プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通テック

電通テックが制作した青森県の観光プロモーション広告が、「第37回読売広告大賞」にて準グランプリを受賞!

2021年11月16日
 株式会社 電通テック

 株式会社電通テックが制作した青森県の観光プロモーション広告が、「第37回読売広告大賞」(主催:読売新聞社)にて準グランプリを受賞いたしました。
 新型コロナウイルスの影響で観光需要が減少するなか、潜在的な青森県の観光需要獲得に向けたブランドイメージ作りと、世界遺産登録を目指していた「北海道・北東北の縄文遺跡群」*1に関連して「縄文=青森」のイメージをお持ちいただけるよう、青森県の自然や優しい空気感を伝えるとともに、感染症収束後における旅行の契機となるようなキャンペーン検索を促す情報を盛り込んだクリエイティブを制作いたしました。

 「読売広告大賞」は、2020年4月1日から2021年3月31日の間に読売新聞にて掲載された広告を対象にクリエイティブや話題性といった視点で選定。「Society」(官公庁団体・エネルギー・教育)や「Taste」(飲料・嗜好品・食品)などの8部門で構成され、グランプリをはじめ計22作品の受賞作が選出されました。

【第37回読売広告大賞 受賞概要】
■受   賞 :準グランプリ
■広告主名:青森県 
■対象媒体:2020年10月24日/全国版/朝刊/30段
■担当者:
AD:川原田俊(第1AC事業部)
D:三浦優大/CP:水野里美、高田真帆(CXデザイン室)

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111123279-O1-jCm1U5X8

*1:「北海道・北東北の縄文遺跡群」について:(2021年7月27日に世界遺産一覧表記載決定済)
https://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kikaku/sekaiisan/sekaiisan-touroku2021.html

*2:「第37回読売広告大賞」受賞作ページ:
https://adv.yomiuri.co.jp/adv/award/yaa/select/works/37/
 
 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ