プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ファーウェイ(Huawei)

2020-2021年のデジタルトランスフォーメーションにおける企業の優れた例:China MobileのFusionDCデータセンター

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111163437-O1-cn3Yek2q

AsiaNet 93057 (2862)

【深セン(中国)2021年11月15日PR Newswire=共同通信JBN】CCID Consultingが主催した2021 Information Technology(IT)Market Annual Conference(2021年情報技術(IT)市場年次会議)で、ファーウェイ(Huawei、華為技術)の次世代プレハブ式モジュール型データセンターソリューションを用いて建設されたChina Mobile(陝西)FusionDCデータセンターが「Outstanding Enterprise Case for Digital Transformation 2020–2021(2020-2021年のデジタルトランスフォーメーションにおける企業の優れた例)」に選ばれた。この賞はCCID Consultingが発表した「2020–2021 Next Generation Information Technology List(2020-2021年次世代情報技術リスト)」に含まれるもので、ファーウェイ・データセンター施設の製品、ソリューション、展開における技術アーキテクチャーとビジネスモデルの優位性が評価された結果として受賞した4つの賞のうちの1つである。

デジタルトランスフォーメーションのインテリジェントな基盤として、この新しいChina Mobile(陝西)FusionDCデータセンターは陝西省をはじめとして、より広範な中国北西地域での情報通信技術(ICT)発展を促進し、科学技術のさらなる進展と幅広い経済・文化の開発を支える。

ファーウェイの次世代プレハブ式モジュール型データセンターソリューションは、人工知能(AI)のより広範な使用、プレハブ式モジュール設計、全面的なデジタルのライフサイクル管理といった、あらゆる革新的技術を統合している。ITと電源モジュールから温度管理とスマート管理プラットフォームに至るまで、全ての中核サブシステムは工場で事前に統合・テストされ、フルスタックコンバージェンスを達成している。この建設方式は建設に要する時間が大幅に短くなり、キックオフから本番稼働までの全プロセスが僅か6カ月に短縮される。データセンターの建設にインテリジェンスとプレハブ式を組み合わせるファーウェイ独自のアプローチは、しばしば「インテリジェント+プレハブ式」と呼ばれる。China Mobile(陝西)FusionDCデータセンターはそのメリットを享受し、スマートであるばかりでなくグリーンでもある。電力消費は最小限を維持し、電力利用効果(PUE)は8%に改善した。これによりデータセンターのライフサイクル全体で5760万kWhという大幅な省エネを実現、3万7000本の植樹に相当する2万7000トンの二酸化炭素排出量を削減する。

さらに間接蒸発式冷却システムにより、自然で自由な冷却資源の活用が最大化されて年間PUEを1.25以下にし、従来の冷水ソリューションよりも省エネを実現する。その他にも、統合パワーモジュールソリューションは電力供給と配電の効率を3%以上改善し、コスト削減、効率化、プロセスの最適化を実現する。

China Mobile(陝西)FusionDCデータセンターは、予知保守、リアルタイムのエネルギー効率最適化、運用・保守整備(O&M)効率の向上、リソースの活用など、多数のAI機能も統合している。

ファーウェイはパートナーと共に、シンプルでグリーン、スマートで信頼性の高いデータセンターを革新・建設することに全力で取り組んでいる。

▽ファーウェイについて
1987年創業のファーウェイは情報通信技術(ICT)インフラストラクチャーとスマートデバイスの大手グローバルプロバイダーである。当社には19万7000人以上の従業員がおり、170以上の国と地域で事業を展開、世界中の30億人以上にサービスを提供している。

当社のビジョンと使命は、全ての人、家庭、組織にデジタルをもたらし、完全に接続されたインテリジェントな世界を実現することである。そのために、ユビキタス接続を推進してネットワークへの平等なアクセスを促進し、クラウドと人工知能を地球の隅々にまで導入して必要な時に必要な場所で優れたコンピューティングパワーを提供し、あらゆる産業や組織がより俊敏、効率的、ダイナミックになるのを支援するデジタルプラットフォームを構築し、AIによりユーザー体験を再定義して自宅、オフィス、外出先など生活のあらゆる場面で人々に、よりパーソナライズされたユーザー体験を提供していく。より詳しい情報はファーウェイをオンライン(www.huawei.com )で参照するか、以下でフォローを。

http://www.linkedin.com/company/Huawei
http://www.twitter.com/Huawei
http://www.facebook.com/Huawei
http://www.youtube.com/Huawei

ソース:Huawei

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=407590
(画像説明:China Mobile(陝西)FusionDCデータセンター)

China Mobile(陝西)FusionDCデータセンター
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ