プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

GWM

GWM、ORA GOOD CATをタイで発表してから48時間以内に6000件以上の事前注文を受ける

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111083010-O1-9fHms64l

AsiaNet 92872 (2769)

【保定(中国)2021年11月5日PR Newswire=共同通信JBN】GWM(長城汽車)は10月14日、ORA GOOD CATのタイにおける先行販売から48時間以内に6000件を超える受注があった。同社はタイでの正式発売を10月29日と発表した。

ORA GOOD CATはGWMのデュアル技術プラットフォーム「L.E.M.O.N + Coffee」をベースにした初のモデルであり、ORAブランドの主流モデルの1つになった。

ORA GOOD CATの全体的な外観は独特で、滑らかなラインを持ちながら、丸みを帯びて膨らんでいるように見える。LEDヘッドライトも丸く、ネコの目のように可愛らしい。グリーンとホワイト、レッドとブラックの組み合わせの2色コントラストが外見とインテリアデザインに施され、レトロでありながらトレンディーに仕上がっている。

ORA GOOD CATはインテリジェントな3イン1統合電気駆動システムを採用している。このシステムはより強力な蓄電容量、より高い充電効率により、走行距離と充電速度を効果的に向上することが特徴である。ユーザーが急いでいたために事前の充電を忘れた場合でも、このシステムは12分で距離100キロに必要なレベルまでバッテリーを充電できる。

バッテリーレベル30%から80%まで30分で達し、フル充電時の最大走行距離は500キロである。

運転体験の面では、ORA GOOD CATはよりスマート、より安全な設定を備えてさらにユーザーフレンドリーである。繊細なレザー製シートを採用し、シート高と背もたれの角度は自由に調節できる。3セットのシートメモリーも搭載し、異なるユーザーの運転習慣に適合するよう素早く起動する。

ドライバーが疲れているときに、運転席にマッサージ機能まであるのは素晴らしい。

そして、安全性を支援する設定がある。ORA GOOD CATはACCアダプティブクルーズと360度パノラマ映像システムを搭載している。ユーザーが渋滞した都市部の道路を運転しているとき、この機能を使えばユーザーは周辺状況を鮮明に見ることができる。前を走る車両を自動的に追い、まさにその時の道路状況に応じて必要があればインテリジェントに減速する。この機能はユーザーの走行安全性を確保するだけでなく、長時間の運転から生じる疲労も緩和する。

ORA GOOD CATの誕生は、GWMがデュアルプラットフォーム技術にサポートされながら、新エネルギーの分野で着実に前進したことを意味する。

実のところ、ORA GOOD CATがタイで発表される前に、ORAブランドの幾つかのモデルがIAAモビリティー2021に出展し、今年12月に欧州で先行販売されることが公式発表されていた。

ORAブランドのDong Yudong最高経営責任者(CEO)は2021年海外販売店オンライン会議の場で、GWMは最も完全なBEVサプライチェーンと共に最大の製造規模を有しており、その製品供給とコスト優位性はORAが世界の市場シェアを獲得するにあたって強力な支えであると述べた。

ソース:GWM

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=406653
(画像説明:タイでのORA GOOD CATの発売)

タイでのORA GOOD CATの発売
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ