プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ヤマトホールディングス株式会社

「宅急便をスマホで送る」がWeb領収書とAppleウォレットに対応 

2021年11月15日
ヤマト運輸株式会社

「宅急便をスマホで送る」が Web領収書とAppleウォレットに対応 ― 経理業務のペーパーレス化に対応し、立替払いでの発送も便利に ―

ヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:長尾裕)は、宅急便の発送手続きをスマートフォン(以下、スマホ)で完結できるサービス「宅急便をスマホで送る」に、2021年11月15日(月)から、Web領収書ダウンロード機能とAppleウォレットへの対応を開始しました。これにより、経理業務のペーパーレス化への対応と、テレワークなどで増えている立替払いでの発送時の利便性向上を支援します。

1. 背景と目的
2019年9月から提供を開始した「宅急便をスマホで送る」は、送り状の作成から運賃のオンライン決済   
まで、宅急便の発送手続きをスマホの専用サイトで完結できるサービスです。お客さまは送り状の手書き
が不要になり、事前に予約した2次元コードを店頭でかざすだけで荷物の発送ができます。近年、テレ
ワークの普及などにより、お客さまが会社の荷物を立替払いで送るケースが増えています。また、2022
年1月から改正電子帳簿保存法が施行されるなど、経理業務のペーパーレス化が進んでいます。これまで
は、お客さまが領収書を希望される場合、都度手書きの領収証を発行していましたが、Web領収書ダウ
ンロード機能を追加したことにより、立替払いでの発送時もスマホで簡単に領収書をダウンロードできま
す。また、経理業務のペーパーレス化に対応し、企業における紙の使用量削減や経理業務の効率化にも貢
献します。
さらに、Appleウォレットに対応したことで、荷物の発送予定日に予約店舗へ近づいた際に、Apple社製
端末の画面上に荷物情報の通知を表示できます。これにより、通知からワンタッチで荷物情報の2次元
コードを表示することが可能です。

2. 追加機能
(1)Web領収書
「宅急便をスマホで送る」の履歴画面から、ご利用分の領収書をPDFでダウンロードし、お客さまご自身のスマホに保存することができます。

 <Web領収書の対象となる荷物>
   サービス開始日(2021年11月15日)以降に
    ⓵オンライン決済が完了した荷物
    ②発送予定日から13か月以内の荷物
    ※Web領収書の発行回数に制限はありません。ただし、2回目以降の発行は「(再発行)」と記載されます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111123284-O8-58AFb1zu

 
(2)Appleウォレット
Apple社が提供するiPhone(iOS 9.0以上)アプリケーション「Appleウォレット」にて、「宅急便をスマホで送る」で荷物の発送予約をした2次元コードを管理できるようになります。Appleウォレットのパスに追加することで、発送予定日に予約店舗へ近づくと、Apple社製端末の画面上に通知が表示され、ワンタッチで発送用の2次元コードを表示することが可能です。

※ iPhone、Walletは米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※ サービスの詳細は、以下URLをご確認ください。
  URL:https://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/send/sp/

3. サービス開始日
    2021年11月15日(月)

                                         以上

 
<参考プレスリリース>
宅急便新サイズやレジャー向け商品の発送手続きもスマホで完結(2021年9月27日)
https://www.yamato-hd.co.jp/news/2021/newsrelease_20210927_1.html

【お問い合わせ】
<一般の方>
ヤマト運輸株式会社 コールセンター TEL:0120-01-9625 
「宅急便をスマホで送る」お問い合わせフォーム 
https://form.kuronekoyamato.co.jp/form/taqtoi

サービスの流れイメージ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ