プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

TKS Exhibition Services Ltd

2022年香港国際旅行展は観光回復と実証済みの柔軟なオンサイト/オンラインサービスを促進

AsiaNet 93008

【香港2021年11月16日PR Newswire】香港唯一の旅行展示会は7月末、成功裏に開かれたが、第36回ITE(国際旅行展)は2022年6月9日から12日まで、香港コンベンション&エキジビションセンターで開催される。TKSが主催するITEは、中国文化観光省や香港政府観光局などが後援している。

今回も、ITEの最初の1日半は入場が登録済みの業界関係者に限定され、その後一般来場者が入場券を購入して入場し、次いで小売販売が認められる。

小規模にもかかわらず、ITE 2021は品質を維持した。業界/MICE関係者2544人、一般来場者2万7106人、約3分の2となる海外出展社100社以上を引き付けた。最大級のパビリオンは中国本土、台湾、そして約10県の15スタンドを擁する日本のものだった。パンデミック後の旅行に向けた新テーマのグランピング、アウトドア、グリーン、スポーツツーリズムのパビリオンが人気を集めた。

その他の人々はオンラインでITEに参加したが、その中にはZOOM経由で会場内のビジターと会った海外出展者や、Facebookでセミナーのライブストリーミングを見守った会場外のビジターが含まれる。

ITE 2021では、出席者の多いセミナー約50件は主に海外からのもので、そこでの調査では、大幅に抑圧されていた旅行需要の回答4514件を受け取った。旅行規制が解除されたら、21%が1カ月以内に、69%は6カ月以内に海外旅行するとし、60%は来年の旅行予算を維持するか増やすと回答した。重要なことだが、香港は市民の海外旅行を禁止していない。

パンデミック以前の2019年、香港はアウトバウンド旅行に269億米ドル消費し、世界12位の市場にランクされた。毎年200万人以上の香港市民が日本を訪問している。

メディアは最近、香港政府が2月にかなり実質的に、主権返還記念日の7月1日までに全面的に中国本土境界の再開を望んでおり、行政長官が来年後半にグローバル旅行に門戸を開くと言明したと報じた。従って、ITE 2022はより多くの海外出展社、大湾区各都市のバイヤーが見込まれる。

ワクチン接種が広がり、より多くの国や地域が海外旅行者に境界を再開する中、ITE 2022はタイミングよく観光回復を促進する。

ITE 2022は今回も政府補助金を受ける資格を得ており、全出展社のブースレンタル料が2021年12月30日までの支払いは20%、その後は10%割引される。また、ITE 2022は旅行規制の不確実性に対応して、実証済みのオンライン/オンサイトソリューションの利用が可能である。ウェブサイト:www.itehk.com

 
問い合わせ先
TKS Exhibition Services Ltd
travel@tkshk.com
+852-31550600

 
(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ