プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

JFEエンジニアリングとドコモがDXソリューション創出・事業化の共同検討で合意

2021年11月24日
JFEエンジニアリング株式会社
株式会社NTTドコモ

 JFEエンジニアリング株式会社(社長:大下 元、本社:東京都千代田区、以下「JFEエンジニアリング」)と株式会社NTTドコモ(社長:井伊 基之、本社:東京都千代田区、以下「ドコモ」)は、高速通信システムを活用したプラントの建設や操業・メンテナンス(以下「O&M」)の無人化・省人化を実現するDXソリューションの創出を目的に、技術開発から実証、さらには事業化までを包括的に共同検討することに本日合意しました。

 プラントの建設やO&Mの現場では、熟練の作業員の減少に伴う技術伝承への対応や、安定・安全操業の維持が最大の課題となっており、遠隔操作や自動運転システムの構築が進められています。これらをより高度に実現するドローンや自走ロボットなど新技術の活用には、高速無線通信システムが重要な要素となります。

 このため両社は、実物大のプラントにドコモの第5世代移動通信システム(以下「5G」)の通信環境を整備し、プラント建設・O&Mの現場で活躍する新技術の実証を行う「5G Innovation Plant」の開設を決定しました。
 「5G Innovation Plant」はJFEエンジニアリングの横浜本社構内に建設され、2021年度内にオープン予定です。ドローン、自走ロボット、各種センサー・カメラなどのデバイス、高速通信網、アプリケーションなど、稼働中のプラントと同等な条件で様々な実証が行えます。

 また「5G Innovation Plant」は、プラントの建設やO&Mの無人化・省人化に関連する技術やノウハウを持つ他の企業なども検証に取り組める場とし、開発した製品のデモやPRが可能です。さらに、ドコモが提供する「ドコモ5G DXスクエア※1」のプラントDX創出に向けた専門拠点としても活用予定です。

 JFEエンジニアリングがこれまで培ってきた各種プラントへのシステム構築技術および運営ノウハウと、ドコモが有する通信システムのトータルコーディネートノウハウを掛け合わせることで、両社は今後もますます拡大するDXソリューションのニーズに応えてまいります。

※1 地域のDX推進やイノベーション推進を目的として、ドコモの5Gエリアにおいて、「映像・AI」「XR(VR、AR、MRの総称)」「ロボティクス」などの先進技術を活用したソリューションを体験・実験できる拠点。

 

■プラントの遠隔操作・自動運転など無人化・省人化へ向けた取り組み
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111193649-O5-473LCC76

■5G Innovation Plant (実プラント+5G)
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111193649-O8-3ZFNjU6H

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ