プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社indi

くつろいで聴くクラシックで、上質なひとときを。『Chill Classic Concert -2021 Winter-』開催

新進気鋭の演奏家約30名が、ヒット曲やアニメ・ゲーム曲を生演奏。本日12/1(水)チケット販売開始。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112014161-O1-N5tJ223i

株式会社indi(本社:東京都目黒区、代表取締役社長: 金 永振)は、2021年12月、従来のクラシックコンサートを若い世代まで気軽に楽しめるようにアップデートした、新たなクラシックコンサート『Chill Classic Concert(チルクラシックコンサート)』を立ち上げます。

文化庁補助対象事業として、若者を中心とした新たなクラシックコンサート文化の誕生や発展に寄与することを目的としており、本公演はその第一弾として、2021年12月26日(日)にベルサール半蔵門にて行われます。

クリスマス翌日。厳しい時間が長かった2021年、最後の週末。新進気鋭の演奏家約30名によって奏でられる、本公演でしか聴けないヒット曲のクラシックアレンジを、リラックスした体勢で楽しむことで、1年の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

『Chill Classic Concert』公式サイト:https://indi.co.jp/chill_classic
チケット販売サイト:https://l-tike.com/chill_classic_concert/

◆『Chill Classic Concert』とは
「くつろいで聴くクラシックで、上質なひとときを。」
クラシックコンサートの壮大さや非日常感。豪華な会場で奏でられる優雅な音色は、人の心をリラックスさせます。一方で、特に若い世代にとっては、堅苦しく、ときに退屈なものというイメージも定着してしまっています。
近年は、サウナやキャンプが流行するなど、20〜30代を中心に「ととのう」「チルする」ことへの関心が高まっており、「非日常で味わう、上質なリラックス体験」に価値が置かれはじめています。
そこで「非日常で味わう、上質なリラックス」という、同じ価値をもつ「クラシックコンサート」と「チル」を掛け合わせることで誕生したのが、若い世代まで気軽に楽しめる、アップデートされたクラシックコンサート『Chill Classic Concert』です。

◆聴きながら、自然と眠りに落ちてしまう?「聴き方」に着目した、新提案のクラシックコンサート
本公演では、リラックスした状態で演奏を楽しめるよう、前後左右の座席と一定の距離を保った状態で、一人ひとりの空間を確保。
リクライニングチェアを中心に、くつろぐことを想定したアイテムを座席として提供しており、演奏を聴きながら今にも寝落ちしてしまいそうなリラックス体験を味わうことができます。
また、全席自由席となっており、数量限定ではございますが、ビーズクッションやハンモックなど多様なリラックスした聴き方も、お楽しみいただけるよう準備を進めております。
※座席イメージ(一例)
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112014161-O2-Q2muNznZ

◆ヒット曲やアニメ・ゲームのテーマ曲を本公演だけの特別なアレンジで
本公演では、最新のヒット曲からドラマ主題歌まで、誰もが知っているような人気アイドルやアーティストの楽曲を特別に編曲。
加えて、人気アニメやゲームのテーマソングも多数演奏するほか、もちろんクラシックの名曲も演奏予定。
クラシックファンの方からクラシック初心者の方まで、特別な知識がなくても楽しめる楽曲構成になっています。本公演でしか体感できない特別なプログラムを、ぜひお楽しみください。
演奏される楽曲は一部追加を予定しており、公式SNSにて公開してまいります。また、公式SNSでは、リハーサルや制作の様子も、随時発信を行う予定でございます。
公式Twitter:https://twitter.com/chill_classic
公式Instagram:https://www.instagram.com/chill.classic.concert/

◆コンセプトに賛同した、本公演だけの特別なオーケストラで
本公演では、新日本フィルハーモニー交響楽団首席第二ヴァイオリニストのビルマン 聡平氏、『ジブリ・ザ・クラシックス』など多数の編曲を手がけるピアニストの中山 博之氏を中心に、クラリネットには中舘 壮志氏を迎えるなど、コンセプトに賛同した新進気鋭の演奏家約30名が、本公演のために特別に集結しました。

<ヴァイオリン/企画協力 ビルマン 聡平よりコメント>

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112014161-O3-fS7l952Y

正直、「チル」という言葉には、これまであまり馴染みがなかったのですが、「ハンモックなどに揺られながら、オーケストラの演奏を聴けたら面白いんじゃないか」という企画を聞いたとき、これまでの自分たちには全くなかった発想で、是非やってみたいと感じました。
クリスマスやお正月という、家族や恋人、友人などと過ごす時間が増える時期に、近しい人とゆったりクラシックの演奏を聴く。そんな素敵な時間の過ごし方は、普段オーケストラの演奏を聴かない方々にとっても、試しにクラシックに触れる、とても良い機会になると思っています。
コロナ禍で、自宅で配信を通して演奏を聴いていただけるような機会もありましたが、気軽に聴いていただくことが可能になった反面、生演奏の良さを伝えられないもどかしさも一方で感じていました。
この『Chill Classic Concert』は、友人同士でしゃべったり、くつろいだり、配信によって生まれた新たな楽しみ方と、クラシックが本来もっている生演奏の良さ、両方を堪能できる、画期的なコンサートだと思っています。
今回、非常にレベルの高い奏者が、皆「是非参加したい」「面白そう」と手を挙げてくれました。
今後も続けていきたい公演の第一弾、皆様のご来場をお待ちしております。

<ピアノ・編曲/企画協力 中山 博之よりコメント>

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112014161-O4-vbi8961N

今回、クラシカルな編成で流行りのポップスやゲーム音楽を演奏できるということで、普段クラシックの演奏を聴かないような方にも興味を持ってもらえる良い機会だと思っています。
また、ポップスの新たな魅力や可能性を引き出すこともできる、そんなチャレンジの場でもあると思っているので、とてもワクワクしています。
元々歌詞がある楽曲を楽器だけで演奏するので、色々な楽器が揃って奏でられるメロディに是非注目してもらえたらと思いますし、知っている曲だからこそ、楽な気持ちで聴いてもらえたら嬉しいです。
そして、なぜクラシック音楽が長い間愛され続けてきたのか、その魅力を感じ取ってもらえる場になればと思っています。
新たにクラシック音楽に触れる入り口として、皆様と一緒に音の響きや感動を共有できるのを楽しみにしています。

◆公演概要
公演タイトル:『Chill Classic Concert -2021 Winter-』
公演日:2021年12月26日(日) 15:00開演/19:00開演
会場:ベルサール半蔵門(東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」直結)
主催/企画・プロデュース:株式会社indi
文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業
『Chill Classic Concert』公式サイト: https://indi.co.jp/chill_classic
©︎「Chill Classic Concert」2021

◆プログラム
『Butter』
『カイト』
『HANABI』
『マリーゴールド』
『See You Again』
『Thinking Out Loud』
『Prelude〜メインテーマ 』 / 『 ザナルカンドにて』
『アシタカせっ記』
『弦楽セレナーデ 第1楽章』
ほか
※楽曲については、一部後日追加発表となります。

◆出演
・ビルマン 聡平(ヴァイオリン・企画協力)
・中山 博之(ピアノ・編曲・企画協力)
・田村 安紗美(ヴァイオリン)
・玉井 元(ヴァイオリン)
・早淵 綾香(ヴァイオリン)
・古日山 倫世(ヴァイオリン)
・今高 友香(ヴァイオリン)
・榎戸 崇浩(ヴィオラ)
・濵本 実加(ヴィオラ)
・植木 昭雄(チェロ)
・飯島 哲蔵(チェロ)
・菅沼 希望(コントラバス)
・齋藤 志野(フルート)
・上原 朋子(オーボエ)
・中舘 壮志(クラリネット)
・坂東 裕香(ホルン)
・岡田 彩愛(ホルン)
・東野 匡訓(トランペット)
・伊藤 雄太(トロンボーン)
・鈴木 崇弘(トロンボーン)
・嶋崎 雄斗(ドラム・打楽器)
・池城 菜香(ハープ)
ほか
※出演者については、一部後日追加発表となります。

◆チケット情報
2021年12月1日(水)12:00より、ローチケにて販売開始。
チケット販売サイト:https://l-tike.com/chill_classic_concert/
リラックスゾーン(1人席):¥6,800
ペアリラックスゾーン(2人席):¥12,000

※全席自由席となります。
※未就学児の方のはご入場できません。
※リラックスシートは1人席(1名分の料金)、ペアリラックスシートは2人席(2名分の料金)となります。
※リラックスシート/ペアリラックスシートいずれも、「くつろいで聴く」ことができるよう、座席間の距離を一定保った上で、リクライニングチェアやクッションを座席としてご用意いたします。ゾーン内で座席が異なる場合がございますので、ご了承ください。

◆注意事項
※本公演は政府・自治体及び関係団体のガイドラインに基づき、対策案を実施することで拡大防止に努めてまいります。
※チケットご購入の際には、ご自身の体調や環境をふまえご判断くださいますようお願いいたします。公演中止など、主催者がやむを得ないと判断する場合以外の払い戻しはいたしません。

◆会社情報
【株式会社indi】
コンテンツ・インキュベーションをテーマに、コンテンツビジネスの戦略企画を行うベンチャー。クリエイティブとビジネスを両輪とする戦略で、様々なプロジェクトを企画・プロデュースする。
・会社名 株式会社indi
・事業内容:心を動かす「人・モノ・コト」全てのコンテンツ・インキュベーション事業
・設立日:2018年11月1日
・所在地:東京都目黒区目黒2-9-5ブラッサム目黒2階
・代表取締役社長:金 永振
・会社公式サイト:https://indi.co.jp
・会社公式Twitter:https://twitter.com/indi_corporate

チルクラシック_KV_小
座席イメージ画像
ビルマン 聡平
中山博之
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ