プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Arcelik

Arcelik社の持続可能な未来への取り組みが評価されプリンス・オブ・ウェールズ殿下の「Terra Carta Seal」を受賞

AsiaNet 92844

Arcelik社の持続可能な未来への取り組みが評価されプリンス・オブ・ウェールズ殿下の「Terra Carta Seal」を受賞

– プリンス・オブ・ウェールズ殿下は、本日、「Sustainable Markets Initiative (持続可能な市場イニシアチブ(SMI)」を通じて、持続可能な市場の創出において他社をリードする民間企業を表彰する「Terra Carta Seal(テラカルタ勲章)」を発表しました。

– Arcelikは、Terra Carta Sealを授与された45社の1社です。

– Sir Jony IveがデザインしたTerra Carta Sealは、自然、人々、地球のための再生計画であるTerra Carta Sealのビジョンと情熱を体現しています。

イスタンブール、2021年11月4日/PRNewswire/ — ArcelikがTerra Carta Sealを受賞しました。

2021年第1回Terra Carta Sealは、イノベーションを推進し、持続可能な市場の創出に向けて取り組んでいるグローバル企業を表彰するものです。 この勲章は、2021年1月に発表された「自然、人々、地球のための復興計画」の「Terra Carta」に沿った目標を掲げる企業に授与されます。

プリンス・オブ・ウェールズ殿下は、2030年時点で、2018年を基準として、スコープ1および2のGHG排出量を30%、販売製品の使用によるスコープ3の排出量を15%削減し、2050年までにバリューチェーン全体でGHG/CO2e排出量のネットゼロを達成するというArcelik社の目標に深く感銘を受けました。

プリンス・オブ・ウェールズ殿下は、次のように述べています。 「Terra Carta Sealは、より持続可能な未来に向けて真剣に取り組み、自然、人々、地球を経済の中心に据えた組織を表彰するものです。 子どもや孫の世代に地球を残すためには、私たち全員が変化を起こす必要があり、これらの企業はみなさんがこのような取組みができるようにしてくれます」。

Terra Carta Sealは、各産業が持続可能な未来への移行に向けて、さまざまな課題に直面しており異なる段階にあることを認識しています。 ここでは、すべての産業とすべての企業が、より前進できるようサポートしなければなりません。 同時に、1.5度の目標を達成し、生物多様性を回復させて現在の、また将来の、世代のための生命と生活に貢献するには、加速的なペースが求められています。

Terra Carta Sealは、2050年までにネットゼロを達成するため、世界で認められた科学的指標に裏付けされた信頼性の高い移行目標があり、業界内でリーダーシップを発揮する企業に授与されます。

「プリンス・オブ・ウェールズ殿下に認められ、第1回Terra Carta Sealを受賞したリーディングカンパニーの1社になれたことを大変光栄に思います。 持続可能な未来を創造し、野心的な目標を設定することは、Arcelikの最優先事項であり、今回の受賞は、私たちがビジネスとしてこの取組みを実施していることを証明するものです。 私たちは、自然、人々、地球に配慮した真の意味での持続可能な市場の創造に取り組んでいます」。

本日、プリンス・オブ・ウェールズ殿下は、Hakan Bulgurlu氏をはじめとするCEOたちと会談し、受賞と気候変動対策への取り組みを祝うとともに、個々の組織や業界が直面する課題について議論し、解決策や、気候変動への移行をさらに加速させるための企業の方向性について話し合いました。

プリンス・オブ・ウェールズ殿下とSir Jony Ive、LoveFromのクリエイティブチームは、シンプルかつ美しい紙を使いアニメの要素を施した勲章を制作しました。 デザインは、柏の葉、シダ、モクレン、ミツバチなどの自然をモチーフに芸術的な複雑なパターンを組み合わせたもので、Terra Cartaの核となる自然の力と敬意を反映した視覚的なものとなっています。

「テラカルタの歴史的な響きと環境への配慮から、控えめな自然素材を使用し、繊細なイラスト入りの意匠を添えました」とSir Jony Iveは語っています。 「これは、『テラカルタ』の趣旨に賛同してくださった方々への繊細で真摯な記念品であり、このように重要かつ大きな影響を与えられる取り組みに貢献できることを大変うれしく思います」。

Terra Carta Sealについて

2021年に創設された「Terra Carta Seal」は、真に持続可能な市場の創造に向けた取組みとそれを加速するグローバル企業を表彰するものです。 このシールは、「テラカルタ」に賛同し、2050年までにネットゼロを達成するため、世界で認められた科学的指標に裏付けされた信頼性の高い移行目標があり、業界内でイノベーションとリーダーシップを発揮する企業に授与されます。

SMIはCorporate Knights社と提携しています。 「Corporate Knights’ Global 100 Most Sustainable Corporations Companies(コーポレートナイツの世界で最も持続可能な企業100社)」に選ばれた企業は、2021年1月1日時点でSMIのタスクフォースに参加しているメンバーとともに、第1回目のTerra Carta Sealに応募することができます。

Terra Carta Sealは、真の意味で持続可能な市場の創造と、自然、人々、地球に配慮する取組みと、それを加速する企業に毎年授与されます。

Terra Carta Sealの受勲企業

ACCIONA
Akzo Nobel NV
Amazon
Arcelik
AstraZeneca
Atlantica Sustainable Infrastructure Plc
Banco Santander
Bank of America
Brambles
BT Group
City Developments Limited
Cogeco Communications Inc.
Credit Suisse
Cummins Inc
Ericsson
Hewlett Packard Enterprise
HP Inc.
HSBC Holdings Plc
Iberdrola
IBM Corporation
INDITEX S.A.
Johnson Controls International plc
L’Oréal
McCormick & Company, Incorporated
Metso Outotec
National Australia Bank
Natura &Co
Nordea
Novo Nordisk A/S
Novozymes
Ørsted
PepsiCo
Prologis
Salesforce
SAP SE
Siemens Energy AG
Sims Limited
Stantec, Inc.
Tech Mahindra
TELUS
Tesco PLC
Trane Technologies
TSMC
Unilever PLC
Xerox

持続可能な市場イニシアチブについて

プリンス・オブ・ウェールズ殿下は、2020年1月のダボス会議で「Sustainable Markets Initiative (SMI)」を立ち上げられました。 SMIは、自然、社会、人々、金融の資本をバランスよく統合して長期的な価値を生み出す豊かで持続可能な経済を構築するため、世界のCEOや民間企業が協力するネットワークです。

SMIは、脱炭素化とネットゼロの達成、自然によい未来の創造、持続可能な未来に向けた信頼の移行を支援するために、産業および企業レベルでの責任ある移行の開発を促進しています。

プリンス・オブ・ウェールズ殿下は、世界の公的機関、民間企業、慈善団体のリーダーに対し、「Coalition of the Willing(変革を望む連合)」に参加するよう呼びかけています。

詳しくはwww.sustainable-markets.orgをご覧ください。

Terra Cartaについて

2021年1月のOne Planet Summit(ワン・プラネット・サミット)で殿下が発表したTerra Cartaは、自然の力と民間の変革力、革新性、資源を組み合わせた、野心的で持続可能な未来に向けて加速するための実践的な目標です。 Terra Cartaは、「持続可能な市場」イニシアティブの条件となっています。 現在、SMIのウェブサイトには、400名を超えるテラカルタのサポーターが登録されています。

LoveFromとSir Jony Iveについて

LoveFromは、デザイナー、建築家、ミュージシャン、映像作家、ライター、エンジニア、アーティストなどからなるクリエイティブ団体で、ロンドンとカリフォルニア州サンフランシスコにスタジオを構えています。

Sir Jony Ive KBEはデザイナーを務めます。 同氏は以前Appleで最高デザイン責任者で、ユーザー・インターフェースとハードウェア・デザインに関わる12,500件以上の特許を世界中で保有しています。 またRoyal College of Artで学長を務めます。

Terra Carta Sealの制作にあたっては、著名なイラストレーターのPeter Horridge氏、印刷技術者のImprimerie du Marais氏、James Cropper氏が設立した手漉き紙の製造のThe Paper Foundationと協力しました。 ロサンゼルスのMethod StudiosがTerra Carta Sealのアニメーション版を制作しました。

Arcelik社について

全世界で40,000人以上の従業員を擁するArcelik社は、48カ国に販売・マーケティング拠点を持ち、9カ国28カ所の生産拠点と12のブランド(Arcelik、Beko、Grundig、Blomberg、ElektraBregenz、Arctic、Leisure、Flavel、Defy、Altus、Dawlance、Voltas Beko)を所有し、グローバルに事業を展開しています。白物家電の市場シェア(数量ベース)で欧州第2位の企業であるArcelik社の連結売上高は、2020年に43億米ドルに達しました。世界各地にある30の研究開発・デザインセンターには、1,700人以上の研究者が在籍し、これまでに3,000件以上の国際特許を出願しています。Arcelik社は、Dow Jones Sustainability Index 2020(ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス2020)において、2年連続で耐久性のある家庭用電化製品部門の「インダストリー・リーダー」に選ばれており、PAS 2060 Carbon Neutrality Standard(カーボン・ニューとラリティ・スタンダード)に基づき、2019年度と2020年度には、自社のカーボンクレジットを用いて、世界の生産工場でカーボンニュートラルを実現しています。Arcelik社のミッションは「世界をリスペクトし、世界中からリスペクトされる」です。

www.arcelikglobal.com/en 

写真:https://mma.prnewswire.com/media/1677747/Terra_Carta_Seal.jpg

ロゴ:https://mma.prnewswire.com/media/1653921/Arcelik_Logo.jpg

 
(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ