プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

EDM Council

EDM CouncilがESG企業報告ベストプラクティスに関する業界調査を公表

AsiaNet 92791(2725)

【ニューヨーク2021年11月3日PR Newswire=共同通信JBN】データ管理とアナリティクスの業界横断的な取引団体であるEDM Councilは、企業の報告エンティティーの環境、社会、ガバナンス(ESG)データ管理に関連するベストプラクティスを実行するための直接的な知見と推奨事項を提供する初の調査リポートを公表した。

リポートは次の点を詳しく調査している:
*ESGデータの報告と開示に関して企業が直面するデータ管理の課題
*ESG報告の責任者と説明責任を負う者
*ESG報告をサポートするためのデータ管理計画と戦略
*直接、間接のデータソースに関連するESGデータ品質
*内部、外部の監査と保証に関連するデータ管理機能

ESGの報告は、基準や規制が発展し進化するため、まだ初期段階にある。ESG報告は企業の業績、リスク、全体的な戦略に関する重要な情報を提供し、結果のデータは投資家、資産所有者、規制当局、顧客、サプライヤー、従業員など、ESGエコシステム全体の複数の利害関係者によって使用される。炭素排出量、生物多様性、水消費量、従業員の健康・安全、ジェンダーの多様性、賃金の平等、児童労働、文化・倫理などのESGに焦点を当てることは、基礎となるデータに関連する複雑さとこのデータの管理のために、一連の特有な課題を生み出す。

このリポートは、ESGエコシステム全体にわたる現在のデータ課題を調査するため2020年に組織されたEDM CouncilのESG Workgroupによって作成された。Workgroupは、各構成グループ(企業報告エンティティー、データ収集/調査/格付け会社、投資/商品開発企業、資産所有者)のデータ専門家の目を通して問題を検討することにより調査に取り組んだ。

EDM CouncilのEric Bigelsen業界エンゲージメント責任者兼ESG Workgroup責任者は「誰もがESG原則を組織戦略に組み込み、ESGエコシステム全体でESGデータを使用する方法を理解しようとしている。データはすべてをつなぐ接着剤である。その結果、ESGデータとデータ管理はすべての構成要素にとり重要だが、まだ開発の初期段階にある。このリポートでは、データの責任が存在するデータ報告の準備や、組織内でESGのベストプラクティスを強化するための重要なステップに関するESG Workgroupの具体的なアドバイスなど考慮事項について説明している」と語った。

このEDM Council ESG Corporate Reporting Entitiesリポートは、ESGデータの課題と推奨事項を詳述した9カ月にわたる調査結果を含む一連のリポートの最初の部分である。このリポートには、80を超える参加組織と150人超の専門家にまたがる取り組みで、複数の業界にわたるデータ専門家、企業の持続可能性報告の専門家、ESGの対象分野の専門家、その他のビジネスリーダーからの情報提供が組み込まれている。

詳細とEDM Council ESG Corporate Reporting Entitiesリポート全文のダウンロードは次を参照:https://app.smartsheet.com/b/form/45e8fb7e57844ff5bb39098733818e70

▽EDM Councilについて
EDM Councilは、ビジネスおよびオペレーションの最優先事項としてデータ管理とアナリティクスの実務を向上させるために発足した世界規模の非営利団体である。Councilは、データの標準規格化、ベストプラクティス、総合的トレーニング、認定プログラムの策定と実施の有力な世界的提唱団体である。米州、欧州・中東・アフリカ、アジアの1万以上のデータ管理専門家を代表する世界250以上のメンバー組織を擁するEDM Councilは、極めて重要な組織機能としてデータ管理とアナリティクスにおける課題と進展をめぐりデータ専門家が交流、意思疎通、協力できる場を提供している。詳細はウェブサイトedmcouncil.org(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3343573-1&h=4225787337&u=https%3A%2F%2Fedmcouncil.org%2F&a=edmcouncil.org )を参照し、LinkedIn (https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3343573-1&h=2400819467&u=https%3A%2F%2Fwww.linkedin.com%2Fcompany%2F11052555%2Fadmin%2F&a=LinkedIn )、Twitter (https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3343573-1&h=2469234978&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fedmcouncil&a=Twitter )で同社のフォローを。

ソース:EDM Council

▽問い合わせ先
Paragon PR, For EDM Council
P.J. Kinsella
+1 973-255-7153
pj@paragonpr.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ