プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Artmarket.com

Artmarket.com:Artprice-nft.com上のNFTマーケットプレイスによる巨大な収益発生に絶好の位置につける

AsiaNet 92935

PARIS, 2021年11月16日 /PRNewswire/ — Artmarket.comのCEOであり、ArtpriceおよびServer groupの創立者であるthierry Ehrmannは、「1987年以来、私たちのグループは、アート市場に関する知見において、比類ない正当性を培ってきました。これらの知見の中には、市場のサイバー的側面に関する知見も含まれています。当グループの主要な存在意義に忠実に、歴史的に不透明な市場であったアート市場の電子化と透明化を進めることで、私たちはまさに、同市場のデジタル面における発展に大きく寄与してきました」と語ります。

Artprice by Artmarketのメタバースは、NFTの厳選を基礎とし、このタイプのエコシステムに求められる体験や保証を提供する、コレクターやデジタルアートの愛好家が集う没入型空間となる予定です。Artpriceと、その大株主であるGroupe Serveurは、1987年以来、このエコシステムにおいて、先見の明を持ったインターネットのパイオニアとしての地位を築いてきました。タイム誌において、このように取り上げられたグループはごくわずかです。

これまで一年近くにわたり、Artprice by Artmarketは、非代替性トークンの萌芽的かつ巨大な市場をにらみ、提携、合併、買収(一部または全部)についての数々の自発的なオファーを受けてきました。知られているように、NFTとは、ブロックチェーンに保管されている、収集可能なデジタル商品です。

当然のことながら、NFTの取引者は、さらなる信用性や、オンラインアート市場に特有の価値創造ロジックを求めています。さらに、取引者は、すでに確かな市場実績を有しているアーティストや、信用でき、堅固な資金力に支えられた買い手および売り手を見つけることも望んでいます。

つまるところ、これらのプレイヤーの方々にとっては、アート市場情報における世界的リーダーであるArtpriceのバックアップとサポートは非常に有用なものとなるでしょう。Artpricは、540万のメンバーを擁しており、2005年設立の同マーケットプレイスは、オンライン上で7万2,000点を超える作品をリアルタイムで取り扱い、同データベースは76万5,000名のアーティストをカバーしています。NFTで激しい競争を繰り広げるアクターの方々にとって、Artprice by Artmarketは、グローバルな成功の絶好の保証者となります。

NFTにおける競争者、そしてデジタルアート市場へ参入したいとお考えのアート市場におけるその他のプレイヤーの皆さまがお持ちの、緊急かつ非常に重要なニーズに応えるため、Artprice by Artmarketは、最新の財務プレスリリースでも発表の通り、すべての手順や産業サービスを統合した、独自のNFTプラットフォームの準備を行っています。同プラットフォームのドメイン名は、すでにartprice-nft.comおよびand artmarket-nft.comとして登録済みです。

将来的には、ArtpriceのStandardized Marketplaceは、Crypto Blockchain Industries (CBI)などの最近上場したブロックチェーンプレイヤーのように、資本化により、数千万ユーロの収益を見込むことができます。この収益は、主に、ブロックチェーン・NFT経済の土台となる産業プロセスに固有の、有形通貨支払いの様々な経常項目に基づいています。
私たちが皆見てきたように、NFT現象は、押し寄せるメディアの報道の的となってきました。また、アート市場の主要なプレイヤーはこぞって、いかなるコストをもいとわず、自らの経済モデルの中にNFTを取り込もうと躍起になってきました。これは、クリスティーズ、そしてサザビーズも例外ではありませんでした。サザビーズは、2021年10月14日に、独自のNFTプラットフォームであるSotheby’s Metaverseの立ち上げを発表しています。

Artprice by Artmarketは、社内の様々な専門部門を動員し、NFT現象についての綿密な調査および分析を行ってきました。その結果、この分野が、その見た目よりも非常に複雑なものであるという認識を持つに至りました。

まず、ブロックチェーンのノウハウが求められることとなります。この分野については、Artpriceは数年にわたる経験を有しており、BPIフランスから、2度にわたり「イノベーティブ・カンパニー」のラベル認証を受けています。

インフラ面においては、同分野の潜在的なプレイヤーはいずれも、クリーンルームおよび完全なプロプライエタリOSを備えていなければなりません。さらに、問題を回避するため、暗号通貨の歴史とマネジメントおよびウォレットシステムについての深い知識も求められます。最後に、デジタルファインアートとは何かということを見極めるため、インターネットの誕生とサイバーカルチャーにまつわる美術史の専門的知見も必要となるでしょう。これらのさまざまな知見には、異なるレベル、そして分野にまたがるスキルが要求されます。

Artprice by Artmarketは、さまざまな予測やモデルにより、NFTのプロセスおよびナレッジチェーン全体における真のプロフィット・センターの所在を精査してきました。この作業では、特に、NFTの一次発行者、二次市場の売り手側・買い手側を対象とするプラットフォーム運営における機能面および経済面の実情に重点が置かれました。経常収益をもたらすさまざまな項目、そして市場の変動に左右される項目はどれかを見分け、特定する作業にも多大な努力が費やされました。ここから、会計的に見た場合、経常的かつ収益のあがる活動は、主にドル、ユーロでアクセス可能であることも明らかになりました。

非常にはっきりしているのは、NFTの主要プレイヤーは、なによりも、暗号通貨分野の主要プレイヤーでもあるということです。いまだ精通している人の少ないこのエコシステムを理解するにあたり、暗号通貨分野は、避けて通ることのできない必須の分野であるということができます。

Artmarket.comは、NFTの知名度向上に役目を果たした主要なセールスについて細心の調査を行い、暗号通貨とNFTには共通のプレイヤーが存在していることを見出しました。これは、NFTが、暗号通貨にとって、非代替性資産を通じた出口の役割を有しているためです。この分析は、この暗号通貨関連の世界における初期プレイヤーの強みおよび弱みを明らかにするものという意味で非常に重要となります。

クリスティーズで行われた最初のデジタル作品のセールは、激震をもたらすものでした。このセールでは、当時デジタルアート業界の外では無名の存在であったBEEPLE(別名Mike Winkelmann)を、オークション結果において、Jeff KoonsとDavid Hockneyに次ぐ第3位の地位へと駆け上らせることになりました。JPEG形式のデジタルファイル作品である『Everydays: The first 5000 Days』に6,930万ドルという途方もない値が付けられることとなった記録破りのセールが2021年3月11日に行われて以降、デジタルアートは、莫大な価値を生むトレンドとみなすべきものとなりました。

二人のインド人実業家が、6,930万ドルという額を支払い、この『Everydays: The first 5000 Days』を購入した目的は、世界のすべての国の一定の「同等性」を主張するとともに、アートの購入とは、西洋のコレクターに限られた分野ではないということを示すことにありました。この同等性は、暗号通貨の誕生により「可能」となるものであり、世界で流通する数百の暗号通貨の一つであるイーサリアムの購入により財を成したこの二人の人物の態度はロジカルなものといえます。

ArtpriceによるNFT市場の調査では、この他に、法的側面にもフォーカスが当てられました。これにより、この分野は、さまざまな法的な疑問点をはらんでおり、それらに答えることのできる(Artpriceのような)プレイヤーはごくわずかであるという結論が得られました。

その一例が、知的財産法に関するものです。NFTのアート作品のさまざまな取引では、所有証明書の明白な記録が行われるという事実に誰しも異存はないでしょうが、NFTの一次発行段階に関する著作権、 財産権、著作者人格権、複製権などについてはどうでしょうか。Artpriceは、この分野における専門的知見および経験をもとに、NFTとフィジカルなアート市場とに求められる橋渡しをすることで、この疑問に答えることが可能です。

Artprice by Artmarketが主要出資者に名を連ねるADAGP(グラフィックアートおよび造形芸術分野における著作権の収集及び流通管理を担うフランスの協会)においても、NFTは冷静かつ綿密な調査の対象となってきました。ADAGPの法務部門のディレクターであるThierry Maillardは、「NETとアーティスト、そしてその権利者との間の関係を法的に安定させ、プラクティスを確立するとともに、信頼できるサードパーティーを備えることが重要となります」と述べています。これらの観察結果はすべて、すでにこれらの微妙な問題に対処できるだけの高度な専門的知見、インフラ、そしてノウハウを兼ね備えているArtpriceへと明白に導くものです。

また、リヨン第三大学名誉教授、欧州銀行・金融法ジャン・モネ・チェア称号保持者、事業法・経済学院の名誉ディレクターであり、Artpriceも会員であるInstitut Art et Droitの科学委員会会員であるBlanche Sousi氏によれば、NFTの一次発行は、通貨金融法典の規定(フランス法においてはデジタル資産、EU法においては暗号資産)に準拠していなければなりません。

最後に、新たな芸術運動の誕生に関しては、美術史家であるMichael Maizelsの分析に賛同の意を表します。同氏は、「私は、『最近のアート』の市場の発展について広範な研究を行ってきた美術史家です。その立場から、目下、NFTによって、世代を画するような何かが起こっているとのだと述べることができます」と語っています。

現段階においては、サイバーカルチャー、そしてそれが過去40年近くにわたってアート市場との間で育んできた相互作用についての堅固な知見が求められます。これらはすべて、新たなコレクターに求められるNFT作品を生み出す、新たな現代アーティストの出現を見定めるために必要となるものです。

NFTを取り巻くメディアの過熱的ともいえる報道とは距離を置きながら、この分野において実効的かつ有益な活動を行うために求められる知識分野を見極めることが重要となります。これらの知識は時間をかけて初めて獲得できるものでもあります。それを経た上で、NFTマーケットプレイスを設立し、経常的で、収益性の高い収益源を押さえることが可能となります。さらに、その収益源は、暗号通貨取引にまつわるリスクや、現在「整備中」と呼ばざるを得ない税制のリスクをヘッジするため、市場において、有形通貨(ユーロ/ドル)で発生するものでなければなりません。

これにより、需要面においては、グローバルに広がるArtpriceの顧客層は、取引の安全性に信頼感を持てるようになり次第参加に踏み切れるようになります。また、供給面においても、Artpriceは、一次発行市場でのNFTの発行にアーティストたちを確実に呼び込めるものと見込んでいます。

より広範なアート市場においては、今日、あらゆる主要オペレーターが、市場の鋭い分析を備えたマクロ・ミクロ経済データにより信用性を担保する必要性を喫緊のものとして感じていることが明らかになっています。このような信用性は、まさに、これまで25年近くにわたり、報告書、指標、グラフ、データ(7,200をを超える印刷メディアおよびデジタルメディアによる使用実績あり)を通じ、アート市場情報のグローバルリーダーとしての役割を担ってきたArtprice by Artmarketが提供可能なものです。

NFTにおける信頼性は、2000年以降、急激な成長(現代アート分野の売上高2,700%アップ)を遂げてきたアート市場のモニタリングを続け、同市場に精通しているプレイヤーによってのみもたらされるものです。

Artprice by Artmarketは、デジタルアートは間違いなくパラダイムシフトを象徴する存在であると認識しています。他方で、Artprice by Artmarketは、適切な法的環境、適切な経済・金融分析、そしてもちろん適切な顧客教育を備えた、統合され、一貫性のあるプロセスおよびサービスの産業チェーンは、非常に限られたプレイヤーにしか提供できないものであるとの認識も有しています。顧客教育は、このメタバース(Neal Stephensonが、世界滅亡後のサイバーパンクな世界である「スノウ・クラッシュ」で1992年に示したビジョンを始まりとするインターネットの未来版)の信頼性担保に不可欠の事柄です。

Artprice by Artmarketは、他者に先立ち、はるか以前からデジタル世界に身を置いてきたサイバーカルチャーの真の立役者たちに光を当てることができます。Artpriceおよびその大株主であるGroupe Serveurは、1987年よりこの新世界の誕生を予見してきました。

Artprice by Artmarketの本部は、世界に名高いOrgane Contemporary Art Museumに置かれています。同美術館は、世界滅亡後のサイバーパンク世界におけるもっとも重要なレファレンスの一つと美術史の文献で引用されているカオス邸(Demeure du Chaos / Abode of Chaos、ニューヨークタイムズ紙による評)の管理を行っています(21年間に3,600回を超えるメディア報道を経験)。現代美術館、カオス邸(Demeure du Chaos / Abode of Chaos)は、芸術家・造形家であり、ArtpriceとServer grouの創設者でもあるthierry Ehrmannという単一アーティストのNFT作品の多数発行を予定しています(フランス名士録のバイオグラフィーへのリンク)。
Biographie_nov2020_WhosWho_thierryEhrmann.pdf

NFTの到来に象徴されるこのパラダイムシフトは、デジタルアート創造と、デジタルアート作品の認知的価値の定義についての権限を持つ者として、どのような団体/当局/機構/専門家が現れるのかを見定めるのに数十年の年月がかかるであろうことを示唆しています。その中で、Artprice by Artmarketは、そのような権限を担える位置づけにある希少なプレイヤーの一つとなっています。

Artprice by Artmarketは、自らのマーケットプレイスからアーティストおよびNFT作品を厳選することで、デジタルアートにおける自らのビジョンを示してまいります。
Artprice by Artmarketが実施した調査によれば、アーティストに人気の主要NFTとしては、OpenSea、SuperRare、Nifty Gateway、Rarible、Known Origin、Hic et Nunc(エネルギー消費量が最小)を挙げることができます。

2021年発行の、NFTにより上昇する現代アートオークション(Artprice報告書)(AFP)もあわせてご参照ください。

いまや、オンラインでのセールは、オークションハウス戦略の不可欠な一部をなすようになりました。クリスティーズ、サザビーズ、フィリップスは、それぞれの取引の半数以上を電子化しています。しかし、これは大手に限ったことではありません。2021年におけるオークションハウスの世界全体を見ると、オンライン取引は、現在のところその41%を占めています。NFTの衝撃的な登場により、新しい一歩が踏み出されたことは明白です。

先週月曜日に発表されたArtpriceの現代アート市場に関する年次報告書によれば、2020年から2021年(6月末~7月初頭)の時期にかけて、現代アートオークションは、NFTとオンラインオークションの高い売り上げにより押し上げられ、27億ドルという歴史的な水準の売上高に達しました。

Artmarket.comは、主要NFTプラットフォームとの即時的な提携といったその他のシナリオを含む、あらゆる選択肢を検討しています。これは、時間の多大な節約につながると同時に、スケールメリットにより、即時的な金銭的利益を見込むことができます。さらに、これにより、高い収益性を明白に示すバランスシートに純利益をすぐ加えていけることとなり、成長の大きな後押しとなるでしょう。

Artprice by Artmarket(R)のNFTマーケットプレイスは、とくに、英語の「Art Market」というキーワードを用いた検索(英語がアート市場における言語であることから)を必ず取り込める「Artmarket.com, Artmarket.net, Artmarket.org」というドメイン名の恩恵を受けることができます。「art market」というキーワードのみの検索を行った場合、Google.comによる33億3,000万件の検索結果のうち、広告を除いたオーガニック検索の結果トップ12件が、Artprice by Artmarketのデータベースへとリンクするものとなっています。

最後に、ArtpriceおよびCision (PR Newswire)により、Artprice by Artmarketのマーケットプレイスは、アート市場情報を専門とする初の通信社の後押しを受けることができることも忘れてはならない重要なポイントとなります。Artpress agency(R)は、1999年に設立され、アート市場情報の世界的リーダーであるArtpriceが100%保有する通信社です。

Cisionは、120年にわたり、金融市場における10万を超える著名な顧客も認める、情報/ニュースの普及におけるグローバルなネットワーク構築を展開しています。

Cisionは、PR&インフルエンス・ソフトウェアおよびメディアリサーチの世界的リーダーです。

160万件に上るジャーナリストおよびメディア組織のデータを収めたデータベースに基づき、Cisionは、Artprice by Artmarketが、独自の通信社Artpress Agencyを通じ日々発信する情報について、世界五大陸の各国にいる4億5,000万人のターゲット層へ向け、各国のネイティブ言語で価値ある情報の配信を行っています。

この合意は、それぞれの市場における力強いリーダーであるArtpriceとCisionが20年にわたって築いてきた長い関係性に直接由来するものです。

Copyright 1987-2021 thierry Ehrmann www.artprice.comwww.artmarket.com

・統計と個別調査に関するご要望についてはエコノメトリクス部門までお問い 合わせください: econometrics@artprice.com
・弊社サービスを試す (無料デモ):https://www.artprice.com/demo
・弊社サービスの購読登録: https://www.artprice.com/subscription

 
Artmarket について:
Artmarket.comは、Euronext Paris、SRD long onlyおよびEuroclearによってEurolistに記載されています。7478 – ブルームバーグ:PRC – ロイター:ARTF。
ArtmarketとArtprice部門を動画で見る: www.artprice.com/video
Artmarketとその部門であるArtpriceは、1997年にCEO Thierry Ehrmannによって創立されました。Artmarketとその部門であるArtpriceは、1987年創立のServeurグループの管理下に置かれています。

Who’s who ©内の公式バイオグラフィーを見る:
https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2021/06/Biographie_nov2020_WhosWho_thierryEhrmann.pdf

Artmarketはアート市場におけるグローバルプレイヤーです。Artpriceをはじめとするさまざまな部門を通じて、歴史的データと現在のアート市場の情報を収集、管理、活用する世界的リーダーとして、3,000万件以上のアート指標とオークション結果、77万人以上のアーティストをカバーしたデータバンクを有します。

Artprice Images(R)は、世界最大のアート市場イメージバンクのデータベース無制限アクセスを提供しています。このデータベースには、1700年代から今日までのアート作品の1億8千万を数えるデジタル写真とエッチング画像が、美術史家のコメント付きで収められています。

ArtmarketはArtpriceとともに6,300にのぼるオークションハウスからの情報をたえず収集し、主要なプレス、メディアエージェントに向けてアート市場のキー情報を提供しています(出版数7,200)。540万人のユーザー(ログインメンバーとソーシャルメディアユーザー)が、メンバーの投稿する広告へのアクセスを有し、リーダー的なGlobal Standardized Marketplace(R)を代表するネットワークとして、固定ないしは入札価格でのアート作品の売買を取り扱います(オークションはフランス商法の L 321.3条における第2、3段落の定めによって規定されています)。

ArtmarketはArtpriceを含めて、BPI(国立投資銀行)から「イノベーティブ企業ラベル」国立認定を受け、2018年11月から2回目となる3年間の国立支援を獲得しています。これに力を得て、アート市場におけるグローバルプレイヤーとしてのポジション強化プロジェクトに取り組んでいきます。

Artmarket.comによるArtpriceの2020年と2021年の現代アート市場レポート:https://www.artprice.com/artprice-reports/the-contemporary-art-market-report-2021

Artprice by Artmarket による 2020 年度グローバルアート市場報告 (2021 年度3月発表): https://www.artprice.com/artprice-reports/the-art-market-in-2020

Artmarket と Artprice によるプレスリリースのインデックス:
serveur.serveur.com/press_release/pressreleaseen.htm

Facebook と Twitter で、ArtmarketとArtpriceによるアート市場のニュースをリアルタイムでフォローしてください:
www.facebook.com/artpricedotcom/(フォロワー数540万人以上)
twitter.com/artmarketdotcom
twitter.com/artpricedotcom

ArtmarketとArtprice部門の仕事や世界観をみる https://www.artprice.com/video 有名なOrgane Contemporary Art Museumに本社を置く “The Abode of Chaos” (The New York Timesより): https://issuu.com/demeureduchaos/docs/demeureduchaos-abodeofchaos-opus-ix-1999-2013

L’Obs – 将来の美術館:https://youtu.be/29LXBPJrs-o
www.facebook.com/la.demeure.du.chaos.theabodeofchaos999
(フォロワー数 440 万人)
https://vimeo.com/124643720

Artmarket.com&Artprice連絡先:Thierry Ehrmann ir@artmarket.com

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1683484/Artmarket_NFT_bill.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1009603/Art_Market_logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ