プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Tableau

Tableauが1,000万人のデータ・ピープル養成を表明

AsiaNet 92915

Tableauの新たな取り組みで、データスキルが、少数の人のみの仕事からすべての人のスキルに

シアトル, 2021年11月9日 /PRNewswire/ — リーディング分析プラットフォームを提供するTableau (NYSE:CRM) は、今後5年間で1,000万人のデータ学習を支援する取り組みを発表しました。データリテラシーは昨今、組織にとってますます重要になってきています。CEOの83%*1 (https://c212.net/c/link/?t=0&l=ja&o=3348605-1&h=471477753&u=https%3A%2F%2Fwww.tableau.com%2Flearn%2Fwhitepapers%2Fidc-data-culture&a=CEO%E3%81%AE83%EF%BC%85 )は組織がよりデータドリブンであることを期待していますが、多くの場合、必要なデータスキルが不足しており、意思決定にデータ分析を活用しているのは従業員の33%しかいないのが現実です。

ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/1577190/TableauBiline_Logo.jpg  

データドリブンを目指している組織にとって、データを使用して作業、解釈、分析、および意思決定を行える人材を採用することは、かつてないほど重要です。Tableauが委託したForresterの調査レポート「データリテラシーの大きなギャップ:データスキルの需要が供給を上回る」*1 (https://www.tableau.com/sites/default/files/2021-06/Tableau_Data_Literacy_Report.pdf )では、採用担当者はデータリテラシーを、エントリーレベルの求職者に最も需要の高いスキルとして位置付けています。

Tableauのプレジデント & CEOのマーク・ネルソンは、次のように述べています。「私たちは今、データと分析の黄金時代にいます。組織における使用できるデータとそこへのアクセスは、かつてないほど拡大しています。組織は、この急速に変化する環境で俊敏性を維持し対応するには、データの力を活用する必要があることを理解しています。そういった組織にとって、ビジネスでの成功は、いかにトレーニングを行い、組織内の全員がより良い意思決定のためにデータを使用できるかどうかにかかっています」

データスキルの需要が供給を上回っているため、データスキルは、もはやデータサイエンティストや技術部門の人々に限って必須のものではなくなりました。真にデータドリブンの組織を構築するには、組織の従業員全体がデータに精通している必要があります。それにより組織はデータドリブンになり、 Tableau Economyが強化されます。組織、技術パートナー、世界のデータトランスフォーメーションをリードする人々の急成長しているエコシステムです。

今回の表明により、データリテラシーの格差を無くすというTableauの長年にわたる取り組みが加速され、人々が価値ある包括的なビジネスを成長させ、データドリブンな意思決定を行い、需要の高いスキルでキャリアを構築することを支援します。これにより、当社は現在のデータ教育への関与が200パーセント増えると予測しています。

ネルソンはまた、次のように述べています。「Tableauアカデミックプログラム、大学とのパートナーシップ、データリテラシーeラーニングは、すでに何百万人もの人々に活用されていますが、それはほんの始まりにすぎません。データスキルに対する世界の需要を満たすには、まだまだやるべきことがあります。今回の表明により当社は、1,000万人の人々が、キャリアをスタートしたり大きく変えたりするために必要な高度なスキルを習得できるよう支援することを約束します」

さらにスキル構築プログラムに残る障壁を克服するため、Tableau Foundationは、新たに500万ドルで複数年にわたり、ジェンダー平等に取り組む世界的な非営利団体を支援するプロジェクトを開始します。この助成金により、特にデータリテラシーの障壁に直面しているコミュニティにおいて、女性が重要なデータスキルを学ぶことを支援する組織をサポートします。

Tableauは、次のような新たなトレーニングや教育の機会を導入し、既存のプログラムを倍増して、あらゆるバックグラウンドや国の人々が重要なデータスキルを構築できるよう支援します:

・Tableauアカデミックプログラム (https://www.tableau.com/ja-jp/community/academic )の拡張:無料のソフトウェアライセンス、eラーニング、カリキュラムを提供し、世界中の教育者が教室で分析を教えることを支援します。このプログラムにより、学生がTableauでデータスキルを学ぶことを支援する新しいパートナーシップが構築されます。2011年以来、Tableauアカデミックプログラムは、200万人近くの学生および教育者に提供されています。

・新しいSalesforce Data Literacy Trailの導入:Salesforceのオンライン学習プラットフォームであるTrailheadを利用したオンラインデータスキル学習エクスペリエンス。Trailheadを使って、どこからでもスキルアップが無料ででき、SalesforceとTableauエコシステムでグローバルに認められたキャリアの証明書を得ることができます。今日まで、350万人近くが将来の仕事のために新しいスキルを学習することを Trailheadで支援してきました。

・新しいNGOや政府の能力開発の取り組みの紹介:世界中の人々にバーチャルトレーニングと教育を提供します。Tableauが最近発表したAll India Council for Technical Education(AICTE)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=ja&o=3348605-1&h=2746884034&u=https%3A%2F%2Fwww.tableau.com%2Fabout%2Fpress-releases%2F2021%2Ftableau-partners-all-india-council-technical-education-aicte-empower&a=All+India+Council+for+Technical+Education%EF%BC%88AICTE%EF%BC%89 )とのパートナーシップは、組織と提携して、あらゆる業界の人々がデータを使用して問題を解決し、意思決定を行うことを支援する例です。

・データ教育を実習プログラムに拡大:デジタルトランスフォーメーションおよびリーダーシップトレーニング組織と提携して、組織や個人のスキルアップとデータリテラシーの向上を支援するように設計された新たなインタラクティブコースを展開します。

・Tableau Desktop Specialist認定へのアクセスの拡大:データスキルトレーニングを提供し、求職者と仕事を結び付けるオンライントレーニング、認定プログラム、およびパートナーシップを通じて、拡大します。

・データ教育、メンターシップ、およびビジネス上のコネクションへの公平なアクセスに焦点を当てた学習パートナーへの意識向上:現代の経済界で仕事へのアクセスを増やし、効果的なキャリアパスを形成するデジタルスキルキャリアプログラムの大手プロバイダーであるPathstream (https://c212.net/c/link/?t=0&l=ja&o=3348605-1&h=2001206336&u=https%3A%2F%2Fwww.tableau.com%2Fcommunity%2Fblog%2F2021%2F7%2Ftableau-partners-pathstream-build-equitable-access-data-education&a=Pathstream )との協力を含みます。これらのプログラムは、技術的なスキルに加えて、キャリア相談、履歴書・面接の支援を提供し、採用担当者に候補者を紹介します。

・TableauのData Literacy for All (https://c212.net/c/link/?t=0&l=ja&o=3348605-1&h=225883780&u=https%3A%2F%2Fwww.tableau.com%2Flearn%2Fdata-literacy&a=Tableau%E3%81%AEData+Literacy+for+All )プログラムの認知向上:より多くの人々がデータの探索、理解、コミュニケーションを学ぶことを支援する拡張コンテンツを備えたプログラムです。

これらのプログラムは、Pathstream、Podium Education、All India Council for Technical Education(AICTE)、FourthrevなどのグローバルパートナーとTableauとの既存の関係に基づいて構築および拡張されています。

本件について、詳細は以下をご覧ください。https://www.tableau.com/about/data-skills-tableau-commitment 

Tableau(Salesforceグループ)について
Tableau はお客様がデータを見て理解できるように支援します。Tableauは、グローバルのリーディング分析プラットフォームとして、強力なAI、データ管理、コラボレーションを備えたビジュアル分析を提供します。Tableauの高度な分析は、個人からあらゆる規模の組織に至るまで世界中のお客様に利用されており、影響力のあるデータドリブンな意思決定をサポートしています。詳細については、www.tableau.com/ja-jp を参照してください。

Salesforceについて
グローバルCRMリーダーであるSalesforceは、あらゆる規模および業界の企業がデジタル的に変革し、顧客の360°ビューを作成することを可能にします。Salesforce (NYSE: CRM) の詳細については https://www.salesforce.com/jp/ を参照してください。

*1:Forrester research, sponsored by Tableau, The Great Data Literacy Gap: Demand for Data Skills Exceeds Supply

【報道関係からのお問合せ先】, Tableau 広報代理, アリソン・アンド・パートナーズ株式会社 担当:水本・山本, E-mail: Tableau_pr_japan@allisonpr.com

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ