プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Digimarc Corporation

Digimarc Corporationがプロダクトクラウド企業のEVRYTHNG Limitedを買収へ

AsiaNet 93050 (2858)

【ビーバートン(米オレゴン州)2021年11月15日PR Newswire=共同通信JBN】
*DigimarcとEVRYTHNGが、世界で最も強力な製品識別エンジンと業界で最も先進的な製品インテリジェンスクラウドプラットフォームを統合

新世代のデジタル識別と検知ベースのソリューションを推進するDigimarc透かしのクリエーターであるDigimarc Corporation(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3358453-1&h=1804830954&u=http%3A%2F%2Fwww.digimarc.com%2F&a=Digimarc+Corporation )(NASDAQ:DMRC) は15日、プロダクトクラウド企業である EVRYTHNG Limited(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3358453-1&h=2475986765&u=http%3A%2F%2Fwww.evrythng.com%2F&a=EVRYTHNG+Limited )を株式譲渡によって買収することで最終契約を結んだと発表した。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/461519/digimarc_logo.jpg

DigimarcのRiley McCormack最高経営責任者(CEO)は「この買収により、顧客に当社の完全なソリューションセットを提供することができる。テクノロジー製品の価値を決定する最大の要因は、その製品が顧客の問題をどれだけ解決できるかということだ。Digimarcの固有で先進的な識別手段を、パイオニアでもあり、あらゆる識別手段を用いる製品アイテムのビジネスインテリジェンスの最先端サプライヤーに組み合わせることで、当社はいま、顧客のために新たなソリューションを解き放ち、Digimarcジャーニーを強化する独自の立場にいる」と述べた。

EVRYTHNGは、プロダクトクラウドというカテゴリーのマーケットリーダーであり、パイオニアでもある。すべての製品アイテムをウェブ上のActive Digital Identity(TM)にリンクさせ、可視性、検証、リアルタイムインテリジェンス、人とのつながりのために、バリューチェーン全体の商品データを結合する。

より持続可能で、より透明で、より安全なサプライチェーンを可能にすることから、消費者が製品の真正性やパッケージのリサイクル性を検証できるように後押しすることまで、Digimarcのユニークな識別手段とEVRYTHNG Product Cloud(R)を組み合わせることで、製品のライフサイクル全体からトレーサビリティーデータを収集して適用することが可能になり、アイテムレベルのリアルタイムなインテリジェンスと分析を通じてエンドツーエンドの可視性と真正性を解き放つ。

EVRYTHNG社のNiall Murphy最高経営責任者(CEO)兼共同創業者は「われわれの製品ソリューションとテクノロジーの能力は、直接的に補完し合い、自然に結びついているだけでなく、チームとしての実行、大胆な目標へのコミット、優れた人材による真のイノベーションに焦点を当てることで、われわれの企業価値と文化は深く一致している。当社は、Digimarcのチームに参加して、製品データを活用したソリューションで顧客の重要なニーズに応えることができることに興奮している」と述べた。

今回の買収により、両社の地理的なフットプリントが拡大する。EVRYTHNGは、ロンドンを拠点とし、ニューヨーク、北京、ミンスク、ローザンヌにオフィスを持ち、北米で大きな成功を収めている。一方、Digimarcは、米オレゴン州ポートランドを拠点とし、欧州全域で顧客基盤を拡大している。

▽提案されている買収についての詳細
Digimarcは、同社の普通株式を対価として EVRYTHNGを買収する。この提案された取引は、一定の完了条件の充足または放棄を条件とし、2022年1月に完了する予定。

買収の条件に関する追加の詳細および情報は、Digimarcが米国証券取引委員会に提出するForm 8-Kによる最新リポートで入手できる。

▽Digimarcについて
Digimarc Corporation(NASDAQ:DMRC)はパッケージング、商業プリント、デジタル画像を含むメディアの電子透かしソリューションと自動識別のパイオニアかつリーダーである。Digimarcは顧客が現実ならびにデジタルのサプライチェーンにわたる効率性、正確性、安全性を推進することを支援する。より詳しい情報はwww.digimarc.com を参照し、 LinkedIn(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3358453-1&h=3094495592&u=https%3A%2F%2Fwww.linkedin.com%2Fcompany%2Fdigimarc%2F&a=LinkedIn )およびTwitter(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3358453-1&h=1335519073&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fdigimarc&a=Twitter )で当社のフォローを。

▽EVRYTHNGについて
EVRYTHNG Product Cloud(R)は、グローバルな消費財ブランドが、自社製品が知っていることを知ることで、差別化した事業を行うことを支援している。EVRYTHNG Product Cloud(R)は、すべての製品アイテムをウェブ上のActive Digital Identity(TM)にリンクさせ、可視性、検証、リアルタイムインテリジェンスのためにバリューチェーンのすべてのポイントで製品データを結合し、人々をつなげる。EVRYTHNGは、世界経済フォーラムのグローバルイノベーターである。創業者たちはWeb of Thingsを生み出した。詳細は、EVRYTHNG.com および @EVRYTHNG を参照。

ソース:Digimarc Corporation

▽問い合わせ先
Lara Burhenn
Lara.Burhenn@digimarc.com
+1 503-469-4704

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ