プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ケンブリッジ大学英語検定機構

ケンブリッジが高等教育および企業部門向けにAIを活用した英語テスト、Linguaskillを開発

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111193646-O1-c5p7883p

AsiaNet 93140 (2904)
 
【シンガポール2021年11月18日PR Newswire=共同通信JBN】ケンブリッジ大学英語検定機構(Cambridge Assessment English)の大学やその他の組織向けの最先端の英語テストは、専門家によって開発されたオンライン英語テストであり、人工知能機能を使用して、テスト内容が受検者の個々のパフォーマンスに合わせてつくられる。また、ハイテクの自動マーキング機能も含まれる。Linguaskill(https://www.cambridgeenglish.org/exams-and-tests/linguaskill/ )は、受検者の個人およびグループの英語レベルをチェックする迅速で便利なオンライン方式を組織に提供する。同テストは受検者の英語レベルを評価し、継続的に改善し、進歩させるのに役立つ。

ケンブリッジ大学英語検定のLinguaskillは、4つのスキル(リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング)すべてについて、言語能力を説明するための国際標準であるヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)に沿った結果を提供する便利で正確なオンラインテストである。

ケンブリッジの専門家から詳細を知るには、2021年11月26日のシンガポール時間の午後3:30時から午後4:30時(GMT + 8:00)にウェビナーに参加することをお勧めする。

座席数に限りがあり、2021年11月25日までに参加登録するにはここまたはhttps://www.eventbrite.sg/e/ai-powered-english-language-test-for-higher-education-corporate-sector-registration-210939284077 をクリック。

ソース:Cambridge Assessment English

画像添付リンク:
リンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id = 407949
写真説明:ケンブリッジが高等教育および企業部門向けにAIを活用した英語テスト、Linguaskillを開発

ケンブリッジが高等教育および企業部門向けにAIを活用した英語テスト、Linguaskillを開発
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ