プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通

働き方改革を通じて生産性革命に挑む先進企業を選定する 「第5回 日経スマートワーク経営調査」で4星を獲得

2021年11月5日
株式会社 電通

 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博)は、株式会社日本経済新聞社(以下、日本経済新聞社)が2021年11月5日に発表した、働き方改革を通じて生産性革命に挑む先進企業を選定する「第5回日経スマートワーク経営調査」において、4星に認定されました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111052944-O2-tk5NPY7s

 本調査は2017年から日本経済新聞社が実施しているもので、全国の上場企業と有力非上場企業を対象とし、多様で柔軟な働き方の実現、新規事業などを生み出す体制、市場を開拓する力の3要素によって組織のパフォーマンスを最大化させる取り組みを「スマートワーク経営」と定義し、星5段階で評価されます。

 当社は「多様で柔軟な働き方」を目指して労働環境改革を推進するとともに、リモートワークを基本とした「ワークスタイルのスマート化」や「オフィス環境の改革」、さらには「サステナビリティの推進」や「ダイバーシティ&インクル―ジョンの推進」など、これまで250以上の施策を、社内外の幅広い意見を取り入れながら実施してきました。
 一人ひとりが働きやすい環境で能力を最大限に発揮できるよう、社員自らもアイデアを出し実践してきたことで、事業としてもイノベーションが促進され、事業の変革と成長モデルとして考える4つの領域「AX(Advertising Transformation:高度化された広告コミュニケーション)」「BX(Business Transformation:事業全体の変革)」「CX(Customer Experience Transformation:お客さま体験の変革)」「DX(Digital Transformation:マーケティング基盤の変革)」における事業の拡張・変革が加速しています。

 今後も、社員一人ひとりの成長を支援しながら、顧客企業の変革と成長に伴走するIGP(Integrated Growth Partner)※として、より良い未来の創造に貢献していきます。

※IGP特設ページ:https://www.dentsu.co.jp/igp/

以上

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ