プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Volocopter GmbH

Volocopterが韓国で初の有人エアタクシーのテストフライトを実施

AsiaNet 92978 (2817)

【ブルッフザール(ドイツ)2021年11月11日PR Newswire=共同通信JBN】ドイツのアーバンエアモビリティー(UAM)のパイオニア企業Volocopter(https://www.volocopter.com/ )は、韓国のソウルで同社の2X航空機による初のテストフライトを完了した。これは、完全電動垂直離着陸(eVTOL)エアタクシーの韓国初の有人公開テストフライトである。韓国の国土交通部(MOLIT)のNoh Hyeong Ouk長官がこの歴史的なテストフライトに立ち合い、エアタクシーを世界に導入するVolocopterの計画における重要な節目を示した。

5分間のテストフライトは金浦国際空港で行われ、約3キロを飛行し、最大高度50メートル、最大時速45キロを達成した。

VolocopterのFlorian Reuter最高経営責任者(CEO)は「MOLITの包括的なK-UAMロードマップによって、韓国は2025年までにUAMの商用化目標を達成できる態勢を整えている。われわれは11日、韓国初の有人公開eVTOLテストフライトを実施し、エアタクシーの将来が今ここにあることをVolocopterの航空機であらためて実証できたことを大変誇りに思う。UAM業界のパイオニアとして、われわれは政府機関および民間セクターの仲間やパートナーと緊密に協力してUAMを韓国で実現できることを楽しみしている」と語った。

Michael Reiffenstuel駐韓ドイツ大使は「韓国とドイツは、1世紀以上にわたる緊密な関係を持っている。われわれは、分断国家という共通経験に加え、貿易、教育、技術における強力な関係によってつながっている。われわれは、デジタル化、eコマース、アーバンエアモビリティーなどの新規セクターで協力を深めることを大いに歓迎している」と語った。

シンガポールのマリーナベイ地域で2019年に初の公開テストフライトのトライアルに成功したこと(https://www.volocopter.com/newsroom/volocopter-air-taxi-flies-over-singapores-marina-bay/ )に次いで、ソウルはVolocopterがテストフライトを実施したアジアで2番目の都市である。

Volocopterは、乗客(VoloCity(https://www.volocopter.com/solutions/volocity/ )VoloConnect(https://www.volocopter.com/solutions/voloconnect/ ))と製品(VoloDrone(https://www.volocopter.com/solutions/volodrone/ ))を輸送できる一連の航空機によって、UAMセクターをリードしている。欧州航空安全機関から設計・生産組織認定を受けた唯一のeVTOL企業である。

Volocopterは天候がよければK-UAM Confex 2021(http://k-uamconfex.com/ )の期間である11月16日に、仁川空港で公開テストフライトを実施する予定である。

▽Volocopterについて
Volocopterは世界初の持続可能でスケーラブルなアーバンエアモビリティー事業を構築し、世界中の大都市に商品と乗客用の手頃な価格のエアタクシーサービスを提供する。Volocopterは、インフラストラクチャー、オペレーション、航空管制管理をリードし、パートナーと協力して「Bring Urban Air Mobility to Life(アーバンエアモビリティーの実現)」に必要なエコシステムを構築している。Volocopterは、ブルッフザール、ミュンヘン、シンガポールのオフィスで400人を雇用している。同社は、ダイムラー、Geely、DB Schenker、BlackRock、Intel Capitalをはじめとする投資家から株式で総額3億2200万ユーロを調達した。www.volocopter.com

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1685775/Volocopter_South_Korea.jpg

ソース:Volocopter GmbH

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ