プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Digital Future Society

デジタルヒューマニズム専門家がデジタルトランスフォーメーションの課題に取り組む1歩を呼び掛け

AsiaNet 93149 (2910)

【バルセロナ(スペイン)2021年11月18日PR Newswire=共同通信JBN】デジタル処理と大きな技術的変化の社会経済的影響に関する世界の専門家らは、この分野での人々の権利の保護と推進を確かなものとするため、単なる善意の発言ではなく、早急な前進と具体的な行動を呼び掛けている。専門家らはDigital Future Society(https://digitalfuturesociety.com/ )とバルセロナ市議会が組織するイベント「Humanism in the digital age: the urban contribution(デジタル時代の人間中心主義:都市の貢献)(https://barcelonadigitalhumanism.digitalfuturesociety.com/en/ )」の開催中にこの呼び掛けをした。イベントには150の組織と40人のトップレベルの国際的な発言者(https://barcelonadigitalhumanism.digitalfuturesociety.com/#speakers )が参加した。イベント中に受けた極めて肯定的な反響は、バルセロナの世界的に重要な技術的人間中心の見方を強化する。

Digital Future SocietyのCristina Colomディレクターは「われわれは、いくつかの重要な差し迫った社会的課題に焦点を当てるために、優先順位の一部を変更する必要がある。これらの課題に取り組む方法、解決策を探す方法、国際協力を促進する方法は、デジタルの未来を決定する」と行動を促して、開会を宣言した。

Colom氏の側では、著述家でオックスフォード大学のInstitute of Ethics in AI(人工知能倫理研究所)の哲学者のCarissa Veliz氏が「われわれの民主主義は危機に瀕している」と述べ、データの保護と管理の権利を強調した。

別のセッションは、デジタルデバイドとの闘いとしてのデータ利用に焦点を当てた。ニューヨーク市最高技術責任者(CTO)であるJohn Paul Farmer氏は「技術はぜいたく品ではなく、必要不可欠なものであり、コネクティビティーは普遍的でなければならない」ため、アクセス、コネクティビティー、インフラストラクチャー、適切な価格を考慮した戦略を選択する。ONTSIのLucía Velascoディレクターは「ユーザーやユーザー体験、アクセスに関係なく、市民にデジタル管理者との相互作用を求める」と強調し、デジタルフラストレーションの高まりを指摘した。

Alliance for Affordable InternetのSonia Jorgeエグゼクティブディレクターは「デジタル社会に女性を含めないことで、世界は10億ドルの機会を逃した」と述べ、ジェンダー格差に注意を向けた。また、Data-Pop AllianceのNuria Oliver氏は、STEM(科学・技術・工学・数学)分野の女性不足について「多様性に欠ける分野はいずれも、可能性を最大限に引き出すことはできず、解決策が十分に包摂的になることは決してない」と語った。

都市での顔認証に関して、European Digital Rights Initiative(欧州デジタル権利イニシアチブ)のアドバイザーであるSarah Chander氏は「われわれは人的リスクについて、誰が影響を受け、どのように、なぜ影響を受けるのかを理解する必要がある」と述べた。同様に、AI法報告者のBrando Benifei氏は、規制が「多くの解釈を持つ」状態が続いているため、欧州議会がこの技術について「明確な立場を宣言する」よう促している。同様に、Human Rights Watchの研究者であるAmos Toh氏は「技術がどのように設計されているか、そしてその限界を市民が理解できるようにする」必要性を指摘した。

AIの規制に対処するために、欧州委員会執行副委員長のスタッフであるWerner Stengg氏は「AIは必ずしも技術革新の敵ではない」と提起した。Open Knowledge FoundationのRenata Avila最高経営責任者(CEO)は、プライバシーは「デフォルトであるべきだが、それだけでは不十分だ。オープンイノベーションのような他の価値が必要だ」と強調した。

このセッションは、Mobile World Capital BarcelonaのCarlos Grau CEOの発言で締めくくられた。同氏は「協力し、すべての主要な関係者間の協力を促進する」ことを約束した。

▽メディア問い合わせ先
Emily Henley
ehenley@tinkle.es
+34 661 267 495

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1691840/Humanism_in_the_digital_age.jpg

ソース:Digital Future Society

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ