プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Argus Cyber Security Ltd.

Argus Cyber Security、優れたペネトレーションテスト技術で「Automotive Cybersecurity Innovation of The Year」を受賞

AsiaNet 92741

Argus Cyber Security、優れたペネトレーションテスト技術で「Automotive Cybersecurity Innovation of The Year」を受賞

Argus社の画期的なペネトレーションテスト技術は、カバレッジ・ガイド・ファジングにより、組込み機器のバイナリコードの脆弱性を検出することができます。

イスラエル、テレアビブ, 2021年11月2日 /PRNewswire/ — コネクテッドモビリティ向けサイバーセキュリティのグローバルリーダーのArgus Cyber Securityhttps://argus-sec.com/ )は本日、毎年恒例のAutoTech Breakthrough Awardsにおいて「Automotive Cybersecurity Innovation of The Year」賞を受賞したことを発表しました。

自動車のソフトウェア化やコネクテッド化が進むにつれ、サイバーリスクにさらに増えています。このようなリスクに対処し、UNR155やGB/Tなどの規制に準拠するために、自動車メーカーは自社の車両ソフトウェアに脆弱性がないことを検証する方法が必要とされています。

一般的な自動テスト手法の1つのファジングは、車両の電子制御ユニット(ECU)などのターゲットシステムに複数のメッセージを送信し、バグを誘発させるものです。理想的なファジング手法は、「カバレッジ・ガイデッド・ファジング」です。しかし、組込みソフトウェアのバイナリコードをテストする場合、セットアップに時間と手間がかかるため、カバレッジ・ガイデッド・ファジングは事実上不可能でした。今回初めて、自動車メーカーは費用対効果の高い方法で組込みソフトウェアをテストし、より多くの脆弱性を発見し、被害が発生する前に緩和対策を取ることができるようになりました。
Argus Cyber Security の CTO(最高技術責任者)のYaron Galulaは次のように述べています。「Argus の技術(特許出願中)によってブラックボックス化されたセキュリティ侵入テストにおいて、対象範囲に的を当てたファジングが可能になりました。「以前は、自動車メーカーが組込みデバイスのテストにカバレッジ・ガイデッド・ファジングを使用することは非実現的でした」。

この技術は、Argus Vehicle Vulnerability Management(Argusの自動車脆弱性管理)(https://argus-sec.com/argus-vehicle-vulnerability-management/ )ソリューションを補完するもので(VVM)、車両の脆弱性の監視、検出、リスクの緩和を自動的に管理できます。6,500万台以上の車両を保護できるプロジェクト契約に署名した自動車メーカーは、車両の脆弱性リスクの発生をよく理解し、迅速な対応ができるArgusに信頼を寄せています。

「毎年開催されるAutoTech Breakthrough Awardsのミッションは、自動車および輸送業界に対して総合的な分析と評価を提供することです。今年は、15カ国以上からMercedes BenzやFordなどの業界リーダーを含む1,400件以上がノミネートされました」とAutoTech Breakthrough Awardsのマネージング・ディレクターのBryan Vaughnは語ります。「Argus社のイノベーションによって、自動車業界全体のサイバーセキュリティの水準が引き上げられました」。 Automotive Cybersecurity Innovation of the Year の受賞、おめでとうございます。

Argus Cyber Securityについて

コネクテッドモビリティ向けサイバーセキュリティのグローバルリーダーのArgus社は、あらゆる形態のコネクテッドモビリティをサイバー攻撃から保護するために、モジュール式の車載型または後付けのサイバーセキュリティ製品およびサービスを提供しています。自動車メーカー、サプライヤー、コネクテッドモビリティ企業のお客様にサービスを提供しています。

Argusの自動車用サイバーセキュリティチームは、規制に準拠できるようお客様の製品のライフサイクル全体でサイバーセキュリティを導入し、幅広いサービスを提供しています。Argusの革新的な手法とソリューションは、70件以上の特許(申請中を含む)に裏付けされた数十年にわたるサイバーセキュリティと自動車の研究をベースとしています。

2013年に設立されたArgusは、イスラエルのテルアビブに本社を置き、ミシガン、フランスのシュトゥットガルト、東京、上海、韓国に拠点を構えています。Argus Cyber Securityについては、https://www.argus-sec.com をご覧ください。
@ArgusSechttps://twitter.com/ArgusSec )| LinkedInhttps://www.linkedin.com/company/argus-cyber-security/?trk=biz-companies-cym

AutoTech Breakthroughについて

AutoTech Breakthrough Awardsは、世界的な技術革新とリーダーシップのため主要なマーケット・インテリジェンスおよび認識プラットフォームであるTech Breakthroughhttps://techbreakthroughawards.com/ )の一部で、自動車関連の優れた技術、サービス、企業、製品を表彰することを目的としています。AutoTech Breakthrough Awardsは、コネクテッドカー、電気自動車、エンジン技術、オートモーティブ・サイバーセキュリティ、センサー技術、交通技術、車両テレマティクスなどのカテゴリーにおいて、AutoTech企業やソリューションの功績を広く認知してもらう場を提供しています。詳細はAutoTechBreakthrough.comhttps://autotechbreakthrough.com/ )をご覧ください。

連絡先:
Monique Lance
Monique.lance@argus-sec.com
+972-54-7782549

ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/803463/Argus_Cyber_Security_Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ