発表しました。Dataiku 10には、ITオペレーターやデータサイエンティストが、開発中または本番稼動中のモデルを自動的に評価、監視、比較するためのツール群が組み込まれています。さらにDataiku 10には、パッケージ化された業種向けソリューション、ビジネスユーザー向けの専用ワークスペース、さらに探索的データ分析、地理空間アナリティクス、コンピュータービジョンのためのアクセラレーターが追加され、組織はより迅速に価値を実現できます。新たに利用可能になったDataikuの業種向けソリューションには、Market Basket Analysis(マーケットバスケット分析)、Product Recommendations(製品レコメンデーション)、Plant Electricity and CO2 Emission Forecasting(工場の電力・CO2排出量予測)、Real Estate Pricing(不動産価格設定)などがあり、さらに複数を今後の展開のために開発中です。

AIは、今日のような大量のデータや機械学習(ML)の民主化を管理するようには設計されていなかったため、AIの急速な普及に伴って、AIガバナンスはあらゆる業種で大きな課題となっています。最高マーケティング責任者(CMO)から最高財務責任者(CFO)まで、そしてあらゆる組織において、データはすべての部門の従業員が成果につながるビジネス上の意思決定を行えるようにするために不可欠です。しかし、最新のデータガバナンス戦略(https://pages.dataiku.com/ai-governance-capgemini )を持たなければ、今日の組織は不必要なリスクにさらされることになります。

IDC社のAIおよびオートメーションリサーチ担当グループバイスプレジデントであるRitu Jyoti氏は「AIガバナンスプランのリスクと価値を評価する新しい機能により、ITリーダー、プロダクトマネジャー、オペレーションなどが結集した複数部門にまたがるプロジェクトを、企業は評価・管理することができます。これらの部門はこれまでサイロ化して仕事をしてきましたが、このサイロ化の解消はデータ活用には必要不可欠です。すべての業界でAIやMLの利用が拡大しており、もはやデータサイエンティストやITマネジャーといった人々だけではなく、CxOレベルの経営陣などがアクセスして理解できることが必要です。これを実現する唯一の方法は、すべてのプロジェクトのための一貫したフレームワークとアプローチを作り、MLOpsを管理する方法を1つのシンプルな言語で表現し、どの部門でもこれを採用することです」と述べた。

Dataikuの最高技術責任者(CTO)兼共同創業者であるClément Stenac氏は「当社は、AIを拡大するためには、組織はデータサイエンスの専門家ではない人々の参加も促して多くの人を呼び込み、プロジェクトの成功を確実のものにする必要があると常に考えています。Dataiku 10はその実現をご支援します。この最新バージョンは、ガバナンス、MLOps、業界ソリューションに焦点を当てており、ITオペレーター、リスクマネジャー、プロジェクトマネジャー、各領域のエキスパートなど、AIに関連する各役割の関与を高めます」と述べた。

この発表は、Everyday AIプラットフォームの最も重要なアップデートであり、以下の3つのコア機能とテーマに焦点を当てています。

1. MLOps-アナリティクスやAIイニシアチブを監視しながら安全に拡張
Dataiku 10では、ITオペレーターやデータサイエンティストが、開発中、本番稼働中を問わず、機械学習モデルの評価、監視、比較を行うためのツール群であるMLOpsスィートを強化しました。自動ドリフト分析と強化されたwhat-ifシミュレーションにより、チームは稼働中のモデルの動作とパフォーマンスの可視性を高めることができます。

2. ガバナンスと監視
DataikuにおけるAIガバナンスでは、Dataiku内に監視塔を設け、これによりAIプログラムやプロジェクトのリーダー、リスクマネジャー、主要な関係者が、プロジェクトやモデルを体系的に管理し、AIポートフォリオ全体の進捗を監視できます。顧客は、Dataiku内でネイティブに開発されたものか、MLflowなどのツールを使って外部で開発されたものかに関わらず、すべてのモデルを中央のモデルレジストリーで確認することができます。プロジェクトのワークフロー、承認、プロジェクトの認定のための構造化されたフレームワークにより、企業は優れたAI監視を実現できます。

3. ビジネスソリューションとアクセラレーターで価値実現を加速
多様な業種のさまざまなユースケースのために開発済みのプロジェクトから、顧客はそれぞれの目的に適したものを採用、活用でき、組織は価値実現のスピードを加速できます。これらの高度なツールには例えば、新規の地理空間アナリティクス、ネイティブディープラーニングのための機能、データ探索のアシスト機能、視覚的かつインタラクティブなインサイトのために強化された機能などが含まれます。

 
追加リソース
* Dataiku 10の利用はこちらより開始できます(https://www.dataiku.com/product/get-started/ )。オンラインのトライアルあるいは無料版のダウンロードが可能です。また、Lite、Team、Enterpriseの各エディションの機能を比較できます。
* 12月2日、9日、16日にDataiku Product Daysを開催します。こちらより参加登録をいただけます(https://events.dataiku.com/product-days-december-2021?promo=PR&tr=true )。DeloitteやSnowflakeなどの企業がどのようにDataikuを使い組織全体でEveryday AIを実現しているかご覧ください。

▽Dataikuについて
Dataiku(https://www.dataiku.com/)は、Everyday AI向けプラットフォームです。Dataikuを利用することで、企業はAIと分析アプリケーションの設計、展開、ガバナンスおよび管理のためにひとつの中心となるソリューションを活用できます。2013年の創業以来、データの民主化と、企業全体でのコラボレーションの推進をリードしています。現在、世界中で450を超える企業がデータとAIの活用の統合と合理化にDataikuを利用し、不正検知から顧客の離反防止、予知保全、サプライチェーン最適化まで、多様なユースケースを推進しています。現在、世界中で450を超える企業がデータとAIの活用の統合と合理化にDataikuを利用し、不正検知から顧客の離反防止、予知保全、サプライチェーン最適化まで、多様なユースケースを推進しています。当社のブログ(https://blog.dataiku.com/ )、Twitter(@dataiku(https://twitter.com/dataiku )、LinkedIn(https://www.linkedin.com/company/dataiku/ )で情報をお届けしています。

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ