プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

日本ユニシス株式会社

日本ユニシスのコマース事業基盤 Omni-Base for DIGITAL’ATELIERが ニッセンの次期ECシステムに選定

2021年11月2日

日本ユニシスのサービス利用型コマース事業基盤 「Omni-Base for DIGITAL’ATELIER(デジタラトリエ)」が ニッセンの次期ECシステムに選定

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M105480/202111022705/_prw_PT1fl_165wTxvU.png

【導入の背景】

ニッセンではスピーディーなEC拡大に向け、UX※1改善のためのEC機能改修、日々脅威を増す情報セキュリティ対策強化、これらを実現しながらの事業コスト構造の最適化が課題でした。これらの課題をスピーディーに解決し、さらなる消費者へのサービスを向上するために、日本ユニシスのサービス利用型コマース事業基盤「Omni-Base for DIGITAL’ATELIER」が選定されました。

 

今回特に評価されたポイントは以下の通りです。

・迅速かつ最適なEC機能の拡張

・高品質なITサービスと情報セキュリティ対応

・SaaS採用によるIT費用の変動費化

 

【Omni-Base for DIGITALʼATELIERの特徴】

「Omni-Base for DIGITALʼATELIER」は、10億から1000億円規模の事業に対するSaaS型の基盤システムです。随時、新機能追加ができるため、クライアント企業は必要な機能を選択し利用することが可能です。SaaSならではのスピーディーな導入ができ、数百億円規模の事業でも1年前後でリリースを実現できます。「Omni-Base for DIGITALʼATELIER」は、「大手でもサービス利用の時代へ」をコンセプトに立ち上げた、日本ユニシスの新サービスブランド「DIGITALʼATELIER」のサービスメニューの1つとして提供します。

 

〇「DIGITALʼATELIER」主な機能は以下の通りです。

・フルフィルメント機能(仕入から受注・販売・出荷の管理)

・EC機能(スマホサイト・PCサイト・スマホアプリ)

・通販機能(コールセンター機能)

・店舗機能(POSと連携する各種OMO機能)

・卸・委託機能(外部モールとの商品・在庫・売上連携機能)

 

【今後の展開】

日本ユニシスは、「Omni-Base for DIGITAL’ATELIER」を通しニッセンの通信販売事業の業務効率化とコスト最適化の実現に向けて継続して支援していきます。

 

以 上

 

※1 UX(User Experience):ユーザーが製品やサービスを通じて得られる体験のことを指します。

■関連リンク

・「DIGITALʼATELIER」ポータルサイト https://digitalatelier.jp/

 

※「DIGITALʼATELIER」は、日本ユニシス株式会社の商標です。

※「Omni-Base」は株式会社ワールドの商標であり、そのシステム知財も同社に帰属します。

※記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

※掲載の情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、

あらかじめご了承ください。

 

<本ニュースリリースに関するお問い合わせ>
https://www.unisys.co.jp/newsrelease_contact/

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111022705-O1-U5Y96l2L

 

日本ユニシスは、2022年4月1日付で会社名(商号)を「BIPROGY株式会社(ビプロジーカブシキガイシャ、英語表記:BIPROGY Inc.)」に変更します。

BIPROGYは、光が屈折・反射した時に見える7色(Blue、Indigo、Purple、Red、Orange、Green、Yellow)の 頭文字を使った造語です。光を集約し、7色に輝かせるハンズオンカンパニーとして、あらゆる垣根を越えた先にある、“光彩”が混ざりあった世界を表現するとともに、「さまざまなビジネスパートナーや多種多様な人々がもつ光彩を掛け合わせ、混とんとした社会の中で新たな道を照らし出すこと」、そして「光彩が状況に応じて変化するように、社会や環境変化に応じて提供する価値を変えていくこと」を意味しています。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ