プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ザイオソフト株式会社

ザイオソフト 日本呼吸器学会と 「COVID-19 後遺症に関する実態調査」での共同研究を開始

2021/11/10
ザイオソフト株式会社

ザイオソフト株式会社(東京都港区/ 代表取締役社長: 茅野 秀介)は、日本の3D 医用画像処理技術を牽引してきたリーディングカンパニーとして、医療現場のニーズに迅速に応えるべく、次世代医用画像のためのアプリケーション開発に取り組み、高度な画像処理ソフトウェアを発売しております。

このたび当社は、一般社団法人日本呼吸器学会(東京都文京区/ 理事長:横山 彰仁)との共同研究契約に基づき、同学会が厚生労働科学特別研究事業として実施する「COVID-19 後遺症に関する実態調査」において、当社の画像解析技術を用い、胸部コンピューター断層装置(以下CT) による定量評価を行ってまいります。

胸部CT によるCOVID-19 後遺症の経過の評価
    
新型コロナウィルス感染症においては、罹患後、退院後でも肺機能の低下や発熱、嗅覚異常などの症状で後遺症に苦しむ回復患者が多く、回復後の経過については不明な点が多いのが現状です。
COVID-19 の診断にはCT が用いられますが、COVID-19 によって引き起こされる肺炎は、すりガラス影や浸潤影( コンソリデーション)と呼ばれるエックス線吸収値(CT 値)が上昇する所見がみられることが知られており、従前の技術では体積を計測するのは困難とされています。本調査では当社が開発した間質性肺炎定量解析ソフトウェアを応用し、胸部CT から定量的な評価を行います。

当社の画像解析技術について

当社は、CT による撮影データから人工知能(AI)を用いて間質性肺炎をはじめとするびまん性肺疾患の病変の広がりを定量評価するソフトウェアを開発しています。このソフトウェアは胸部CT で撮影された画像を読み込み、機械学習を用いた自動処理により、人の手では分類が難しい病変の領域を定量化し表示します。この技術を応用し、COVID-19 に罹患し回復した症例の経過を定量的に評価することを支援します。

ザイオソフト株式会社について

当社は、ソフトウェア技術を追求し、より多くの医療現場の支援となる技術の開発に取り組んでいます。
当社製品は、国内医療施設における納入実績ではトップシェアを維持し、特に大学をはじめとする研究機関にも数多く納品され、多くの研究にも寄与しております。

会社概要
名称 :ザイオソフト株式会社   
所在地 : 〒108-0073 東京都港区三田1-4-28 三田国際ビル  
U R L : http://www.zio.co.jp/ 
事業内容 :コンピュータソフトウェア・ハードウェアの 開発、販売

人工知能(AI) を用いた間質性肺炎の定量評価
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ