プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Axcelis Technologies, Inc.

AXCELIS社が「GSD OVATION」高電流・高エネルギー・バッチ注入装置を発表

AsiaNet 92755

AXCELIS社が「GSD OVATION」高電流・高エネルギー・バッチ注入装置を発表

急騰する200mm市場を支援するよう設計された新構成

マサチューセッツ州ビバリー、2021年11月2日 /PRNewswire/ — 革新的かつ生産性の高いソリューションを半導体業界に提供する大手サプライヤーであるAxcelis Technologies社(ナスダック:ACLS)は、GSD OvationTM高電流・高エネルギー・バッチ注入装置の導入を本日発表いたします。新型GSD Ovationシステムは、最も長く生産・支持されたバッチ・イオン注入装置の業界標準となり大きな成功を収めたGSDシリーズ注入装置をベースとし、活発化する200mm製造工場の新たな建設と拡張活動を支援するよう設計されています。

写真 –  https://mma.prnewswire.com/media/1675507/GSD_Ovation_1024px.jpg
ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/144199/axcelis_technologies__inc__logo.jpg

社長兼最高経営責任者であるMary Pumaは、「2015年より200mm製造工場の建設と拡張が急増しており、それにより新品ならびに中古の200mm設備が不足しています。この200mm IC生産の成長は先例のない規模です。Axcelisは、当社の既存のシリーズとシームレスに統合し、また新たな200mm製造工場に発展的バッチ構成を取り入れた業界最良の200mmバッチ注入ソリューションを提供し、この著しい需要の支援に尽力しています。」と述べています。

製品開発担当取締役副社長であるBill Bintzは次のように付け加えています。「新しいGSD Ovationシリーズは、200mm製造工場にとっての業界標準ツールとしてAxcelisの市場でのリーダー的地位をさらに強化します。革新的技術改善、また、積極的かつ継続的なロードマップ改善を組み合わせることで、比類のない信頼性と所有コストの最低限化を叶えつつ、頑強な能力の拡張、最適化、維持を行うための最も早く、かつ費用対効果の高い方法を実現します。GSD製品のラインナップには、一般的な高電流用途および高エネルギー用途向けのGSD/E2 Ovationや最大エネルギーを3MeVとするGSD/HE Ovation、そして最大エネルギーを4.9MeVとするGSD/VHE Ovationといった、お客様のバッチ注入プロセスに最適なエネルギー範囲の選択を可能にする各種注入装置が含まれています。」

Axcelis社について:

マサチューセッツ州ビバリーに本社を構えるAxcelis(ナスダック:ACLS)は、革新的かつ生産性の高い半導体業界向けソリューションを40年以上にわたり提供しています。また、イオン注入システムの設計、製造、そしてライフサイクル全体の支援を通じて、半導体製造プロセスにおいて最も重要かつ有効なプロセス・アプリケーションの開発に力を注いでいます。Axcelisについての詳細はwww.axcelis.comをご覧ください。

お問い合わせ先:
日本:
寄田直康(カントリー・マネージャ) 03-5860-2586

その他全ての地域:
Maureen Hart(記事/メディア) +1-978-787-4266 
Doug Lawson(投資家向け広報活動) +1-978-787-9552

 
(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ