プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Mobileum

MobileumがKaleido Intelligenceから最高のローミング、不正管理、セキュリティーのベンダーに選出される

AsiaNet 92857 (2759)

【クパチーノ(米カリフォルニア州)2021年11月8日PR Newswire=共同通信JBN】
*業界リポートは、Mobileumの市場リーダーシップとトップランクの製品ポートフォリオを強調

ローミングとネットワークのサービス、セキュリティー、リスク管理、テスト、監視に向けた分析ソリューションで世界をリードするプロバイダーのMobileum Inc.(「Mobileum」)は、Kaleido Intelligenceから、Steering of Roaming(ローミング制御)およびFraud Management & Security(不正管理&セキュリティー)ソリューションの優れたチャンピオンベンダー、Analytics(分析)およびValue-Added Service(付加価値サービス)部門のチャンピオンベンダーとして再び指名されたことを発表した。

Kaleido IntelligenceのRoaming Vendor Hub – H2 2021(https://roaming.kaleidointelligence.com/pf/roaming-vendor-hub-h2-2021/ )リポートにおいて、Mobileumは市場におけるリーダー的地位と製品ポートフォリオのイノベーションが評価された。MobileumのActive Intelligenceは、機械学習とAIの力を活用したビッグデータプラットフォームで、トラフィック管理に情報を提供するためのビジネスロジックの適用に加えて、リアルタイムのトラフィックと顧客分析を実現する。その結果、Mobileumのソリューション機能は卸売りと小売りのニーズ全体で運用コストと卸売り料金を削減することにより、自社の顧客の収益性向上をサポートしている。

Kaleido Intelligenceの戦略およびインサイト部門責任者であるNitin Bhas氏は「当社の調査の結果、消費者とIoT接続によるローミング収入は、2020年に約45%下落した。通信事業者が短期および中期のローミング収入を守るために必要なステップを実施する際には、この目的をサポートする高度なローミングソリューションが不可欠だ。Mobileumは、Steering of RoamingおよびRoaming Fraud & Security分野で市場でのリーダーシップ、製品の機能や位置付けがトップであることから、Kaleido IntelligenceのRoaming Vendor Hubリポートで引き続き最上位にランクされている」と述べた。

MobileumのRon Haberman最高製品責任者(CPO)は「5Gの展開が続くにつれ、ネットワークデータの増加により、従来のデータ収集や分析が維持できなくなっていく。AIと機械学習を活用したMobileumのActive Intelligenceプラットフォームは、リアルタイムのトラフィックと顧客分析を提供し、この業界の成長を管理するためのデータドリブンな意思決定に必要なインサイトを事業者に提供する」と述べた。

さらに、Haberman氏は「当社の市場におけるリーダーシップと製品ポートフォリオへの投資が評価されたことを誇りに思う。当社は350以上のSteering of Roamingソリューションを設置しており、クラウド対応のソリューションで5GやIoTのローミングトラフィックのアクティブな管理を事業者が再考するのを支援する用意がある。さらに、最近発表したIoT保証と5Gベースの不正管理コントロールは、イノベーションに向けたMobileumのコミットメントを実証している」と述べた。

Mobileumの拡張性と柔軟性の高いソリューションは、今日の複雑なネットワークに対応するように構築されており、事業者が業績を向上させ、新たな収益化の機会にアクセスできるようにする。例えば、MobileumのRoaming Steeringは、ネットワーク技術、サービス品質、事業ターゲット、卸売りコストなどのアナリティクスドリブンなインサイトに基づいて、ローミングトラフィックを最適なパートナーに自動的に誘導することで、事業者がローミングマージンを最大化するのをサポートする。さらに、MobileumのFraud Managementポートフォリオは、継続的なモニタリングにより、今日の既知の不正パターンだけでなく、将来の未知でより洗練された脅威からも事業者を保護する。

1000以上の顧客がMobileumのActive Intelligenceプラットフォームに依存している。この大規模な設置基盤により、Mobileumの分析ソリューションは、膨大な数の事業者、地域、顧客行動、ローミング契約によって高められた学習内容を活用できるようになり、CSPには収益を増加し、顧客体験を向上させ、コストを削減するディープネットワークおよび運用インテリジェンスとリアルタイムのアクションを提供する。

▽Kaleido Intelligenceについて
Kaleido Intelligenceは、コンサルティングと市場調査を専門とする企業であり、最高レベルの電気通信事業者の調査を提供してきた実績がある。通信事業者の重要な調査およびインサイトを提供し、それぞれ豊富な経験を持つ、専門アナリストと市場リサーチャーが調査を主導している。同社はロンドンに本社を置き、アナリストとコンサルタントのグローバルチームを擁している。

Kaleido Intelligenceは、携帯電話のローミング全体を扱っている唯一の調査会社であり、市場規模と予測データ、競合他社のインテリジェンス、戦略的インサイト、製品分析を網羅している。

詳細な情報は、https://roaming.kaleidointelligence.com を参照するか、@KaleidoIntelでTwitterのフォローを。

▽Mobileum Inc.について
Mobileumは、ローミング、コアネットワーク、セキュリティー、リスクマネジメント、国内外の接続テスティング、顧客インテリジェンス向けのテレコムアナリティクスソリューションの有力プロバイダーである。1000以上の顧客は同社のActive Intelligenceプラットフォームに依存している。Active Intelligenceプラットフォームは高度なアナリティクスソリューションを提供し、顧客がディープネットワークとオペレーショナルインテリジェンスをリアルタイムのアクションに結び付け、収益を増大させるとともに顧客体験を向上させコストを軽減することを可能にする。Mobileumは、シリコンバレーに本社を置き、オーストラリア、ドイツ、ギリシャ、インド、ポルトガル、シンガポール、英国、アラブ首長国連邦の世界各地にオフィスを構えている。

詳細な情報は、https://www.mobileum.com を参照するか、Twitterで@MobileumIncのフォローを。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1431792/Mobileum_Logo.jpg

ソース:Mobileum

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ