プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

東洋観光事業株式会社 ホテルブエナビスタ

新しい朝食サービス「Picnic Breakfast(ピクニックブレックファースト)」を開始いたします

お客様がお好みの場所を選んで楽しめる 新しい朝食スタイル

2021年11月2日
東洋観光事業株式会社 ホテルブエナビスタ
〒390-0814 長野県松本市本庄1-2-1 
TEL.0263-37-1003 Fax.0263-35-5536

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111022755-O1-vPhI7lTV

 

 

ホテルブエナビスタ(所在地:松本市本庄1-2-1 専務取締役総支配人:重山 敬太郎 運営:東洋観光事業株式会社 本社:茅野市北山4035-170 代表取締役社長:深澤 洋充 開業:1991年11月28日)は、11月1日(月)より、従来の洋和ブッフェスタイルの朝食に加え、お客様の新たな選択肢となるテイクアウトスタイルの朝食「Picnic Breakfast(ピクニックブレックファースト)」のサービスを開始いたします。

これまで館内に一ヵ所だった朝食会場を、従来のブッフェスタイルの会場と、ピクニックの会場に見立てたそれぞれコンセプトの異なる4ヵ所を新たな朝食会場として提案することにより、多様化するお客様の嗜好やニーズに応えるものです。また、朝食会場の分散により密を解消し、コロナ禍において更なる安全・安心の提供も行うことができるサービスとして「ピクニックブレックファースト」の販売を開始いたします。

 ホテルブエナビスタは今年11月28日に開業30周年を迎える松本のシティホテルとして、今後も新たな商品やサービスのご案内を通じて、これまで支えていただいた多くのお客様や地域の皆様への貢献を続けてまいります。

 

・名称: Picnic Breakfast (ピクニックブレックファースト) 

・開始: 2021年11月1日(月)~  

・提供時間:6:30~10:00 

・料金: 大人¥2,450円 中人(9~12歳)¥1,430 小人(4~8歳)¥990 (税サ込)

・概要: 朝食会場「1Fカフェ&ダイニング ラ・カフェテラサ」にて受付。希望のお客様には専用バスケットと容器となるピクニックボックスをお渡しし、ラ・カフェテラサのブッフェコーナーにてお好きなお料理とお飲み物をバスケットに詰め込み、お好きな会場に移動して楽しんでいただくピクニック感覚の朝食サービスです。各会場にはごみ箱や回収ボックスを設置して快適に朝食を楽しんでいただけます。朝の新鮮な空気の中で楽しみたい方には屋外のガーデンを、北アルプスの眺望とともに楽しみたい方はホテル最上階を、ご家族やお仲間で気兼ねなく楽しみたい方には専用スペースの宴会場等をご用意して、お客様のハッピーで元気な一日の始まりをサポートいたします。

 

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111022755-O11-v3vivqHC

屋外を楽しむ「ガーデンピクニック」屋外庭園施設ザ・ガーデン(約290㎡)

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111022755-O12-tw07qtji

眺望を楽しむ「スカイピクニック」ホテル最上階ソルプレーサ(標高約650メートル地点)

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111022755-O13-63M4y017

団欒を楽しむ 「ファミリーピクニック」1階宴会場フローレス(約120㎡)

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111022755-O14-f3vRqfkq

自由を楽しむ「プライベートピクニック」お客様の滞在する各客室(21タイプ190室)

 

  

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M106835/202111022755/_prw_OT1fl_yb5214G6.png

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111022755-O15-3GaAkuu2

ガーデンピクニックイメージ
ホテルブエナビスタ
スカイピクニックイメージ
ファミリーピクニックイメージ
プライベートピクニックイメージ
ホテル外観
ピクニックボックス洋食イメージ
ピクニックボックス和食イメージ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ