プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Contemporary Amperex Technology Co., Limited(CATL)

CATLとZFがeモビリティーとエネルギーストレージにおける最適なアフターマーケットサービスで提携

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111223746-O1-cWcqF05E

AsiaNet 93183(2926)

【寧徳(中国)2021年11月19日PR Newswire=共同通信JBN】
*CATLとZFはアフターマーケットサービスでの協力を推進する世界規模の戦略的提携合意に調印
*これは、CATLのグローバリゼーション戦略における重要なステップである。この提携は、eモビリティーにおけるCATLとZF双方の核心競争力を向上させる
*双方は、持続可能な自動車および産業エコシステムの構築でより大きな役割を世界で果たす

Contemporary Amperex Technology Co., Limited(CATL)とZF Groupは11月19日、サービスネットワーク、バッテリー関連トレーシング、コネクティビティー、リパーパスなどを含むアフターマーケットサービスにおける協力を推進する世界規模の戦略的提携合意に調印した。合意によると、ZFとCATLは、知見および経験の相互移転を促進し、持続可能なエコシステムを実現し、これによってすべての人にとって魅力的なモビリティー経験を実現することを目指す。

新エネルギーテクノロジーのグローバルリーダーであるCATLはZFと協力して、世界規模のアフターセールス能力と効率性を強化する。ZFは、CATLの世界規模のアフターマーケットにおける1万以上のワークショップパートナーと、OEM品質の電気自動車向けの拡大する製品によって、CATLのサービスネットワーク拡大における好ましい選択肢とみなされる。

今回の合意では、CATLは包括的なバッテリートレーニングのノウハウをZFに提供し、これはZFのDGUV高電圧トレーニングと組み合わされ、ZFのトレーニングプログラムの競争力とその他のアフターセールスサービスを強化する。双方は、協力して規格を設定し、それを高めて業界の標準にすることでも合意している。

サステイナビリティーに関して共通のビジョンとミッションを掲げるCATLとZFは、データコネクティビティーおよびリパーパスでも協力することで合意している。

CATLのZhou Jia社長は「ZFとの提携は、バッテリーの世界全域におよびバリューチェーンを育成するための重要な一歩である。ZFの世界ネットワークの支援を受けて、われわれは当社の世界規模のアフターマーケットサービスをさらに強化し、顧客中心の新しいエネルギー製品を世界に提供していく。さらにZFと協力することで、われわれはeモビリティーおよびネットゼロエミッションへのグローバルトレンドに貢献することができると確信している」と語った。

ZF Group理事会メンバーのHolger Klein博士は「両企業間のクリエーティブな協力関係の実現は、ビジネスイノベーションを活性化させることができる。われわれは、新エネルギーの世界リーダー同士のアフターマーケット能力を補完し合うことができるのを誇りに思う。CATLと協力して、われわれはZFのアフターマーケット部門のグローバルフットプリントおよび有力なサービスソリューションをさらに活用していく。われわれは自然界を再生し、それを実際に改善する成長を促進していきたい。ZFは、グリーンエネルギーおよびローカーボンの支出によって企業責任を追求し、「ゼロエミッションおよびゼロアクシデント」の将来像の実現にコミットしている」と語った。

▽CATLについて
Contemporary Amperex Technology Co., Limited(CATL)は、新エネルギー技術イノベーションのグローバルリーダーで、世界中の新エネルギー活用向けの最高のソリューションとサービスの提供に取り組んでいる。同社は2018年6月、深セン証券取引所に証券コード300750で上場した。SNE Researchによると、2020年のCATLのEV電池消費量は4年連続で世界第1位だった。CATLは、世界中のOEMパートナーからも広く認められている。最新式の電池と再生可能エネルギーが生み出す高効率電力システムを搭載した固定および移動エネルギーシステムで化石燃料を代替させるという目標を達成し、電化とインテリジェント化で市場アプリケーションの統合イノベーションを促すため、CATLは電池化学システム、構造システム、製造システム、ビジネスモデルの4つの側面から引き続きイノベーションを進めている。

詳細はウェブサイトhttp://www.catl.com を参照。

▽ZFについて
ZFはグローバルなテクノロジー企業であり、次世代型モビリティーを実現するため、乗用車、商用車、産業技術向けのシステムを提供している。ZFは、車両が、見て、考え、行動することを可能にする。車両運動制御、完全安全性、自動運転、電動モビリティーの4つの技術分野で、ZFは既存の自動車メーカーおよび新規の輸送およびモビリティーサービスプロバイダー向けの包括的な製品およびソフトウエアを提供している。ZFは幅広い車両タイプを電動化する。その製品によって、同社は排出の軽減に寄与し、環境を保護し安全なモビリティーを向上させる。

2020会計年度で、ZFは326億ユーロの売上高を報告した。同社は、42カ国の約270の地点で15万人の従業員を雇用している。

ZF Friedrichshafen AGの有力なアフターマーケットおよびフリートソリューションのポートフォリオは、Lemförder、Sachs、TRW、WABCOという同社の強力なブランドに基づいている。幅広い製品およびサービスの提供、デジタルモビリティー管理向けの高度なコネクティビティーソリューション、世界規模のサービスネットワークは、すべての車両タイプの性能と効率をそのライフサイクルを通じてサポートし、強化する。同社のアフターマーケット組織は、次世代のアフターマーケットを目指す設計者であり、先導者でもあり、世界のフリートおよびアフターマーケットの顧客にとっての優先パートナーである。

詳細な情報と写真はウェブサイトwww.zf.com を参照。

ソース:Contemporary Amperex Technology Co., Ltd.

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=408160

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ