プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

EY Japan株式会社

EY Japan 貴田守亮 チェアパーソン兼CEOが「100 LGBT+ エグゼクティブ」第1位に選出

多様性の変革を推進しているリーダーを選出した 「OUTstanding LGBT+ Role Model Lists 2021」

EY Japanは、INvolve社(※本部:英国)が毎年公開している「OUTstanding LGBT+Role Model Lists」の2021年度版において、EY Japan チェアパーソン兼CEO の貴田守亮(きだ もりあき)が「100 LGBT+ エグゼクティブ」第1位に選出されたことをお知らせします。 

「OUTstanding LGBT+ Role Model Lists」 は、職場におけるLGBT+インクルージョンを通じて、ビジネスの多様性と変革を推進しているリーダーとアライ(支援者)を紹介する取り組みです。

「100 LGBT+ エグゼクティブ」の第1位に選出された貴田は、EYのLGBT+とアライのためのグローバルなネットワークである「Unity」のエグゼクティブ・スポンサーとして積極的に活動し、LGBT+が働きやすい職場づくりのための活動を牽引しています。また、一般社団法人Marriage For All Japan主催の衆議院院内会議マリフォー国会での提言やLGBT+フレンドリーな社会構築を目指すさまざまなNPOの支援、国内外の企業と大学でD&Iに関する講演を行うなどの幅広い活動が認められました。今回は4度目のランクインであり、昨年は第2位、そして今年は第1位に選出されました。

受賞について貴田は、次のように述べています。
「多様な分野でご活躍されているリーダーの皆さまの中で100 LGBT+ エグゼクティブ第1位に選出されたことをとても名誉に思います。しかし、本賞は長年日本や世界でLGBT+の方々のために献身的に活動されてきた皆さまが、より相応しいと考えております。また私が上記の活動に取り組めたのは、EYメンバーおよび数々のNPO法人のご支援があってのことです。皆さまに感謝の意を表したいと思います。
EYのパーパス(存在意義)は、Building a better working world(より良い社会の構築を目指して)です。より良い社会とは、インクルーシブ(包摂的)で持続可能な経済成長が実現される社会だと思います。誰一人として取り残されることのない成長のために、採用、育成、評価、登用などのあらゆる機会やプロセスが、多様な人材に公正(equitable)に与えられるように見直していきます。例えば、日本では先進国のなかで唯一、LGBT+の人権を守る法律や同性婚がありません。そのため、有望な若いLGBT+人材が海外に活躍の場を移すなど、人材の流出につながっています。また、海外の優秀なLGBT+人材を招聘することを難しくしています。これは企業のグローバルな競争力を阻害するだけではなく、日本の成長力にも影響が及びます。日本におけるLGBT+に関する法律の実現に向けて企業として、個人としても積極的に支援していきたいと考えています。こうした公正を担保していく取り組みは、EYが掲げる『LTV(Long-term Value、長期的価値)ビジョン』を実現し、あらゆるステークホルダーに長期的価値をもたらすものと確信しています。また何よりも次世代がありのままに、のびのびと活躍しながら暮らせると思えるWell-being(ウェルビーイング)な社会の構築を目指してまいります」

詳細は以下よりご覧ください。
INvolve OUTstanding – OUTstanding LGBT+ Role Model Lists (involverolemodels.org)

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111103174-O1-9IO5U6Lg

〈EYについて〉
EY | Building a better working world
EYは、「Building a better working world(より良い社会の構築を目指して)」をパーパスとしています。クライアント、人々、そして社会のために長期的価値を創出し、資本市場における信頼の構築に貢献します。
150カ国以上に展開するEYのチームは、データとテクノロジーの実現により信頼を提供し、クライアントの成長、変革および事業を支援します。
アシュアランス、コンサルティング、法務、ストラテジー、税務およびトランザクションの全サービスを通して、世界が直面する複雑な問題に対し優れた課題提起(better question)をすることで、新たな解決策を導きます。

EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバルネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。EYによる個人情報の取得・利用の方法や、データ保護に関する法令により個人情報の主体が有する権利については、ey.com/privacyをご確認ください。EYのメンバーファームは、現地の法令により禁止されている場合、法務サービスを提供することはありません。EYについて詳しくは、ey.comをご覧ください。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ