プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

精密機械研究開発センター

日本オートメーション機械向け「ロボット産業実証プラットフォーム」でソリューションを提供

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111183601-O1-8TgMV0m3
ロボット産業実証プラットフォーム(Automation Intelligence and Robot Online Resource Center, AIRORC)
AsiaNet 93145
 
【日本オートメーション機械向け「ロボット産業実証プラットフォーム」でソリューションを提供】

【台中(台湾)2021年11月18日PR Newswire】人工知能(AI)の急速な発展は、ロボット産業に飛躍的な向上をもたらした。産業用ロボットの急激な需要増加だけでなく、人々の生活、特に日本の高齢者社会に応用することも、ロボット産業の発展をさらに加速させた。台湾のスマートマニュファクチャリング(スマート製造)は国際的に知られている。各種の情報を統合するために、精密機械研究開発センターは、ポータルサイト「ロボット産業実証プラットフォーム」(Automation Intellegence and Robot Online Resouece Certer, AIRORC) https://robot.twmt.tw/enを設立し、オンラインでAIを搭載した介護ロボットと産業用ロボットを中心に、台湾のスマート製造技術の実力を示す。

研究によると、高齢化の進行により、2035年に日本のロボット市場規模は10兆円にまで成長すると見積もられた。また欧米、日本などの先進国における労働力の減少、新興国の人件費の上昇など、製造業は生産ライン自動化の必要性を突きつけられた事態。一方で、2021年には、台湾のスマート機械産業の売り行きが好調に推移し、半導体やパネルに次ぐ第三の「兆元産業」(年間生産額1兆元以上の産業)になる。
そこで、スマート機械産業における台湾と日本の貿易関係を強化するために、精密機械研究開発センターは、「ロボット産業実証プラットフォーム」(Automation Intellegence and Robot Online Resouece Certer, AIRORC)を設立した。このワンストップのポータルサイトでは、オンライン展示会場である同時に、台湾の優れた企業も掲載している。専門的にトランスミッション精密制御とシステムモジュールの研究開発を進めている大銀微系統股フン有限公司、マシンビジョンモジュールと自動ピックアンドプレース装置、ロボットアーム自動化統合と制御システムの所羅門股フン有限公司、ギアヘッドトランスミッションと統合メカトロニクスモジュール化の技術を専門としている祥儀企業股フン有限公司、ビルトイン・ビジョンシステムを搭載した協働ロボットTM5を生産するTechman Robot、リニアモーター機能を備えたリニアアクチュエータと制御コンポーネントの製造を専門としている上銀系統股フン有限公司、各種機器制御システムの開発・製造をしているLNCなどの大手企業は、精密機械にロボット、IoT、ビッグデータ、サイバーフィジカルシステム(CPS)、リーン生産方式、3Dプリント、センサーなどのテクノロジーを導入、スマート機械制御ソリューションを開発しています。さらにスマート機械産業のエコシステムを確立し、台湾のスマート機械制御ソリューションを提供する。

日本ロボット工業会は、2018年の産業用ロボットの生産額は1兆円(約2800億台湾ドル)であると発表した。また日本新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、今後の5年間で、世界の産業用ロボット市場は平均毎年10%に成長し、日本市場は2020年に2.9兆円、2025年には5.3兆円まで成長すると予測している。今後、ロボット関連産業が日本市場の主流となり、台湾企業にとっても見逃せない新たなビジネスチャンス。

台湾のスマート機械産業のポータルサイトである「ロボット産業実証プラットフォーム」は、マーケティング資源を統合するだけでなく、画像や動画などのデジタルコンテンツでより多くの顧客の注目を集める。コロナ禍が徐々に収束している際に、台湾と日本のロボット産業をマッチし、スマート機械での連携を推進することを目指している。

ソース: Precision Machinery Research and Development Center

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=407972
画像説明:ロボット産業実証プラットフォーム(Automation Intelligence and Robot Online Resource Center, AIRORC)

(日本語リリース:クライアント提供)

ロボット産業実証プラットフォーム
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ