プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ロックウェル・オートメーション(Rockwell Automation)

ロックウェル・オートメーションが新しいリモートアクセスソリューションを発表

AsiaNet 92949

ロックウェル・オートメーションが新しいリモートアクセスソリューションを発表

このソリューションを使用することで、機械・装置メーカはどこからでも機器のトラブルシューティングができるようになり、顧客のダウンタイムを短縮します

【シンガポール2021年11月16日PR Newswire】

世界的なパンデミックの間、機械・装置メーカは顧客との間でリモート接続を行い、新型コロナウイルス感染症拡大を防ぎ、出張やサービス対応時間、そして顧客のダウンタイムを減らしてきました。機械・装置メーカはロックウェル・オートメーション(Rockwell Automation)が提供する新しいリモートアクセスソリューション(https://www.rockwellautomation.com/en-us/products/software/factorytalk/operationsuite/remote-access.html )を使うことで、リモートアクセスのメリットをこれまでより容易に実現できます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111163398-O1-Ab2ZSc0F

このソリューションは、機械・装置メーカ各社が機器にリモートからアクセスしてサポートする上で必要なものすべてをパッケージにしています。

*クラウドベースのFactoryTalk Remote Accessソフトウェアを使うことで、顧客の機器への安全な接続を管理、設定、開始できます。

*Stratix 4300リモートアクセスルータを顧客サイトに設置し、機器へのリモートアクセスを提供します。

このリモートアクセスソリューションは、多要素認証や暗号化されたプロトコルなど、堅ろうなセキュリティ機能を備えています。現場スタッフがリモート接続を制御することができ、現場が許可した場合にのみ接続することができます。

このソリューションはイーサネット(Ethernet)のポートが利用できれば、既存アーキテクチャーに変更を加える必要はないので、実装が容易です。

ロックウェル・オートメーションのプロダクトマネジャーであるジュリー・グエンは「パンデミック中、現場訪問を減らすためにリモートアクセスを採用した機械・装置メーカ各社は、それがコスト削減や顧客のニーズへの迅速な対応にも役立つことに気づきました。現在、リモートアクセスのニーズは高まっており、当社は、堅ろうなセキュリティとシンプルな実装をサポートします」と述べました。

リモートアクセスソリューションにより、現在および将来のリモートサポートのニーズを満たすことができます。ルータは現在のデータ要件をサポートしています。またAllギガビットポートがあるため、必要に応じてより多くの帯域幅を必要とするリモートサポート機能にも対応できます。

このソリューションは、石油・ガスや鉱業・金属・セメント産業のように、遠隔地で訪問が困難な場所での作業のサポートに最適です。また、同ソリューションは長距離を移動して機器をサポートする必要がある一般消費財産業のサポートを容易にすることができます。

さらに、このソリューションを利用して、バーチャル試運転やリモートファームウェア管理など、顧客サポートの方法を再構築することができます。

機械・装置メーカ向けに設計されたこの新しいソリューションは、ロックウェル・オートメーションが提供する最新のリモートアクセス製品です。その他にも、当社は24時間365日のリモートアプリケーション監視や、メンテナンスの課題への対処を支援するサポートサービスなど、幅広いリモートアクセスサービスを提供しています。また、リモート脅威検知サービスは、製造ネットワークトラフィックの最も深いレベルでサイバーセキュリティの脅威を監視、検知、対処することに役立ちます。

ロックウェル・オートメーションについて
ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、産業用オートメーションおよびデジタルトランスフォーメーションのグローバルリーダーです。人々の創造力とテクノロジの潜在力を結びつけることで人の可能性を広げ、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約24,000名の従業員が、世界100カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。製造業におけるコネクテッドエンタープライズ実現の詳細は、当社ホームページをご覧ください。https://www.rockwellautomation.com

FactoryTalk、FactoryTalk Remote Access、Rockwell Automation、StratixはRockwell Automation Inc.(ロックウェル・オートメーション)の商標です。

 
(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ