プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ハイセンス

ハイセンスが“Too Big To Miss”キャンペーンでFIFAワールドカップまで1年を祝う

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111223758-O1-6xh3p6W6
AsiaNet 93202 (2936)

【青島(中国)2021年11月22日PR Newswire=共同通信JBN】FIFA World Cup 2022(TM)(FIFAワールドカップ2022)をちょうど1年後に控え、カタールが最も権威あるサッカートーナメントを初開催する。

ハイセンス(Hisense)はFIFA World Cup 2018(TM)のスポンサーになって以来、販売と国際的認知度を大きく伸ばした。ハイセンスは2022年に再びFIFA(国際サッカー連盟)と手を組んで技術革新に焦点を当て、世界中のファン向けに最高の在宅観戦体験を生み出す視点から、グローバルサッカーをさらなる高みに引き上げる相互ビジョンを確立する。

https://www.youtube.com/watch?v=YPFEAAf9-ow

▽“Too Big To Miss”キャンペーンがトーナメント体験を強化

ハイセンスは最も権威あるサッカー大会のスポンサーとして、この機会を“Too Big To Miss”と捉えている。なぜファンが見逃せないか、そして、最高の在宅体験を実現するためハイセンスがどのように役立つかを示すソーシャルメディアキャンペーンである。

チームが来年の大会出場資格を得るにつれて世界のファンの期待が高まり始める中、Too Big To MissはFIFA World Cup(TM)との関係構築でハイセンスの公式参入を意味する。

https://www.youtube.com/watch?v=NLEfEz8_1-0

ハイセンスはFIFA World Cup 2022(TM)まで1年のカウントダウンを祝福して、インタラクティブな“1121” ソーシャルメディアキャンペーンを開始する一方、11月21日のマイルストーンを認識して魅力的なディスカウントを実施し、関連アクティビティーに参加するファンに賞品獲得のチャンスを提供する。

▽参加者はプロモションの一環として、大会チケット、高級ハイセンス製品、代表チームのユニフォームを手にするチャンス

ハイセンスTVの画期的体験で自宅にスタジアムを:

*ULED TV U6
ハイセンスULED TV U6は本物のカラー、鮮やかなコントラスト、クリアモーション、独特のディテールで際立ち、スポーツ映像をスムースに表現してエンターテインメント体験を新たな高みに引き上げるSports Modeを搭載

*UHD TV A7
A7 TVはエンターテインメントを息をのむような映画レベルに格上げ。Quantum Dot、HDR10+ ディコーディング、ドルビービジョン、4K技術で強烈なリアルカラーを享受。最終的に、お気に入り全試合のあらゆる瞬間をライトアップ(特定機能は地域で差異)

*Laser TV L9G
巨大な100インチのAmbient Light Rejecting (ALR) Daylight スクリーンが広く明るい空間で信じられないほど鮮明な映像を生成し、Laser TV L9Gと完全にマッチする。スポーツ試合を次のレベルに進める真のリビングルーム用TV

ソース:Hisense

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=408282
(写真説明:“Too Big To Miss”キャンペーン)

“Too Big To Miss”キャンペーン
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ