プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ElectrifAi

ElectrifAiがSmart Data SummitでSquareOneと共に事前構築済みの機械学習モデルを披露

AsiaNet 93134 (2900)

【ジャージーシティー(米ニュージャージー州)2021年11月18日PR Newswire=共同通信JBN】
*迅速で信頼できる機械学習のビジネスソリューションを提供

実用的な人工知能(AI)と事前構築済みの機械学習(ML)モデルで世界をリードする企業の1社であるElectrifAiは18日、ドバイでのSmart Data SummitでSquareOneと共に事前構築済みのMLモデルを披露する。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1527876/ElectrifAi_Logo.jpg

ElectrifAiは、2004年から構築され、実戦の試練に耐えた事前構築済みMLモデルの最大級のライブラリーを有する。また当社は、職場の安全を促進し、コストを削減するための高度なコンピュータービジョン(CV)モデルも開発してきた。当社はマシーンラーニング・アズ・ア・サービス(MLaaS)の提供と組み合わせることで、企業がAIとMLのメリットを迅速に実現できるよう支援している。

ほとんどの企業は、自社のデータが強力で未開発の資産であることを理解している。だが、企業はデータにアクセスし、整理するだけで苦労している。これらの同じような企業の多くは、機械学習は最大で最も洗練されたティア1プレーヤーだけに与えらえた遠い可能性であると結論付けている。もはやそうではない。ElectrifAiのMLaaSを使用すれば、中小企業も大企業と同様に、自社データから価値を引き出し、それを戦略的な武器に変換して収益を上げ、コストおよび/ないしリスクを削減ことができる。MLaaSは、データに苦労している企業や、堅固なデータサイエンスおよびデータエンジニアリング・チームが不足している企業がそれを実現することを容易にする。

MLaaSは、MLの効率と利便性を向上させる。それはElectrifAiによって開発、保守、運用され、AIとMLを活用した完全なビジネス機能として提供されており、クライアントのクラウドまたはオンプレミスのワークロードにシームレスにコネクトし、ML経験は必要としない。当社は、MLaaSサービスがMLを達成するためのより速く、より良く、より安く、そして実質的にリスクの少ない方法をクライアントに提供することを保証する。ElectrifAiのMLaaSを使用すると、クライアントはMLを最初から構築するという手間暇や費用をかけずに、MLソリューションを迅速に入手することができる。

MLaaS提供の一部は、コンピュータービジョン、需要予測、在庫最適化、動的価格設定、スケジューリング最適化、予知保全、顧客エンゲージメント、A/Rコレクション・請求書、ならびにSpendAiとContractAiの事前構造化MLモデルである。CVモデルには、上流、中流、下流の石油・ガス企業向けのソリューションが含まれている。

ElectrifAiの事前構築済みのMLモデルはビジネス対応で、現実の世界で実証済みである。導入までの時間が短く、プロジェクトのリスクが低いため、当社はクライアントに代わってあらゆる面倒な作業を行う。クライアントは事業の使用事例を説明し、当社は彼らの事業上の問題を解決するために最適なMLソリューションの実行に必要なデータを伝える。当社はモデルを訓練、操作、展開し、結果を迅速に提供する。

ElectrifAiのEdward Scott最高経営責任者(CEO):
「Smart Data Summitで、事前構築済みの機械学習モデルとMLaaSを紹介できることをうれしく思う。それは全て価値実現までの時間と、データをROIの高い使用事例を備えた戦略的武器に変換することである。事前構築済みモデルを使用すると、データで苦労している企業や、データエンジニアリングやデータサイエンスに関する深い専門知識が不足している企業は、機械学習とCVのメリットとパワーをすぐに享受することができる。同様に、プラットフォームに投資し、あるいは有能な社内技術チームを持っている大企業は、ElectrifAiのMLaaSと事前構築済みモデルでさらに加速することができる。なぜ機械学習を待つのか?新モデル構築には8-12カ月かかるのに、MLaaSの提供を受ければ、8-12週間で機械学習を実現することができる」

▽ElectrifAiについて
ElectrifAiは、ビジネス対応の機械学習モデルのグローバルリーダーである。ElectrifAiのミッションは、組織が機械学習を通じて仕事のやり方を変えること、すなわち、収益向上、経費削減ならびに利益・業績改善を推進することを支援することである。2004年創設のElectrifAiは、経験豊富な業界リーダー、領域専門家のグローバルチーム、構造化・非構造化データを大規模に変換する実績を持っている。AIベースの製品の大規模ライブラリーは、記録的な時間で優れた結果を出すため、ビジネス機能、データシステムおよびチームを越えて連帯している。ElectrifAiは約200人のデータサイエンティスト、ソフトウエアエンジニアおよび従業員を擁し、2000を超える顧客実装に対応した実績があり、その大部分はFortune 500(フォーチュン500社)の企業向けである。ElectrifAiのミッションの中心にあるのは、世界中の企業や産業にとって、AIと機械学習をより分かりやすく実用的で有益なものにするというコミットメントである。ElectrifAiはマイアミ、ジャージーシティー、上海、ニューデリーにオフィスがある世界的企業である。

▽SquareOneについて
SquareOneは、ソリューション業界リーダーと提携することにより、組織が自らの潜在的可能性を拡大することを支援し、最新テクノロジーを活用した完全なデジタルビジョンと、専門家チームによる完全な実装をクライアントに提供する。SquareOneは、豊富な経験と顧客の喜びに注力する経験豊富かつ献身的な専門家チームを備え、先見の明のある世界クラスのソフトウエアアプリケーションを使用する組織のデジタルトランスフォーメーションのジャーニーを支援する。SquareOneは、デジタルイニシアチブの分野で初期のグローバルテクノロジーのトレンドを見つけ、最高のパートナーと提携し、猛烈に学び、これらのプラットフォームとソリューションを同地域にもたらす。SquareOneは、クラス最高のソフトウエアソリューションと、10年以上の経験から得られた地元企業のニーズに関する深い知識を活用し、複数の業界にまたがる専門知識を持つ情熱的な専門家チームによって実現されたビジネストランスフォーメーションテクノロジーの地域有数のプロバイダーである。

ソース:ElectrifAi

▽問い合わせ先
Matthew Brakora
mbrakora@electrifAi.net
248-765-2634

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ