プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Eka Software Solutions

クラウドベースのソリューションプロバイダーEkaが国連グローバル・コンパクトに公式署名企業として参加

AsiaNet 93119 (2893)

【ニューヨーク2021年11月17日PR Newswire=共同通信JBN】クラウドベース企業ソリューションのプロバイダーであるEka Software Solutionsは17日、国連グローバル・コンパクト(UNGC)(https://www.unglobalcompact.org/ )に公式署名企業として参加したと発表した。170以上の国からのステークホルダーと1万3000以上の参加企業で構成されるUNGCは、企業の持続可能性に関する世界最大の取り組みだ。署名企業としてEkaは、従業員、顧客、パートナー、ベンダーを含むすべての関連するステークホルダー向けの持続可能性をさらに加速、促進することを目的に、UNGCの原則をビジネスプラクティスに取り入れていく。

周囲の環境、社会およびガバナンス(ESG)の取り組みへの認識が高まる時代において、UNGCは、企業の責任の世界共通語、そして規模や複雑さ、場所にかかわらず企業にESG戦略を指導するフレームワークの両方を提供することを目的として、いくつかの重要な目標を概説した。世界的な取り組みであるUNGCの主な目標は、「10原則(https://www.unglobalcompact.org/what-is-gc/mission/principles )を世界中のビジネス活動で主流化する」ことと、「ミレニアム開発目標(https://en.wikipedia.org/wiki/Millennium_Development_Goals )や持続可能な開発目標(SDGs)(https://en.wikipedia.org/wiki/Sustainable_Development_Goals )など、より広範な国連の目標を支援するための行動を促進する」ことにある。

EkaのUNGC認証は、持続可能性を重視したいくつかの取り組みに続いて取得されたもので、特に最近では、企業が運用およびコンプライアンスのベストプラクティスに準拠するためのクラウドドリブンのESGリポートソリューション(https://eka1.com/news/cloud-based-solutions-provider-eka-unveils-sustainability -and-esg-reporting-solution/ )を発表している。この革新的なソリューションを長期的に成功させるために、Ekaは、持続可能性に関する専門家のチームを新たに結成した。専門家は、製造業、小売業、エネルギー、銀行業務などの企業向けに持続可能なソリューションを開発してきた経験を持つ。また、Ekaは最近ジュネーブにオフィスを開設し、欧州でのプレゼンスを拡大するとともに、欧州連合などでの持続可能性の規制への関心の高まりに対応している。

Eka Software SolutionsのShuchi Nijhawan最高持続可能性責任者は「Ekaでは、持続可能性がすべての産業において必然的な成長分野であり、世界がこれまでに経験したことのないような重大な課題を解決するための重要な要素であることを理解している。公式署名企業として当社は、UNGCの原則に基づくフレームワークを、当社の多面的で強力なクラウドプラットフォームを通じて全体的なビジネスの変革を推進するという長期的なビジョンに適用していく」と述べた。

UNGCの参加者としてEkaは、160カ国以上の国連の幅広いステークホルダーとのパートナーシップを得て、新たなソリューションやベストプラクティスに関する見解を共有する機会を提供する。EkaはUNGCの公の支持者として、全体的な事業戦略、文化、日常業務においてUNGCの10の原則を実施するというイニシアチブの目標をさらに拡大していく。

▽Eka Software Solutionsについて
Eka Software Solutionsは、調達から決済までのワークフロー全体を統合する革新的なクラウドソリューションを提供する世界的なリーダーである。コモディティーおよびサプライチェーン管理、ソースツーペイ、財務および持続可能性のための当社のプラットフォーム主導のソリューションは、顧客が複雑な課題を克服し、絶え間ない変化の環境でのデジタルジャーニーを加速するのに役立つ。550人を超える従業員を擁するEkaは、世界中で100を超える顧客をサポートし、顧客のデジタル変革の実現を支援することで、業界の専門知識を証明してきており、継続的な変化の環境での複雑なビジネス上の課題を解決する。詳細は、www.eka1.com を参照。

▽問い合わせ先
Sharmita Mandal
Head Global Communications
Eka Software Solutions
Sharmita.mandal@eka1.com

ソース:Eka Software Solutions

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ