プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

GOOVIS

GOOVISがマルチメディア体験向けに全く新しい市場セグメントを定義

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111173535-O2-4FGBk97V

 
AsiaNet 93022 (2844)

【香港2021年11月17日PR Newswire=共同通信JBN】
*視覚専門ブランドが、眼鏡をかけずに自宅で映画のような没入感を楽しみたいという眼鏡使用者向けに新しい選択肢を提供

XRヘッドマウントディスプレイ(HMD)分野の技術的リーディングカンパニー、NED Opticsの製品ブランド「GOOVIS」(http://www.goovislife.com/ )は、ビジュアルデバイスの新しいセグメントを開発した。市場に出回っている多くのAR/VR HMDとは異なり、GOOVIS HMDは、ユーザーが目を傷めたり、めまいを感じたりすることなく、映像を見て楽しむことができるポータブルパーソナルシネマ製品のシリーズである。同社の特許取得済みの光学技術に支えられたGOOVIS HMDは、映画の視聴者やゲームプレーヤーに眼鏡なしで映画のような没入感を提供するだけでなく、シミュレートされたトレーニングや遠隔操作を必要とするさまざまな産業環境にも適用できる。

(詳細については、http://www.goovislife.com/ を参照。)

ニアアイディスプレイ専門のGOOVISの背後にあるチームは、高品質な製品の製造に取り組んでいる。この取り組みは、GOOVIS HMD製品にまで及ぶ。近視、めまい、眼障害を防ぐHMDには、わずか1.5%の歪み、1920×1080 x2の解像度、3147PPIの超高解像度スクリーンである2 x 0.71インチのソニーAMOLEDマイクロディスプレイが搭載されている。このデバイスは、市場に出回っている他の多くのVRデバイスよりも100%高い42 PPD(pixel per degree、角度当たりピクセル)という最高の鮮明さを保証している。

遠視用の300度および近視用の800度に対応した同社の光学技術を搭載したこのHMDは、ユーザーが簡単にデバイスを調整することができ、眼鏡なしで、目に負担をかけることなく、鮮明な3Dの立体視体験を楽しむことができる。視度調整範囲は、独立制御により、左目用、右目用と個別に調整することができる。また、デバイスは軽量(わずか200グラム)かつポータブルで、快適な装着感があり、自宅や外出先でのクリアで高品質なXRマルチメディア体験に適している。

(詳細または注文については、GOOVIS Amazonストア http://www.amazon.co.jp/goovi にアクセスを)

GOOVIS HMDは、VR、AR、MRなどの技術もサポートするXRヘッドセットだ。内蔵されたAndroidシステムは、テレビ、コンピューター、ゲーム機、タブレット、ドローンなどの従来のエンターテインメントモジュールと、ケーブルやBluetoothで接続することができる。このデバイスはまた、Wi-Fiにも接続でき、いつでもどこでも2Dや3Dの映画視聴体験ができるリモコンを搭載している。

NED Opticsの創業者兼最高経営責任者(CEO)のHuajun Peng博士は「人々は常に、より良い視聴体験を追求している。これは大きなトレンドだ。GOOVIS HMDのような超高解像度ヘッドマウントディスプレイ・デバイスは、その特性と機能により、コンピューター、テレビ、携帯電話と同様に、いずれ何百万もの家庭に普及するだろう。これが当社の目標でもある」と述べた。

▽GOOVISについて
Good Vision(視界良好)を意味するGOOVISは、XRヘッドマウントディスプレイ(HMD)分野の技術的リーディングカンパニー、NED Opticsのブランドである。GOOVIS製品は、映画やビデオの鑑賞、ゲームに使用できるほか、軍事演習のシミュレーション、自律走行車の遠隔操縦、外科手術研修システム、近視の予防や制御、一人称視点(FPV)の無人航空機(UAV)、5Gネットワークでのライブ中継などの産業分野やその他の専門分野にも応用できる。

GOOVISは、欧州、米州、日本、オーストラリアを含む60の国と地域の顧客に満足してもらえるようになった。GOOVISは、2018年にドイツのiFデザイン賞、2018年に日本のグッドデザイン賞、2020年に中国のレッドスター賞を受賞した。

GOOVISの最新情報の入手はFacebookで:
https://www.facebook.com/GoovisEN
https://www.facebook.com/goovis.goovis.1

ソース:GOOVIS

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=407389

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=407391

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=407392

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=407393

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ