プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ハイドリック&ストラグルズ(Heidrick and Struggles International, Inc.)

ハイドリック&ストラグルズが新たな最高法務責任者兼秘書役を任命

AsiaNet 93054 (2861)

【シカゴ2021年11月15日PR Newswire=共同通信JBN】グローバル・リーダーシップ・アドバイザリーとオンデマンド人材ソリューションの最高のプロバイダーであるハイドリック&ストラグルズ(Heidrick and Struggles)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3359007-1&h=1930456078&u=https%3A%2F%2Fc212.net%2Fc%2Flink%2F%3Ft%3D0%26l%3Den%26o%3D3268494-1%26h%3D2870889604%26u%3Dhttp%253A%252F%252Fwww.heidrick.com%252F%26a%3DHeidrick%2B%2526%2BStruggles&a=Heidrick+%26+Struggles )(Nasdaq: HSII)は15日、Tracey Heaton氏を新たな最高法務責任者兼秘書役に同日付で任命したと発表した。

Heaton氏はこれまで、Visa Inc.で上席副社長兼主席顧問弁護士を務めていた。同社では合併、買収・戦略的ベンチャー投資、証券・公開会社報告、ESG(環境・社会・ガバナンス)、財務・資金管理、マーケティング・財政支援、グローバル組織管理など、複雑な商取引と法人分野に関して会社にアドバイスした。在職期間中、同氏は買収やパートナーシップを通じた同社の戦略的成長を推進し、多数の利害関係者グループとの関係深化で重要な役割を果たした。

ハイドリック&ストラグルズのKrishnan Rajagopalan社長兼最高経営責任者(CEO)は「われわれが一連の将来を見据えたサービスと革新的で技術主導の能力拡大を続けていくなかで、Tracey Heaton氏の商務、法人、電子商取引技術分野における実証された世界的な経験は、進行中の当社の成長と成功にとって非常に有益なものとなろう。Tracey Heaton氏を当社に迎えることができて喜んでいる。同氏の顧客中心のアプローチと徹底した専門知識は、当社のチームや顧客にも務めを果たすことになろう」と語った。

Heaton氏は「ハイドリック&ストラグルズはサーチ、リーダーシップ・アドバイザリー、オンデマンド人材ビジネスの規模と影響力の拡大を目指しており、刺激的な変革の旅の最中にある。こうしたきわめて重要な時期にこの会社に加わることができてうれしく思う」と述べた。

Heaton氏はVisaの前にNYSE Euronext Inc.で取締役副社長兼副法務総括責任者を、United Technologies Corporation.で副法務総括責任者を務めた。同氏は以前には、ニューヨークと香港を拠点としながら、Milbank, Tweed, Hadley and McCloy, LLPの企業グループと、Dechert LLPの法人部門で共同経営者としての役職も歴任した。

▽ハイドリック&ストラグルズ(Heidrick & Struggles)について
ハイドリック&ストラグルズ(Nasdaq:HSII)は、グローバル・リーダーシップ・アドバイザリーとオンデマンド人材ソリューションの最高のプロバイダーで、世界トップクラスの組織の上級レベル人材とコンサルティングのニーズに応えている。信頼できるリーダーシップ・アドバイザーとして、クライアントと提携して将来に備えたリーダーと組織を開発し、エグゼクティブ・サーチ、多様性と包摂性、リーダーシップの評価と開発、組織とチームの加速、カルチャーシェーピング、オンデマンドの独立系人材ソリューションにサービスやオファリングを集中している。ハイドリック&ストラグルズは65年以上前にエグゼクティブ・サーチという職業を開拓した。当社は今日、統合された人材・人的資源ソリューションを提供し、クライアントが世界と1つの経営陣を同時に変える手助けをしている。(R) www.heidrick.com

▽メディア関係問い合わせ先
Nina Chang
nchang@heidrick.com

ソース:Heidrick and Struggles International, Inc.

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ