プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Artmarket.com

Artmarket.com: 若手アーティストたちが見積金額を上回る活躍。Artpriceが詳しく調査します

AsiaNet 92832

Artmarket.com: 若手アーティストたちが見積金額を上回る活躍。Artpriceが詳しく調査します

パリ, 2021年11月8日 /PRNewswire/ — 2021年10月14日、ロンドンで威信ある現代アート作品のイブニングセールの開催直前に、サザビーズはFlora YukhnovichのキャンバスI’ll Have What She’s Having (2020年)に8万~11万ドルの見積価格を算出しました。しかし、この作品は最終的に300万ドル以上で落札されました。当初の見積よりも30倍も高い結果を正しいとする根拠は何もありませんが、勿論、入札者たちの純粋な競争心ではないにしろ、若手の創造性に対するアート市場の強い関心という近年の風潮を反映している言えます。実際のところ、こうした結果を論理的に説明したくても、この31歳のアーティストに関するArtpriceやサザビーズでの結果が非常に少な過ぎるのです。

Artmarket.comとそのArtprice部門のCEO兼創設者であるThierry Ehrmannは次のように語ります。「通常、アートは変動率の低い投資と考えられており、人々のセンスや好みの変化に伴い、長い時間をかけてその価値は成長を遂げてきました。しかし最近では、「レッドチップ」現象にこの理論が揺さぶられてきています。つまり、コレクターたちは、アート市場の新進気鋭のスターたちにすっかり熱を上げ、彼らの作品の価値は数千ドルから数百万ドルというように急速に値を上げるのです」。

人気を博す前に購入…

もしFlora Yukhnovich(1990年生) やJadé Fadojutimi(1993年生)をまだご存じでないとしても、無理はありません。実際のところ、あまり知られていないという点に、彼らの作品が高騰する理由がまさにあると思われるのです…そして、周知されると共に、彼らは人気を博さなくなるでしょう。常識に反するかもしれませんが、これらのアーティストたちに即座に高値が付くのは、最も権威ある現代アートギャラリーの本に彼らのことが載っていないことが原因と考えられます。これら若手アーティストたちの作品は、フィリップス、サザビーズ、クリスティーズであまり情報もないまま販売されています。

事実、キャンバスのI’ll Have What She’s Havingが描かれたのは2年ほど前の2020年になりますが、すでにパラフィンギャラリーで販売され、ロンドンのサザビーズで再販もされました。Artsyのオンラインプラットフォームでは、若手英国人画家のFlora Yukhnovich(31歳)をブルーチップアーティストとして紹介していますが、その理由は彼女が「国際的に認められているギャラリーで紹介された」からです。しかしArtpriceでは、彼女はより「レッドチップ」に近いアーティストであると考えています。「レッドチップ」という概念はジャーナリストのScott Reyburn(The Art Newspaper)が2021年1月に考案したもので、国際的なアートシーンに突如として現れた多くの若手アーティストたちを指す言葉です。

https://www.theartnewspaper.com/2021/01/08/blue-chip-artists-move-over-here-come-the-red-chips

第2市場における直近の作品

健康危機に伴い、オークションハウスは、長年にわたり専念してきた第2市場の限界を押し戻してきました。現在、モダンで古典的な作品よりも出来立てほやほやの作品(再販前2年未満に制作)のほうが数十万ドル、あるいは、数百万ドルといった金額を達成しやすいようです。そして、主要なオークショニアたちはフリッピング・ゲーム、つまり、若手で時流に乗ったアーティストたちの出来立ての作品を迅速に再販することに、次第に巻き込まれるようになってきました。 

こうした慣行は、ギャラリーとアーティストたち自身からも常々批判されてきました。急激な価格変動は需要と供給の脆弱なバランスを崩すと彼らは考えています。昨年、画家Amoako Boafo(ガーナ出身)は、彼の絵画がオークションで非常に投機的な目的で再販されることに関し不安と不満をブルームバーグに打ち明けました。

https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-02-12/hot-new-artist-laments-that-his-work-is-being-flipped-for-profit

新たな戦略…

2021上半期において、オークションハウスはBeeple、Larva Labs、PAK、Mad Dog JonesなどのNFTを販売することより飛躍的な一歩を踏み出しましたが、彼らのうちまだ誰も主要なギャラリーで紹介されていません。オークションハウスは、これらのアーティストたちと直接コラボレーションするだけでなく、利用可能なすべてのテクノロジーの恩恵を受けるべく特化されたプラットフォーム(Nifty GatewaysやOpenseaなど)とも手を組んできました。しかしながら、NFT市場には歴史がなく、オークションハウスから提供される見積金額は幾らか気まぐれなものでした。というのも、Beepleの5,000 daysは開始価格が100ドルに設定されていましたが、その作品にはなんと7,000万ドル近い値が付いたのです。

勿論、オークションハウスが第1次市場に参入するのは、これが初めてではありません。アーティストたちが「未公開」の数作品を寄付するという良い動機で開催するチャリティーオークションでは、オークションハウスは真新しい作品を提供してきました。2008年に販売されたDamien HirstとサザビーズによるBeautiful Inside My Head Foreverなど、たくさんの特殊なケースもあります。

NFTにより、オークションハウスはギャラリーを介すことなく、すでに膨大な需要があり、しかも非常に長期にわたり日の目を見ないままの作品を市場に投入することができるようになりました。このパラダイムシフトは、価格が急騰する可能性がある作品に対して、新しいバイヤーを魅了できるような作品を揃えるという大手オークションの幅広い戦略とぴったり一致します。事実、「NFT」と「レッドチップ」現象はこの新しい戦略を具体化したものと見ることができます。

画像: 
[https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2021/11/image1-artists-under-35.png]

[https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2021/11/image2-artprice-2021-contemporary-art-market-report.jpg]

Copyright 1987-2021 thierry Ehrmann www.artprice.com – www.artmarket.com

・統計と個別調査に関するご要望についてはエコノメトリクス部門までお問い 合わせください: econometrics@artprice.com

・弊社サービスを試す (無料デモ):https://www.artprice.com/demo

・弊社サービスの購読登録: https://www.artprice.com/subscription

Artmarket について:

Artmarket.comは、Euronext Paris、SRD long onlyおよびEuroclearによってEurolistに記載されています。7478 – ブルームバーグ:PRC – ロイター:ARTF。

ArtmarketとArtprice部門を動画で見る: www.artprice.com/video

Artmarketとその部門であるArtpriceは、1997年にCEO Thierry Ehrmannによって創立されました。Artmarketとその部門であるArtpriceは、1987年創立のServeurグループの管理下に置かれています。
Who’s who (C)内の公式バイオグラフィーを見る:

https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2021/06/Biographie_nov2020_WhosWho_thierryEhrmann.pdf

Artmarketはアート市場におけるグローバルプレイヤーです。Artpriceをはじめとするさまざまな部門を通じて、歴史的データと現在のアート市場の情報を収集、管理、活用する世界的リーダーとして、3,000万件以上のアート指標とオークション結果、77万人以上のアーティストをカバーしたデータバンクを有します。

Artprice Images(R)は、世界最大のアート市場イメージバンクのデータベース無制限アクセスを提供しています。このデータベースには、1700年代から今日までのアート作品の1億8千万を数えるデジタル写真とエッチング画像が、美術史家のコメント付きで収められています。

ArtmarketはArtpriceとともに6,300にのぼるオークションハウスからの情報をたえず収集し、主要なプレス、メディアエージェントに向けてアート市場のキー情報を提供しています(出版数7,200)。540万人のユーザー(ログインメンバーとソーシャルメディアユーザー)が、メンバーの投稿する広告へのアクセスを有し、リーダー的なGlobal Standardized Marketplace(R)を代表するネットワークとして、固定ないしは入札価格でのアート作品の売買を取り扱います(オークションはフランス商法の L 321.3条における第2、3段落の定めによって規定されています)。

ArtmarketはArtpriceを含めて、BPI(国立投資銀行)から「イノベーティブ企業ラベル」国立認定を受け、2018年11月から2回目となる3年間の国立支援を獲得しています。これに力を得て、アート市場におけるグローバルプレイヤーとしてのポジション強化プロジェクトに取り組んでいきます。

Artmarket.comによるArtpriceの2020年と2021年の現代アート市場レポート:

https://www.artprice.com/artprice-reports/the-contemporary-art-market-report-2021

Artprice by Artmarket による 2020 年度グローバルアート市場報告 (2021 年度3月発表):

https://www.artprice.com/artprice-reports/the-art-market-in-2020

Artmarket と Artprice によるプレスリリースのインデックス:

serveur.serveur.com/press_release/pressreleaseen.htm

Facebook と Twitter で、ArtmarketとArtpriceによるアート市場のニュースをリアルタイムでフォローしてください:

www.facebook.com/artpricedotcom/ (フォロワー数 500 万人)

twitter.com/artmarketdotcom

twitter.com/artpricedotcom

ArtmarketとArtprice部門の仕事や世界観をみる https://www.artprice.com/video 有名なOrgane Contemporary Art Museumに本社を置く “The Abode of Chaos” (The New York Timesより): https://issuu.com/demeureduchaos/docs/demeureduchaos-abodeofchaos-opus-ix-1999-2013

L’Obs – 将来の美術館:https://youtu.be/29LXBPJrs-o
www.facebook.com/la.demeure.du.chaos.theabodeofchaos999
(フォロワー数 440 万人)

https://vimeo.com/124643720

Artmarket.com&Artprice連絡先:ir@artmarket.com

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1678428/image1_artists_under_35.jpg
Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1678429/image2_artprice_2021_contemporary_art_market_report.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1009603/Art_Market_logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ