プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Human Horizons

Human HorizonsがHiPhi Xの成功に続き、全く新しいデジタルGTのHiPhi Zを発表

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111093068-O1-I9b9eRi2

AsiaNet 92891 (2778)

【上海2021年11月8日PR Newswire=共同通信JBN】ニューモビリティーとインテリジェントドライビング技術で業界をリードする企業のHuman Horizons Group Inc.は今週、全く新しく、超未来的デジタルGTのHiPhi Zを公表する予定であると発表した。この新型GTは、デザイン面からはその95%が典型的な市販車で、2022年4月のBeijing International Automotive Exhibition(北京国際自動車展示会、北京モーターショー)で公式に展示されて購入予約を開始し、2022年内に量産・納車される予定。この車はHiPhi XスーパーSUVの大成功に続き、同社第2の主力車種になるだろう。

この新型GTはHiPhi Zと名付けられ、未来についての考え方と4次元空間のコンセプトからヒントを得ている。「XYZ」は空間の座標を表し、「T」は時間軸である。HiPhi ZはSFから出てきたかのように、XYZ-Tの空間と時間の従来概念を打ち破り、今、ここに未来をもたらす。視覚的に美しく、技術的にも洗練されたHiPhi Zは極めて多くの最先端技術を採用していると共に、Human Horizonsの特徴であるインテリジェントAIを装備し、車に命を与え、魂を吹き込んでいる。

Human Horizons創立者のDing Lei氏は今回の発表について「われわれHuman Horizonsは常に革新し、可能性の限界を押し広げることに取り組んでいる。当社はこの新車で、インスピレーションを得るために空間と時間の概念に価値を置き、科学、芸術、人間の想像力、そして感覚的な体験の間の関係性を描き、真に特別なものを創出する。主力車種であるHiPhi Zは、われわれがブランドに求めるもの全てを表し、われわれのように探求し、想像したいという欲求に駆り立てられる人々のために作られている」と述べた。

HiPhi Zの量産車は世界初のStar-Ring Intelligent Signal Display(ISD)ライトシステム、電磁式NTドア、アクティブエアロスポイラー、フレキシブル・プロテクティブホイール、そして業界初のシマリングトリム、インタラクティブ・ライティングバンド(ドアパネル上のアンビエント照明)、バックライトスクリーン(2Kパネル)を採用している。HiPhi Zの「デジタルの魂」を支えるのは、世界初の車載多軸変位デジタルロボット「HiPhi Bot」や、世界トップのゲームソフト企業Epic Gamesとのコラボレーションによる最先端の3Dレンダリング開発エンジン「Unreal Engine 5」である。これらの全てが、世界有数の自動運転アルゴリズムをサポートする、自社開発のスマート運転支援技術にプラスされる。

Human Horizonsは、企業として最新の技術革新とプレミアム品質で極上の快適性を一体化した自動車を作ることに専念し、自動車の新セグメント「TECHLUXE(R)」を定義している。HiPhi Zは将来的に、ユーザーに比類のない独自の運転体験を提供する、中国高級ブランドの新たな基準を設定し続けるだろう。

▽HiPhiについて
HiPhiはHuman Horizonsが創出し、同社のユーザーによって強化される高級ブランドである。HiPhiは軽量のハイブリッド・アルミニウム構造で、かつ持続可能な植物由来のレザーとリサイクル可能な素材を使用した電気自動車(EV)であり、Human Horizonの電気自動車製品が持つ持続可能な特性をさらに高めている。

▽Human Horizonsについて
Human Horizons Group Inc.は、革新的で優れたインテリジェントモビリティー技術、ならびに未来志向のスマート車両の商業化を研究・開発する目的で設立された。さらに、Human Horizonsはスマートシティーに不可欠であるスマート輸送技術を開発し、人間のモビリティーを再定義する。

ソース:Human Horizons

添付画像リンク先:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=406748
(画像説明:この新型GTは、デザイン面からはその95%が典型的な市販車で、2022年4月のBeijing International Automotive Exhibitionで公式に展示されて購入予約を開始し、2022年内に量産・納車される予定)

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=406750
(画像説明:この車はHiPhi XスーパーSUVの大成功に続き、同社第2の主力車種になるだろう)

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=406752
(画像説明:HiPhi Zの「デジタルの魂」を支えるのは、世界初の車載多軸変位デジタルロボット「HiPhi Bot」や、世界トップのゲームソフト企業Epic Gamesとのコラボレーションによる最先端の3Dレンダリング開発エンジン「Unreal Engine 5」である)

新型GTは2022年4月の北京国際自動車展示会で公式に展示され購入予約を開始
この車はHiPhi XスーパーSUVの大成功に続き、同社第2の主力車種になるだろう
HiPhi Zの「デジタルの魂」を支えるのは「HiPhi Bot」や「Unreal Engine 5」である
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ