プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

国際テニス連盟(International Tennis Federation)

ITFワールドテニスツアーは2022年に1000以上のイベントを予定

AsiaNet 93121(2894)

【ロンドン2021年11月17日PR Newswire=共同通信JBN】
*ITFワールドテニスツアーは2022年第1四半期に204大会開催
*女子と男子に平等の出場機会を提供
*2022年第1四半期のカレンダーは2021年同期比50%増
*2022年はパンデミック以前の水準に比べてより多くの出場機会

国際テニス連盟(International Tennis Federation、ITF)は17日、2022年第1四半期(Q1)のITFワールドテニスツアー(World Tennis Tour)カレンダーを公表し、来年1年間に1000以上のイベント開催を予定している。2022年第1四半期のカレンダーは、男子、女子ともに各102大会、計204大会を開催する。ITF開催国の多くが規制の影響を受けたにもかかわらず、Q1 2021に比べて50%の増加で、Q1 2019比では7%増になる。

Jackie Nesbitt専務理事(ツアー・プレーヤー育成担当)は「ITFワールドテニスツアーは通常、世界で毎年1000大会余りを提供しており、2022年にそれを上回る大会を実施しようとしている。各国協会、大会主催者の反応とコミットメントはワールドテニスツアーの堅ろう性を裏付けており、大会は80カ国で開かれ、6万5000以上のプレー機会が提供され、来年のテニスシーズン中にファンが楽しめる8万以上の試合が予定されている」と話した。

2021年のITFワールドテニスツアーは、COVID-19による困難継続にもかかわらず、763大会になる。世界的な健康状況、経済的影響、海外旅行制限、そして、各イベントで取られた厳格な健康、安全、整合性対策の関係者全員の安全な環境確保の必要性から、大会開催能力は大きく損なわれた。パンデミックのせいで混乱は続くものの、ワールドテニスツアーはCOVID以前の水準に戻り始めており、今年末までに行われる大会数は2019年同期比90%になっている。

ITF会長で国際オリンピック委員会(IOC)委員のDavid Haggerty氏は「各国はテニス復帰に興奮しており、多くのケースでパンデミック以前より多くの活動を計画している。われわれは用心しなければならないが、さらに先を計画し始めることはできる。各国協会は2021年に力を尽くし、困難が大きかったにもかかわらず、ジュニアと新興プロプレーヤーの強力なカレンダーを提供した」とコメントした。

「ワールドテニスツアーとジュニアは、人材育成の大動脈とわれわれのスポーツの未来を形成する。われわれは常に体制の継続的改善に努めており、各国と協力してQ1と通年の女子の賞金6万-10万ドルの大会を増やしていく。ワールドテニスツアーは、どの国の出身であろうと、野心、能力、決意のある有能なアスリートがゲームのトップに立つために重要な役割を果たしている」

ITFワールドテニスツアーは2019年、賞金2430万ドルを提供した。賞金2万5000ドルの大会数は2019年の52から2021年は70に増えた(女子44大会、男子26大会)。

ソース:International Tennis Federation

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ