プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Cappfinity

ブリティッシュ・エアウェイズがストレングス・スペシャリストCappfinityでリーダー育成プログラムを開始

AsiaNet 93067 (2867)

【ロンドン2021年11月16日PR Newswire=共同通信JBN】グローバルエアラインのブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)は、同社の400人以上の幹部向けの変革型リーダーシップ育成プログラムでHRテック企業のCappfinityと提携している。

CappfinityのTalent Practiceが4年計画かけて提供するAltitudeリーダーシップ育成プログラムは、パンデミックが航空業界に与えた計り知れない影響を受け、同エアラインを変革し、事業を復活させることを目指した長期イニシアチブの一環である。

参加者は、専門家によるフォローアップインタビューとディブリーフによってイマーシブなデジタル査定を経験する。それぞれのリーダーは、リーダーシップスタイルへのインサイトと、British Airways Leadership Behavioursをどのように行動で示す方法を提供する詳細なフィードバックリポートも受ける。

リーダーは、チームの指導方法に関するマスタークラスに参加する機会が提供され、エグゼクティブコーチング、インタラクティブワークショップ、行動学習、創造力に富んだデジタルコンテンツ、360フィードバックなどで構成されるカスタムメイドの開発ジャーニーに参加する。

ブリティッシュ・エアウェイズのピープルストラテジー・組織開発訓練担当ヘッドのTanya Mohamoodally氏はこのプログラムの目標について以下のように語った。
「われわれの目標は、当社のジャーニーの次の段階を通じてビジネスの舵取りに必要となるスキルを現在および将来のリーダーに身に着けてもらう世界クラスの育成プログラムを開発することである。業界はここ数カ月に前例のない混乱に直面したが、現在は、当社のリーダーの支援と人材パイプラインの強化に投資することが重要であるとの思いをこれまで以上に深めている」

CappfinityのリーダーシップアセスメントのタレントプラクティスディレクターであるCeline Floyd氏はこのプログラムについて以下のように語った。
「ブリティッシュ・エアウェイズは、リーダーシップの可能性を引き出し、リーダーが前途に待ち受ける課題の舵取りをし、職務の将来の成長を確保することに役立つ重要な長所を育成することに乗り出しており、同社と提携できることをうれしく思う。ストレングス(強み)をベースとする当社のAltitudeソリューションは柔軟性があり、これは、われわれがスケーラブルでデータ主導型のアプローチを提供し、後継者育成、社内異動、タレントマッピングを含む幅広い重要プロセスを支援できたことを意味している。今回の提携がこの4年間で達成できることを見るのを楽しみにしている」

▽Cappfinityについて
Cappfinityは、ストレングスベースのアセスメントのグローバルリーダーであり、受賞歴のある採用および育成ソリューションを先見の明がある企業に提供する。英国、米国、アイルランド、オーストラリアの当社チームは、当社の共有目標「Stengthening the World」のサービスで、200以上の組織と数百万の個人との提携を誇る。

 
ソース:Cappfinity

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ