プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ファーウェイ(Huawei)

Smart PV:青海省の人々と経済の上に太陽は常に輝く

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111183605-O1-SEoFzL5H

AsiaNet 93112 (2887)

【深セン(中国)2021年11月17日PR Newswire=共同通信JBN】
*世界最大の再生可能エネルギー基地は、テクノロジーが健全な地球を構築する方法を示す

中国語では、Qinghai(青海)はblue waters(青い海)を意味する。中国最大の内陸塩湖である青海湖にちなんで名付けられた青海省は、2つの1000万kWの再生可能エネルギー基地が海南チベット族自治州と海西モンゴル族チベット族自治州に完成した2020年11月に世界的な注目を集めた。われわれは、湖の南東60キロにある共和県タラタンのPV(太陽光)発電所を訪れた。

Video Link:
https://mma.prnewswire.com/media/1690634/Thoughts_on_a_Blue_Ocean__Final.mp4

省都の西寧から共和県に移動すると、道路の両側の急な山々が徐々に後退し、地平線が次第に広がる。紺碧(こんぺき)の空、綿状の雲、緑豊かな丘、放浪する牛や羊の群れは、静けさと平和を呼び起こす。遠くの山々にかかる白い雪の帽子は、前夜の風と降雪の唯一の痕跡である。

▽建設の10年

2011年以前は、人里離れた人口の少ない共和県はあまり知られていなかった。世界最大の再生可能エネルギー基地の建設が始まったとき、クレーンや機器の持ち込みがいかに困難であったかを考えると、共和県はこれまでで最も忙しい時期に突入した。この10年間にケータリング、宿泊施設、自動車修理、鉄製品、建設資材などの補助産業も急速に発展した。

このレベルの活動は、龍羊峡水力発電所が建設された1980年代に一度だけアプローチされていた。

2020年9月26日は、ファーウェイ(Huawei、華為技術)とエネルギー専門企業Huanghe(黄河)の両方にとって忘れられない日だった。17時18分に、青海共和2.2 GW PV発電所の最後のセグメントが電力網に接続され、100%クリーンな電力を送電する世界初のUHVDC(超高圧直流)送電プロジェクトをサポートする電源の運用が始まった。共和PV発電所は、世界最大のPV発電所であるだけでなく、入札から送電網への接続までに要したのはわずか1年で、新エネルギー発電所の中で最も短い完成期間を誇っている。

このプラントがサポートするQingyu(青豫)UHVDC送電線は、青海省の海南チベット族自治州から河南省の駐馬店まで1563 kmにわたって延びており、中央平原地域を100%クリーンな電力で照らし出すことができる。

共和県の発電所と青海省の風力発電所の両方が電力網に接続されており、海南チベット族自治州で1543万kW、海西モンゴル族チベット族自治州では1012万kWの容量を提供している。現在、各再生可能エネルギー基地の容量は1000万kWである。

10年前、中国のインバーター市場は中央インバーターによって独占されていた。ファーウェイとHuangheは2013年、青海省のゴルムドPV発電所にストリングインバーターを配備した。これは、ストリングインバーターが大規模な地上設置型PVプラントに初めて設置されたことを示している。これは中央インバーターの独占を打ち破り、PV産業の新たな発展に拍車を掛けた。両社は2014年、PV発電所のデジタル化のため、ストリングインバーターに基づくスマートPVソリューションを発表した。1年後、ファーウェイはHuangheとSmart PV Joint Innovation Center(スマートPV共同イノベーションセンター)を設立し、Huangheは直ちにSmart I-V Curve Diagnosisテクノロジーを開発し、O&M(維持管理)に革命をもたらし、LCOE(均等化発電原価)を削減した。

2017年には、ストリングインバーターが中央インバーターを追い抜き、主流のPVインバーターとなった。スマートI-V曲線診断は今日、世界中で広く使用されており、複雑かつ非効率的な手動のO&Mと検査に取って代わり、手頃な価格のPVの到来を加速している。小さな火花が大きな火を起こす-スマートPVは黄河から始まり、現在、609平方キロメートルのゴルムドPV発電所は、100MWの実証発電所によって補完される世界最大のPV発電所の1つである。

HuangheのXie Xiaoping会長によると、この2社はリソース調整と補完的な強みにより、優れた結果を達成した。わずか10年の期間で、世界初の100%クリーンエネルギーのUHV(超高圧))送電線と、世界最大の再生可能エネルギー基地、PV電力事業者、単一のPV発電所、水力発電所、実証基地が開発された。

ファーウェイのデジタル情報技術、5Gネットワーク、スマートハンドヘルド端末によって支えられたHuangheは、国内最大の集中型新エネルギー管理センターを建設した。2000万を超えるデータ測定ポイントを備えたこのセンターは、34のPV発電所を一元管理し、ビッグデータ分析、リモート診断、リアルタイム保守などのサービスを提供している。

609.6平方キロメートル(シンガポールの陸地面積にほぼ相当)にまたがる新しいPVパークと、2400平方キロメートルの風力発電所の計画が実施されている。

2020年末までに、海南チベット族自治州の再生可能資源は、PV発電900万kW、水力発電550万kW、風力発電410万kW、太陽熱発電5万kWを含め、合計1865万kWの設備容量となった。

▽民謡がタラタンに戻る

黄河上流に位置するタラタンは、かつては干ばつと過剰放牧に悩まされた吹きさらしの砂地の地形だった。

2011年以来、PV発電は劣化した植生を徐々に回復させ、草地の生態系の活性化を助けた。太陽エネルギーは、土壌水分を増加させ、土壌表面からの蒸発を減らす。青海チベット高原のどこまでも続く太陽電池パネルの列の下で、羊を放牧している地元の住民は、テクノロジーが自然と調和して共存する方法の生きた手本である。空は青く、荒野は広大で、風は草の中を牛や羊に向かって歌うように吹く。

タラタンはわずか10年で、(荒地から)かつての状態に復元された。その緑の過去は現在にタイムトラベルし、民謡の音が再び聞こえるようになった。

タラタンに向かう途中、HuangheのPV O&M企業のHuan Xingsheng生産技術副所長は、「太陽放牧」がこの土地の性質を体現しているとみており、この用語は現在、商標として登録されている。

50歳のDuo Goujie氏はティエガイタウン(Tiegai Town)に住み、同氏夫妻は、近くの豊かな畑で草を食べる550頭以上のしっぽの短いハン羊を飼育している。

Duo氏は笑顔で「以前は、ここには肥沃な草はなかった。道端で見られるような砂が全体に集まって増えていた。羊はそれを嫌った」と語る。

HuangheはタラタンでのPVプロジェクトを最初に計画したとき、自然の生態系とPV産業の両方に利益をもたらす形でPV発電所を展開する方法を模索した。砂漠の風と砂がPVパネルに与える影響を吸収するため、HuangheはPVパークの周りに牧草の種をまいた。パーク内の草はすぐに外の草よりはるかに背が高くなった。

Huan Xingsheng氏は「PVパネルのシェルターが土壌表面からの蒸発を減らし、PVパネルの清掃に使用される水が土壌水分を増加させるため、草はより良く成長する」と語る。

だが、これは新たな問題を生み出す。草が伸びすぎると、太陽光がPVパネルに到達しなくなり、発電に影響を及ぼす。また草は冬に枯れると発火しやすくなる。Huangheは2015年、600頭の羊を同パークに移した。羊たちは草を一定の高さに保ったので、発電は影響を受けず、農民の生活ははるかに楽になった。

またHuangheは2015年、大規模PV発電所の環境への影響調査を開始した。それらの展開により、土壌水分と植生の成長が改善され、平均風速が41.2%、毎日の気温が0.5度、それぞれ低下し、深さ20センチで毎日の平均空気湿度が2.1%、土壌水分が32%向上することが判明した。

その結果、HuangheはPVサポートの設計を地上50センチから1.2メートルに調整した。建設費の増加は、地元の農家と放牧契約を結び、地元の村人を雇用してPVパークの建設と維持を支援し、パークで雪菊(ゆきぎく)やトグー草などの換金作物を栽培することで相殺された。太陽光技術を導入することで生態系と地元の人々の双方に利益をもたらすモデルは、PV産業、地元の輸送、建設、観光を後押しし、黄河上流の少数民族の発展と繁栄につながっている。

タラタンでの成功に応え、State Key Laboratory on Ecological Water Conservation in Northwest Arid Regions(北西乾燥地域の生態学的水保全に関する国家重要研究所)は2018年、青海省のような乾燥地域や砂漠化した地域の管理の研究を専門とする支部をHuangheに設置した。

世界最大の再生可能エネルギー基地に支えられた青海省の電力網は2017年以来、途切れることのないグリーン電力を提供するという幾つかのマイルストーンを実現し、7日、9日、15日、そして30日連続を達成している。

2021年8月16日には、記録的な100日連続を達成した。

高さ30メートルの検査塔から外を見ると、PVパネルの青い海があり、少し離れた青海湖とは対照的である。今日、この土地は喜びに満ちて生き生きとしており、パークには5000頭以上の羊が放牧され、草原に浮かぶ農民の歌声が聞こえる。

ソース:Huawei

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=407860
画像説明:全長1563キロメートルのQingyu UHVDC(青豫超高圧直流)送電線が中国北西部の高原からのクリーンエネルギーで中央平原を照らし出す

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=407863
画像説明:PVパークに向けて走る羊たち

Qingyu UHVDC(青豫超高圧直流)送電線が中国北西部の高原からのクリーンエネルギーで中央平原を照らし出す
PVパークに向けて走る羊たち
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ