プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

ドローンビジネス「docomo sky」の新たな展開

~docomo skyセルラードローンパートナープログラムおよび産業や用途に特化したパッケージサービスの提供を開始~

2021年11月18日
株式会社NTTドコモ

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、2019年3月に提供を開始した「ドローンプラットフォームdocomo sky®※1」の名称を本日から「docomo sky Cloud」に変更し、「docomo sky」をドコモのドローンビジネス全体を示すブランドとして、さまざまな産業におけるドローンの活用を推進します。

 ドローンビジネス「docomo sky」の新たな取組みとして、2021年7月に提供を開始した「LTE上空利用プラン」を活用するパートナー企業との連携を強化する「docomo skyセルラードローンパートナープログラム」、および産業や用途に特化し、それぞれのニーズに応じて最適なドローン機体やサービスを一元的に導入いただけるパッケージサービスの提供を本日から開始します。

 

 今回提供を開始する「docomo skyセルラードローンパートナープログラム」(以下、本プログラム)は、上空でモバイルネットワークを利用するドローン(以下、セルラードローン®※2)の新たな利用シーンの開拓を目的として、セルラードローンを活用した商品やサービスの提供をめざしている幅広いパートナーとの連携を強化するプログラムです。ドコモは、ドローン機体メーカーを中心に、本プログラムへの参加企業や団体向けにこれまで培ってきたセルラードローンに関するネットワーク技術の提供や、各パートナーの提供する商品やサービスに関するお客さまへの提案機会の創出を支援し、加盟パートナー企業との連携・協創を強化することで、先進的なドローン関連サービスを開発します。

 

 具体的には、本プログラムに参加するパートナーの商材とドコモの通信サービスなどを組み合わせることで、産業や用途に応じたドローンの機体やサービスをパッケージ化し、お客さまに提供します。

 パッケージサービスの第一弾として、医薬品配送に特化した「docomo sky医薬品配送パッケージ」と、災害対策として効果的に利用可能な「docomo sky広域災害対策パッケージ」を本日から提供します。これらの目視外飛行でもお使いいただけるパッケージサービスを活用することで、洪水や土砂崩れなどの自然災害が発生した際に、通行止めや渋滞により緊急性の高い医薬品などの輸送や早急な災害状況の把握ができないという社会課題を解決することが可能となります。今後は各業界における課題解決に向け、さらに幅広い産業や用途向けにドローンを活用したパッケージサービスを拡充する予定です。

 

 またセルラードローン向けのパッケージサービスに加えて、GPSが取得しづらい環境でも障害物回避機能により安全に自律飛行が可能なSkydio, Inc.(以下、Skydio社)のドローンを利用した新たな2つのパッケージサービス「かんたんデータ取得パッケージby Skydio」および「どこでも巡回パッケージby Skydio」も本日から提供を開始します。

 「かんたんデータ取得パッケージby Skydio」は、Skydio社製の自律飛行技術を活かした近接撮影や、Skydio社の提供する飛行支援ソフトウェア「Skydio 3D Scan™※3」を用いた撮影に特化したサービスです。橋梁や鉄塔の点検など、お客さま側で撮影の対象物が明確な場合に適したパッケージとなっており、ドローンで撮影した写真や動画を手軽に取得することができるようになります。

 「どこでも巡回パッケージby Skydio」は、屋内外の設備や建設現場などにおける巡回業務でドローン活用を検討されているお客さまにドローン活用の有効性を検証いただくことを目的としており、計画から飛行、報告までをトータルに提供します。

 これら2つのパッケージサービスによりお客さまの利用目的に応じて、Skydio社のドローンを手軽に導入いただくことが可能になります。

 

 ドコモは、空の産業革命に向けて多様なパートナーとの連携を強化し、ドローンを活用したさらなる社会課題の解決やより豊かな社会の実現をめざし、新たなサービス創出に向けた取組みを加速してまいります。

 

 

※1 ドコモが2019年3月8日(金)に「docomo sky」という名称で提供開始した、ドローンの飛行準備から撮影、フライト後のデータ解析やレポート作成までをWeb上で一元管理できるクラウドサービスです。

※2 「セルラードローン」は、上空でモバイルネットワークを利用するドローンです。

※3 「Skydio 3D Scan」は、利用目的に応じて自律的、自動的に構造物を3Dもしくは2D撮影することができる、Skydio社の飛行支援ソフトウェアです。ドコモは日本で最初のLaunch Partnerとして2021年6月28日(月)から展開しております。「Skydio 3D Scan」を利用する際には、「Skydio 2」および「Skydio Autonomy™ Enterprise Foundation」が必要となります。

*「docomo sky」「セルラードローン」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

*「Skydio 3D Scan」「Skydio Autonomy」「Skydio 2」「Skydio X2」は、Skydio, Inc.の商標です。

 

 

 

 

 

 

 

別紙1

 

 

「docomo skyセルラードローンパートナープログラム」の概要

 

1.目的

 ドローンを活用した目視外飛行の実現に向けて、さまざまなパートナー企業へLTEネットワークを活用したセルラードローンの機体開発におけるネットワーク技術支援などを行うことにより、産業や用途別のパッケージサービスを開発し、ドローンの新たな付加価値の創出をめざします。

 

2.提供内容

 ・セルラードローンの機体開発におけるネットワーク技術支援

 ・各パートナーの提供する商品やサービスとdocomo sky Cloudの連携による新たなサービスの開発

 ・各パートナーの提供する商品やサービスのプロモーション、販売支援、顧客サポート

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111183576-O2-ki3x2jsR

 

3.提供開始日

 2021年11月18日(木)

 

4.プログラム参加企業・団体(2021年11月18日現在)

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104717/202111183576/_prw_PT1fl_3vReaoKE.png

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104717/202111183576/_prw_PT2fl_5D8GLuCL.png

 

5. 受付窓口

 ・全国のドコモ法人営業担当者

 ・「ドコモのホームページ 法人のお客さま」お問い合わせページ

 https://www.nttdocomo.co.jp/biz/support/inquiry/

 

 

 

 

 

別紙2

 

 

「docomo sky医薬品配送パッケージ」および「docomo sky広域災害対策パッケージ」の概要

 

1.サービス概要

 企業や自治体向けに、医薬品配送と広域災害対策の用途に特化した「docomo sky医薬品配送パッケージ」および「docomo sky広域災害対策パッケージ」を提供いたします。

 各パッケージは、トライアル型と購入型の2つの提供方法を設けており、お客さまの目的や用途に合わせて選択いただけます。

 

 <トライアル型>

 ドローン本格導入前の検証や実証実験など、期間限定での利用を目的とするお客さま向けのパッケージサービス

 

 <購入型>

 ドローンの機体導入から運用まで自社で管理されるお客さま向けのパッケージサービス

 

2.提供内容

(1)docomo sky医薬品配送パッケージ

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104717/202111183576/_prw_PT3fl_J26wJh96.png

※LTE上空利用プランの月額料金(1か月分)を含む。

 

(2)docomo sky広域災害対策パッケージ

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104717/202111183576/_prw_PT4fl_JoF543BN.png

※LTE上空利用プランの月額料金(1か月分)を含む。

 

3.提供開始日

 2021年11月18日(木)

 

4.販売及び受付窓口

 ・全国のドコモ法人営業担当者

 ・「ドコモのホームページ 法人のお客さま」お問い合わせページ

 https://www.nttdocomo.co.jp/biz/support/inquiry/

 

 

 

 

別紙3

 

Skydio社製のドローンを利用したパッケージサービスの概要

 

1.概要

 GPSが取得しづらい環境でも障害物回避機能により安全に自律飛行が可能なSkydio社製のドローンを利用したパッケージサービスです。用途を限定したシンプルなサービス内容となっており、手軽にSkydio社のドローンをご利用いただけます。

 

(1)かんたんデータ取得パッケージby Skydio

 ドローンを活用した撮影をご希望のお客さま向けのパッケージサービスです。

 Skydio社製ドローンの自律飛行技術を活かした手動での近接撮影、もしくは飛行支援ソフトウェアSkydio 3D Scanを用いた撮影により、対象物全体を網羅した撮影を1日で実施し、撮影データ(静止画もしくは動画)を提供します。

 

(2)どこでも巡回パッケージby Skydio

 設備や建設現場などの巡回業務においてドローンの活用を検討されているお客さま向けのパッケージサービスです。巡回飛行の現場を確認したうえで飛行計画を策定し、巡回飛行結果の報告書を提供します。

 

2.提供内容

(1)かんたんデータ取得パッケージby Skydio

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104717/202111183576/_prw_PT5fl_06h1604O.png

※「Skydio X2」は、今後取り扱いを開始する予定の機体です。取り扱い開始次第、本サービスに対応予定です。

 

(2)どこでも巡回パッケージby Skydio

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104717/202111183576/_prw_PT6fl_klfTJ7kV.png

 

「かんたんデータ取得パッケージby Skydio」

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111183576-O9-768ywo87

「どこでも巡回パッケージby Skydio」

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111183576-O10-JkjkFylW】 

 

 

3.提供開始日

 2021年11月18日(木)

 

4.販売および受付窓口

 ・全国のドコモ法人営業担当者

 ・「ドコモのホームページ 法人のお客さま」お問い合わせページ

 https://www.nttdocomo.co.jp/biz/support/inquiry/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ