プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Suade Labs

RegTechソリューションのグローバル企業Suade Labsが、テック投資のパイオニアGlenn Hutchins氏の先導により戦略的資金を調達

AsiaNet 93098

RegTechソリューションのグローバル企業Suade Labsが、テック投資のパイオニアGlenn Hutchins氏の先導により戦略的資金を調達

画期的なRegTechの成長と市場拡大戦略に資金を利用

ロンドン, 2021年11月18日 /PRNewswire/ —  金融・規制テックで世界的に知名度の高いSuade Labshttps://suade.org/?mtm_campaign=suade_series_a_press )は、シリーズAの資金調達を実施しました。

今回の資金調達は、Glenn Hutchins氏が中心となり他の戦略的投資家を集めました。Glenn Hutchins氏は、North Island社の会長、Silver Lake社の共同創業者でニューヨークにある連邦準備銀行の元取締役として、金融・規制テック分野での豊富な経験の持ち主です。Hutchins氏は取締役会の取締役に就きます。

また、Promontory Financial Groupの創業者兼会長で、クリントン政権下で通貨監督局長官を務めたEugene Ludwig氏が、特別顧問に就任。今回の資金調達ラウンドに参加した投資家は、Citigroupの元CEOのMichael Corbat氏、Thomson Reutersの元CEOのTom Glocer氏、Cootue Managementの創業者のPhilippe Laffont氏、TD Ameritradeの元会長のJoe Moglia氏、AT&T Inc.の元会長兼CEOのRandall Stephenson氏、Altecの会長兼CEOのLee Styslinger氏です。デジタル通貨分野の主要投資家のDigital Currency GroupもシリーズAラウンドに参加しました。

Hutchins氏は「Suadeが規制当局への報告に関して革命を起こしました。私が見てきた中で最も期待できる企業です。同社はデータ駆動型で規制要件を満たした規制報告のソリューションを提供しています。今後に向けてデジタル化を推進しており業界を牽引しています。この旅に取締役会としてサポートしていけることを嬉しく思います」と語ります。 

Suade Labs社のプラットフォームは信頼性が高く、データベースでエンドツーエンドの規制報告機能の自動化や拡張機能を世界の金融機関に提供しています。2014年にDiana Paredes氏とMurat Abur氏が創立したRegTechのパイオニアのSuade Labs社は、唯一のオープンソースで国際的な規制データ標準であるFIREhttps://suade.org/fire/manifesto/?mtm_campaign=suade_series_a_press )と、機械学習や自然言語処理などの最新技術を活用して革新的な規制解釈やサービスを提供しています。

Suade CTOのAbur氏は、「レガシーソリューションでは、金融危機後の規制強化に対応することができませんでした。金融規制に対するSuadeのデータ駆動型のアプローチは、企業で単にコストをかけるだけでなく、有益な規制報告システムを提供します。

Suade CEOのParedes氏は、「この会社を設立したとき、規制強化に対応するためには、準備作業と適切な投資家の支援が必要であることは明らかでした。当初のビジョンを形にする過程で特許を取得した重要な技術を開発し、現在は思想的リーダーとして、またよい変化をもたらす企業として業界を牽引できることを嬉しく思います。テクノロジー、金融サービス、その他の分野でビジネスをリードし、成長させ、助言してきた経験ある投資家の皆様には感謝しております」と述べています。

Suade社について

2014年に設立されたSuadeは、金融機関の規制報告とコンプライアンスの自動化サービス(Regulation-as-a-Service)を提供するRegTech企業です。規制に対してデータ駆動型のアプローチに加え、自然言語処理や機械学習などの革新的な技術を利用しており、業界のグローバルリーダーとしての地位を確立しています。また、世界経済フォーラムでGlobal Innovator(世界の革命企業)に認定されるなど数々の賞やタイトルを受賞しています。Suadeは業界でも最速のシステムを世界中の金融機関にサービスを提供しています。英国、欧州、北米、アジアに拠点を置きグローバルに事業を展開しています。

Suadeは現代のテクノロジーで規制のギャップを埋める – suade.org

ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/1559440/Suade_Logo.jpg

報道関係のお問い合わせは、下記までお願いします。

Corinne Jones PR & Comms
corinne@suade.org

 
 (日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ