プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Messe Dusseldorf (Shanghai) Co Ltd

wire & Tube China 2022で国際パビリオンのブース予約始まる

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111173506-O1-06TxRTHt

AsiaNet 93070(2871)

【上海2021年11月17日PR Newswire=共同通信JBN】昨年開催されたワイヤー、ケーブル、チューブ、パイプ業界のアジア初の影響力のある国際見本市wire & Tube China 2020はパンデミックの厳重な予防措置の下、上海新国際博覧センター(SNIEC)で成功裏に終了し、2022年開催に効果的な経験参考資料を提供した。

2022年9月26日から29日まで開催される第10回wire & Tube Chinaは、上海新国際博覧センターで新たなマイルストーンを開始する。主催者のMesse Dusseldorf (Shanghai) Co., Ltd.、Shanghai Electric Cable Research Institute Co., Ltd.、MC-CCPITは、最先端の製品、技術、ソリューションを紹介するため、それぞれの利点を活用し「第14次5カ年計画」と「一帯一路」国家戦略に焦点を当て、コミュニケーションとビジネスのプラットフォームを提供する。

▽製品カテゴリーはさらに拡大され、熱処理、のこぎり、レーザー切断のセグメント化された分野に注力する

wire Chinaの製品カテゴリーは、ワイヤー製造/加工機械、ファスナー・ばね製造機械、補助プロセス機器、ワイヤー・ケーブル完成品、原材料・補助材料、測定/制御技術、テストエンジニアリングなどをカバーしている。

一方、主催者は、チューブ製造機械、加工技術、原材料、チューブ・付属品、パイプラインとOCTG技術、テストエンジニアリングなどの製品カテゴリーに基づき、これまでの熱処理・のこ引き製品のパビリオンをアップグレードし、さらに洗練された同時開催の展示会THERMPROCESS ChinaおよびSaw and Laser Cutting Chinaを設けている。

▽業界をリードするブランドとプロのバイヤーが大挙してwire & Tube Chinaに押し寄せるだろう

見本市終了後の統計によると、出展者の91%がwire & Tube China 2020に満足していた。昨年のパンデミックの影響にもかかわらず、これまでの出展者と新規顧客は依然としてフェアに自信を示している。

wire & Tube China 2022には、約1550に上る国内外からの出展者と4万6000のプロのバイヤーが新たなビジネスチャンスを見つけにやって来ると見込まれる。

国際パビリオンのブースは現在、予約を受け付けている。主催者はアジアを代表するワイヤー展示会への皆様の参加を楽しみにしており、ワイヤー、ケーブル、チューブ、パイプ産業の発展の新時代を探ることになる。2022年9月26-29日に上海で会いましょう。

詳細な情報は公式ウェブサイトのwww.wirechina.netwww.tubechina.net を参照、またはLinkedin(検索ページ:wire & Tube China)で当方のフォローを。

ソース:Messe Dusseldorf (Shanghai) Co Ltd

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=407640
キャプション:wire & Tube China 2020の現地写真

wire & Tube China 2020の現地写真
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ