プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Baicells Technologies

Babilon-Mobileがタジキスタンでの完全モバイルネットワーク構築でBaicellsを4Gと5Gの主要基地局プロバイダーに選択

AsiaNet 93338 (3023)

【プレイノ(米テキサス州)2021年11月30日PR Newswire=共同通信JBN】LTEおよび5G無線接続ソリューションで世界をリードするメーカーのBaicellsは、タジキスタン有数のモバイル通信事業者であるBabilon-Mobile(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3372708-1&h=887573891&u=http%3A%2F%2Fwww.babilon-m.tj%2F&a=Babilon-Mobile )との契約に署名した。同契約により、Baicellsはドゥシャンベ、ホジェンドなどの都市に向けた数百の4Gおよび5Gの基地局をBabilon-Mobileに提供する。Babilon-Mobileは今後3カ月間で数百の基地局を展開する予定である。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1609895/Baicells_Technologies_Logo.jpg

タジキスタンのモバイル市場では、モバイルブロードバンドへの移行が加速している。Babilon-Mobileの今回のモバイル展開により、タジキスタンのより多くの地域社会が4G接続にアクセスできるようになり、将来的に5Gを実現する無線インフラの開発を継続するための扉を開く。

Babilon-Mobileがこの展開に向けてBaicellsの革新的な製品を選択したのは、破壊的な価格、大規模なサポートチーム、5G移行に関する能力がその理由である。Baicellsは従来のソリューションに比べて総所有コストを最大で40-50%引き下げる、世界で最もコスト効率に優れた幾つかの基地局を誇り、Babilon-Mobileの投資利益率を向上できる。BaicellsはBabilon-Mobileのネットワーク展開をサポートするために大規模なチームを投入し、展開に向けた設置のペースを加速する。Baicellsが提供する基地局は、Babilon-Mobileが近い将来にネットワークを5Gにアップグレードするための機能を完全に備えており、これにより同社の投資を保護する。

Baicells International BusinessのBai Weiゼネラルマネジャーは「当社は、近い将来における4Gネットワーク全体と5Gの構築でBabilon-Mobileに選ばれたことを大変喜ぶとともに光栄に思っている。Baicellsの革新的ソリューションは、当社の大切な顧客やパートナーがタジキスタンを代表するようなネットワークを構築するための支援ができると信じている」と述べた。

Babilon-MobileのFirdays F.ディレクターは「われわれは、Baicellsが持続可能で長期的サポート構造を備えた高品質のLTEネットワーク構築に貢献してくれると信じている」とコメントした。

▽Baicellsについて
Baicellsは革新的な技術を使った4G LTEと5G NRアクセスソリューションを破壊的な価格で提供し、50カ国以上を結び付ける国際的企業である。

▽Babilon-Mobileについて
Babilon-Mobileは2003年1月1日からタジキスタンのモバイル通信事業者として業務を展開しており、現代的なサービス一式を契約者に提供している。

▽問い合わせ先
Max Hahn
max.hahn@na.baicells.com

ソース:Baicells Technologies

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ