プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ロサンゼルス・オートショー(Los Angeles Auto Show)

LAオートショーが屋内外体験のラインアップを発表

AsiaNet 92850 (2755)

【ロサンゼルス2021年11月5日PR Newswire=共同通信JBN】
*世界初公開、エキゾチックカー、カスタムカー、フードトラック、ペットの里親あっせん、これまでより多い試運転のチャンスなど、LAオートショーは11月19日から28日まで、楽しくて手頃な価格のライブイベント体験を提供する

自動車とライフスタイルの対面式主要イベントであるロサンゼルス・オートショー(Los Angeles Auto Show(R))(LAオートショー、LA Auto Show(R))(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3347033-1&h=2206024737&u=https%3A%2F%2Flaautoshow.com%2F&a=The+Los+Angeles+Auto+Show%C2%AE )はこのほど、2021年LAオートショーでデビューする世界クラスの自動車ラインアップを紹介するダイナミックな屋内外のアクティビティー、記者イベント、消費者アトラクションのリストを発表した。Los Angeles Convention Centerで11月19日から28日まで一般公開される。世界的なパンデミックによってLAオートショーが中止になった後、対面での新車デビューやミーティングが再開し、モビリティーの世界が地球で最も革新的・先進的な産業の1つである理由を自動車メーカーが示すのに最適な雰囲気を提供する。

Logo –
https://mma.prnewswire.com/media/1248285/LA_Auto_Show_and_AutoMobility_LA_Lock_Up_Logo.jpg

LAオートショーが南カリフォルニアの人々に公開される前に、世界中の新規および実績のある自動車メーカーが、最新のコンセプトカーや市販車を2021年オートモビリティーLA(AutoMobility LA(TM)、LAオートショーの業界&メディア会合)で紹介する。今年のオートモビリティーLAの記者会見ラインアップは11月17日(水)に対面式で行われ、Barbie、Biliti Electric Inc.、Bremach、EdisonFuture、Fisker Inc.、現代自動車、Kia(起亜)、Mullen、Subaru、VinFastなどの企業が発表を行う。

LAオートショーのオーナー兼最高経営責任者(CEO)Lisa Kaz氏は「LAオートショーが毎年必見のイベントであることには理由がある。それは参加者が毎年楽しみにしている10日間と、100万平方フィートを使った屋内外の体験をわれわれが提供するからである」と述べた。

LAオートショーではダイナミックなスタートアップと実績あるブランドが紹介され、試乗、これまで見たこともない車、カスタムカーとエキゾチックカー、全く新しいゼロエミッションビークル、インタラクティブなアクティベーション、そして比類のない体験が、10日間にぎっしりと詰まっている。インフルエンサーや購入者は、Audi、Chrysler、Dodge, ElectraMeccanica、Fiat、Ford、本田技研工業、ジープ、日産自動車、Ram、Subaru、トヨタ自動車といったブランドの車に試乗できる。その他の体験は以下の通り:

▽新たなアクティベーション、展示、消費者体験

*「Camp Jeep」(屋外):ジープの2万5000平方フィートに及ぶ展示はLAオートショーの参加者に、ショーの会場から立ち去ることなくジープ車両の究極のオフロード性能を体験するチャンスを提供する。Camp Jeepは、顧客が運転する前にジープ車両が耐え抜く厳しい試験の幾つかをシミュレートする複数の障害物で構成されている。このコースでは、最低地上高、アーティキュレーション、ブレークオーバー、オフキャンバー、サスペンションを直接見ることができる。Camp Jeepはプロの4WDドライバーがジープブランドの車のオンロードとオフロードの性能を乗員に体験してもらうインタラクティブな冒険ゾーンである。エキスパートドライバーが参加者を乗せ、2021年型 Wrangler Rubicon、Wrangler 4xe、Grand Cherokee、Gladiator Rubicon、Grand Cherokee Trailhawk、Cherokee Trailhawkを運転する。

*Electrify Americaが提供するEVコース(屋内):最大の超高速オープンDC充電ネットワークであるElectrify Americaは、LAオートショーの全く新しい電気自動車(EV)屋内テストコースの独占スポンサーで、屋外で試乗される今年の自動車ブランドと自動車への充電プロバイダーである。マニア、購入者、EVに関心のある人は、Los Angeles Convention Center南ホール内に設けられた5万5000平方フィートのテストコースで何台かの最新EVに容易に試乗できる。そこでは、ビジターはレベル2の家庭用充電器であるHomeStationや、2021年オートモビリティーLAで初公開が予定されている公共用DC急速充電器のプロトタイプなど、Electrify Americaの充電ソリューションについても知ることができる。Electrify Americaのより詳しい情報、あるいはElectrify Americaの充電器を見つけるにはhttps://www.electrifyamerica.com/ を参照。

*フォード「Bronco Built Wild」体験(屋外):LAオートショーのビジターはBuilt Wildで、特別に設計されたオフロードコースでBroncoシリーズのフルスロットルを体験し、Los Angeles Convention Center北プラザにある斜度38度の丘であるブロンコ山を、勇気を試されながら運転して越えることができる。ビジターはBroncoブランドの愛されるレガシーを学び、Bronco Sportsから2ドアと4ドアのBroncoまでの全く新しいBroncoシリーズを知り、彼らのライフスタイルに適合するモジュール性とアクセサリーについて学ぶ。ゲストはBroncoのオフロード性能のスリル、そしてVaughn Gittin Jr氏の設計によるオフロードコースのコネクティビティーを体験する。この体験では、車両が同じ場所にある状態でほぼ完全に回転するTrail Turn Assistを体験する。

*フォードの「Built To Electrify」と「Built Ford Wild」体験(屋内):Los Angeles Convention Center西ホール内で行われるフォードのBuilt to Electrify体験は、ゲストに電気自動車(EV)を所有することのメリットと、フォードの完全EVラインアップを見るチャンスを提供する。LAオートショーのビジターは完全電動のFord F-150 Lightningを独占的に見て、アドレナリンが湧き出てレースをしているような気分になれるMustang Mach-Eに乗車することができる。また、西ホールのBuilt Ford Wildでは、全く新しいMaverick、2021年型F-150 Hybrid、F-150 Lightningなどのフォード・トラックのフルラインが見られる。Built Ford Wildのビジターは、フォードのトラックを愛する現地顧客のストーリーを見出し、フォードの最新の製品がどのようにして彼らの仕事やレクリエーションをさらに良いものにしているかを知ることができる。

*「Ram Truck Territory」(屋内):この究極のトラック内アドベンチャーは、Los Angeles Convention Center西ホールで初公開されるRamトラック車両のパワーと機能を実証する。アメリカで最も多くの賞を受賞した軽量トラックである2021年型Ram 1500車内のインタラクティブコースを通じ、プロのドライバーがゲストをナビゲートする。LAオートショーのビジターは、Ram Rebel、Limited、Laramie、Longhornに乗って楽しむこともできる。Ramの大型トラックはRam Power Wagon、Ram 2500、3500 Limitedの各モデルである。Ram Truck Territoryでは、高さ6フィート、直径70フィート、斜度30度を超える高く盛り上がったくさび状構造物を利用した安定性のデモンストレーションが行われる。一連の鋼鉄製暗きょを使い、Ramのハンドリング性能とサスペンションのオプションを披露する。また、参加者は30度のアプローチと出発角度を備えた、高さ13フィート、長さ30ヤードのシミュレートされた山である伝説的なRam Mobile Mountainでけん引力を感じ、丘陵降下技術を体験することができる。Ramは、高出力6.7Lカミンズディーゼルエンジンを搭載した2021年式Ram 3500を使い、高さ24フィートのRam Tow Power Towerにトラックを連結し、重い重量を持ち上げてけん引をシミュレートするデモンストレーションを行う。

*SUBARU国立公園体験とペットの里親あっせん(屋内):Los Angeles Convention Center西ホールでは、180度のLEDウオールとLEDフロア、大自然をイメージした光景、音、におい、そして2つのレベルでの観覧など、SUBARUの中核モデルと国立公園保護への取り組みを紹介する全く新しいオートショー体験がビジターを待っている。「非接触」技術にスポットライトを当てたインタラクティブな洞窟を探索し、毎日開催されるペットの里親あっせんイベント「Subaru Loves Pets」にぜひ来場していただきたい。SUBARUのまったく新しいパフォーマンスエリアでは、2022年型WRXなどが展示される。

*「VW Roadshow」(屋外):フォルクスワーゲンは「VW Roadshow」で、LAオートショーの参加者を運転して楽しいSUVの体験へと招待する。そこで参加者の目に入るのは「World Car of the Year」を受賞した完全電動SUVのID.4、VWデジタルコックピットを搭載した、全てが新しいコンパクト車Taos、家族向けのAtlas、大胆なスタイルのAtlas Cross Sport、そして「Car & Driver Edition’s Choice Award」を受賞したコンパクト車Tiguanである。Los Angeles Convention Centerのギルバート・リンゼープラザに設置されたフォルクスワーゲンのカスタムクローズドトラックでは、同社SUVの敏捷性、安定性、適応性を見せるための障害物が配置されている。http://www.vwroadshow.com/ で事前予約し、効率の良いチェックインを。

チケットは現在、laautoshow.com/tickets(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3347033-1&h=1869921226&u=http%3A%2F%2Flaautoshow.com%2Ftickets&a=now+on+sale+at+laautoshow.com%2Ftickets )で発売中。今後、さらなるアクティベーションと体験に加え、新車デビューが発表される予定。

メディア&業界デーの資格証も含め、オートモビリティーLAとLAオートショーの追加情報は(www.AutoMobilityLA.com )と(www.LAAutoShow.com )を参照。

オートモビリティーLAとLAオートショーはロサンゼルス郡公衆衛生局が求める全ての安全プロトコルに完全準拠して運営される。ワクチン接種カード、またはLos Angeles Convention Center到着の72時間以内の新型コロナウイルス感染症検査陰性証明が、マスク着用と共にショーへの入場の際に求められる。現地で検査を希望する場合は現地の無料迅速検査を利用できる。LAオートショーの安全プロトコルを詳しく知るには(https://laautoshow.com/health_and_safety/ )を参照。

▽ロサンゼルス・オートショー(LA Auto Show(R))について
1907年創設のロサンゼルス・オートショー(LA Auto Show(R))は毎年シーズン最初に開催される主要な北米自動車ショーで、世界で最も影響力のあるショーの1つと広く認識されている。ショーは開催地を反映してロスっ子のマイカー熱をたたえ、カリフォルニア州の代名詞である業界技術・革新のグローバルプラットフォームを提供する。ショーは感謝祭の時期に丸10日間開かれ、多くの業界インフルエンサー、カーマニア、ホリデーシーズンの1日を楽しみたい家族にとって必見の目的地である。Los Angeles Convention Centerで毎年開催されるLAオートショーは、地元経済に数億ドルをもたらして地元求人市場を刺激し、LA Convention Center最大の収益源になっている。2021年のプレス&業界デーであるオートモビリティーLA(Automobility LA)は11月17-18日に開かれ、業界の幅広く画期的な発表が盛り込まれている。一般公開は11月19-28日。LAオートショーはGreater L.A. New Car Dealer Associationが後援し、ANSA Productionsが所有、運営する。ショーの最新ニュースと情報を入手するには、LAオートショーをTwitter(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3347033-1&h=2088058399&u=https%3A%2F%2Fc212.net%2Fc%2Flink%2F%3Ft%3D0%26l%3Den%26o%3D3208885-1%26h%3D2120732691%26u%3Dhttps%253A%252F%252Fc212.net%252Fc%252Flink%252F%253Ft%253D0%2526l%253Den%2526o%253D2434488-1%2526h%253D1202015780%2526u%253Dhttps%25253A%25252F%25252Furldefense.proofpoint.com%25252Fv2%25252Furl%25253Fu%25253Dhttp-3A__twitter.com_LAAutoShow%252526d%25253DDwMGaQ%252526c%25253D9wxE0DgWbPxd1HCzjwN8Eaww1–ViDajIU4RXCxgSXE%252526r%25253DTsighQ5d9Vys_pgjwOXtbe-L7jq0CiKHyITp_PSm_7w%252526m%25253D4NT5PB8zM8WgWXWL9xj-7rCog61nziXpkuqaIM3yrvM%252526s%25253DTt-77OHS-KfRthAy3Fwghk0rQP3KxW8bEF-fMKUWSUw%252526e%25253D%2526a%253DTwitter%26a%3DTwitter&a=Twitter )、Facebook(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3347033-1&h=3448623604&u=https%3A%2F%2Fc212.net%2Fc%2Flink%2F%3Ft%3D0%26l%3Den%26o%3D3208885-1%26h%3D3804662290%26u%3Dhttps%253A%252F%252Fc212.net%252Fc%252Flink%252F%253Ft%253D0%2526l%253Den%2526o%253D2434488-1%2526h%253D2694359336%2526u%253Dhttps%25253A%25252F%25252Furldefense.proofpoint.com%25252Fv2%25252Furl%25253Fu%25253Dhttp-3A__facebook.com_LAAutoShow%252526d%25253DDwMGaQ%252526c%25253D9wxE0DgWbPxd1HCzjwN8Eaww1–ViDajIU4RXCxgSXE%252526r%25253DTsighQ5d9Vys_pgjwOXtbe-L7jq0CiKHyITp_PSm_7w%252526m%25253D4NT5PB8zM8WgWXWL9xj-7rCog61nziXpkuqaIM3yrvM%252526s%25253Dg9Muue1fpMqfQZ5iBd9AQOO9MYhtn25jvoneFdQ6RUY%252526e%25253D%2526a%253DFacebook%26a%3DFacebook&a=Facebook )またはInstagram(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3347033-1&h=1429370575&u=https%3A%2F%2Fc212.net%2Fc%2Flink%2F%3Ft%3D0%26l%3Den%26o%3D3208885-1%26h%3D2827175821%26u%3Dhttps%253A%252F%252Fc212.net%252Fc%252Flink%252F%253Ft%253D0%2526l%253Den%2526o%253D2434488-1%2526h%253D884263836%2526u%253Dhttps%25253A%25252F%25252Furldefense.proofpoint.com%25252Fv2%25252Furl%25253Fu%25253Dhttps-3A__www.instagram.com_laautoshow_%252526d%25253DDwMGaQ%252526c%25253D9wxE0DgWbPxd1HCzjwN8Eaww1–ViDajIU4RXCxgSXE%252526r%25253DTsighQ5d9Vys_pgjwOXtbe-L7jq0CiKHyITp_PSm_7w%252526m%25253D4NT5PB8zM8WgWXWL9xj-7rCog61nziXpkuqaIM3yrvM%252526s%25253D_Xqx8cKOFswACzHtbWMGfpDwKgg9yTjtu73e-RLFRXA%252526e%25253D%2526a%253DInstagram%26a%3DInstagram&a=Instagram)でフォローし、(http://www.laautoshow.com/ )でアラートの受信の登録を。

ソース:Los Angeles Auto Show

▽問い合わせ先
Kat Kirsch
media@laautoshow.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ