プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

くら寿司株式会社

「くら寿司ベースボールフェス」11月23日(火)開催! 上原浩治さんが子どもたちに熱血指導!

「くら寿司スタジアム堺」オープン1周年記念イベント

 回転寿司チェーン「くら寿司」を運営するくら寿司株式会社(代表取締役社長:田中邦彦、所在地:大阪府堺市)は、スポーツ支援活動の一環として、野球を頑張る子どもたちの夢と未来を応援するため、元メジャーリーガーで大阪府出身の上原浩治さんをお招きした野球イベント「くら寿司ベースボールフェス」を11月23日(火)に開催しました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111243849-O5-5Ct4qqQE

 当イベントは、当社がネーミングライツを保有する「くら寿司スタジアム堺」のオープン1周年を記念し、子どもたちの心と体の健全な発育や、球場の利活用を通じたスポーツによる地域活性化につなげたいという思いのもと開催しました。
 
 球場のオープン1周年を記念したセレモニーでは、特別ゲストの上原さんにもご参加頂き、「皆さんには、野球人としても、社会人としても世界に羽ばたいていってほしいです」と会場に集まった子どもたちにエールを送って頂きました。
 
 そして、メインイベントである、大阪府堺市の少年軟式野球チームに所属する小学生を対象とした野球教室では、メジャーリーグなど野球界の第一線で活躍した上原さんが講師を務め、参加した約120人の子どもたち1人1人に声をかけ、熱のこもったピッチング指導をして頂きました。
 
 また、ピッチャーの上原さんと子どもたちの代表がバッターとして直接対決する「Dreamマッチ」では、上原さんが本気のピッチングを披露。子どもたちも負けじと球を打ち返していました。そして、上原さんに直接質問ができるトークセッションでは、子どもたちから「どうしたら速い球を投げられるようになりますか」といった質問が飛び出すと、上原さんは「しっかりとした身体づくりが大事なので、今からトレーニングを頑張ってほしいです」と答え、真剣に耳を傾ける子どもたちに、「今回の経験を将来にも生かしていってください」と期待を寄せました。

 このほか、野球に親しみを持っていただくことを目的に、野球未経験の子どもたちでも野球の基礎が体験できるアトラクション「ベースボールコンテスト」を実施。子どもたちがティーバッティングや塁間走、ストラックアウトなどに挑戦しました。

 当社では、学童野球大会や小学生サッカー大会、また、女子プロサッカーチーム「INAC神戸レオネッサ」への協賛など、プロアマ問わず、スポーツに励む人々を応援する活動を進めております。健康の源である「食」を扱う企業として、今後も次世代を担う子どもたちの健康な発育に寄与すべく、頑張る子どもたちの夢そして未来を応援していくとともに、一人一人の健康のために、スポーツの発展や活性化に向けて取り組んでまいります。

 
「くら寿司スタジアム堺」オープン1周年記念セレモニー
                                     
■上原浩治さんコメント(一部抜粋)
「今回、1周年記念イベントに参加できましたこと、大変嬉しく思います。皆さんには、野球人としても、社会人としても世界に羽ばたいていってほしいと思います。また、野球教室では、勝ち負けではなく心から野球の楽しさを知ってもらえる指導をしたいです」
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111243849-O2-uriJmd52
 
■くら寿司(株)取締役広報・マーケティング本部長 岡本浩之 挨拶(一部抜粋)
「開催に当たり、堺市の皆様をはじめ、関係者の皆様には厚く感謝申し上げます。堺市に本社を置く当社として、地域の活性化に繋げるだけでなく、“食”と“スポーツ”を通じて、皆様の健康もサポートできればと考えております。今後、この「くら寿司スタジアム堺」で育った子どもたちが、将来世界で活躍する選手になってくれることを期待しています」

 
上原さんによる野球教室「くら寿司Dreamベースボールセッション」の様子

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111243849-O4-xY3cgH44
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111243849-O1-8SNwOjav
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111243849-O3-aOVxq6Bs

 
上原浩治さんプロフィール
大阪府寝屋川市出身。1998年ドラフト1位で読売ジャイアンツに入団し、新人1年目に最多勝、最優秀防御率、最多奪三振、最高勝率の投手主要4部門を制し、史上10人目の投手4冠を達成。新人王と沢村賞を受賞する。2008年、FA宣言でメジャー挑戦を表明し、2009年1月、ボルティモアオリオールズと契約締結。2011年シーズン中にテキサスレンジャーズへ移籍、アメリカンリーグ優勝に貢献する。FAとなった2012 年オフに、ボストンレッドソックスと契約、2013年のシーズン途中からクローザーを任され、地区優勝。アメリカンリーグチャンピオンシリーズではMVPを獲得。その後、ワールドシリーズ制覇に貢献し、日本人初の胴上げ投手となる。読売ジャイアンツに復帰した2018年、日米通算100勝、100セーブ、100ホールドを達成。2019年5月、現役引退を表明した。現役引退後、2020年10月より、NHK「サンデースポーツ」にレギュラー出演。またYoutubeチャンネル「上原浩治の雑談魂」を開設。2021年11月現在、登録者39万人。

 
「くら寿司スタジアム堺」オープン1周年記念「くら寿司ベースボールフェス」概要
 ■日程:    11月23日(火)11時~16時30分
 ■会場:    くら寿司スタジアム堺
 ■主催:    くら寿司(株)
 ■後援:    堺市
 ■協力:    堺軟式野球連盟、堺少年軟式野球協会、堺ベースボールキャンプ、
         ミズノ(株)、ダイワマルエス(株)
 ■プログラム: 第1部 ベースボールコンテスト
                      「くら寿司スタジアム堺」オープン1周年セレモニー
                       第2部 くら寿司Dreamベースボールセッション
                       くら寿司ベースボールフェス大抽選会

 
くら寿司スタジアム堺 概要
くら寿司スタジアム堺は、当社がネーミングライツを取得し、2020年4月にオープンしました。
プロ野球から少年野球まで、地域の皆さまを中心に野球を楽しんでいただいております。
■所在地:大阪府堺市中区平井411
■ネーミングライツ契約期間:2020年4月~2025年3月
■収容人数:5,000人
(内野スタンド 席 3,000人、内外野芝生 2,000人)
■広さ:両翼 100m・中堅 122m、内野黒士・外野天然芝

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111243849-O6-6SrH8lCD

くら寿司 スポーツ支援の取り組み
<小学生スポーツ大会への協賛>
 ■くら寿司・トーナメント 学童軟式野球全国大会 ポップアスリートカップ(2020年~)
 ■くら寿司カップ 学童軟式野球大会(2020年~)
 ■くら寿司カップ 大阪府小学生サッカー選手権大会(2021年~)

<プロスポーツへの協賛(一部抜粋)> 
 ■大相撲での懸賞幕掲出(2020年夏場所)
 ■ISUフィギュアスケートグランプリシリーズ アメリカ大会での看板掲出(2020年10月)
 ■メジャーリーグの試合における看板掲出(2020、21年シーズン)
 ■FIFAワールドカップカタール2022 アジア2次予選 日本対モンゴル戦での看板掲出(2021年3月)
 ■女子プロサッカーチーム「INAC神戸レオネッサ」への協賛(2021年10月~)
 ■ISUフィギュアスケートグランプリシリーズ フランス大会での看板掲出(2021年11月)

集合写真
ベースボールセッション②
上原氏(セレモニー挨拶)
ベースボールセッション③
ベースボールセッション➀
くら寿司スタジアム外観
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ