プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アップルジャパン合同会社

Beats by Dr.Dre最も先進的かつ革新的な新製品Beats Fit Proワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォン発売

新開発のウィングチップ、独自のアコースティックプラットフォーム、最大27時間の再生時間

2021年11月1日
Apple Japan, Inc.

報道関係者各位

 

Beats by Dr. Dre、最も先進的かつ革新的な新製品 Beats Fit Proワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォンを発売新開発のウィングチップ、独自のアコースティックプラットフォーム、

最大27時間の再生時間(充電ケース使用)、 アクティブノイズキャンセリング、外部音取り込みモード、アダプティブイコライゼーション ダイナミックヘッドトラッキングによる空間オーディオ、Apple H1チップ搭載

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M102832/202111012653/_prw_OT1fl_is6MBUAi.png

 

Beats by Dr. Dre (ビーツ・バイ・ドクタードレ 以下、Beats) は、アクティブなライフスタイルのためにデザインされた最も先進的なイヤフォン、Beats Fit Proを発売します。Beats Fit Proは卓越した音響性能と革新的なウィングチップデザインが特徴です。耳にしっかりとフィットする快適な着け心地、3つのリスニングモード、自動再生/一時停止、IPX4等級の耐汗耐水性能など1、Apple H1チップによる便利な機能を備えた、アクティブな一日を支えるイヤフォンです。

 

カラー展開は、ストーンパープル、セージグレイ、Beatsホワイト、Beatsブラックの計4色で、日本では2022年初旬よりApple.comで取り扱いを開始します。

 

BeatsおよびApple Music担当バイスプレジデント、Oliver Schusser(オリバー・シュッサー)は次のように述べています。

「Beats Fit Proは、フィット感とその機能に驚くべき革新をもたらし、Beats史上最高のサウンドを奏でるテクノロジーを備えた製品です。Beats Fit Proのダイナミックヘッドトラッキングによる空間オーディオによって、音に包まれているような体験を楽しむことができます。Beats Fit Proは、この価格帯のプレミアムイヤフォンにおける、新たなスタンダードとなることでしょう」

 

革新的なデザインとフィット感

Beats Fit Proは、激しいトレーニング中でも耳にしっかりとフィット。快適で安定した着け心地が続きます。独自のウィングチップは、何千もの耳を測定してデジタルモデル化したもので、硬いコアを柔らかくしなやかな素材で包み込んだイヤーバッドの形状が、あらゆる耳の形にフィットします。

 

プレミアムなサウンドのために

 Beats Fit Proは、まったく新しいトランスデューサーを採用。革新的なベントシステムにより、柔軟な振動板全体で高音域の歪みを最小限に抑え、小さなフォームファクターで優れたサウンドを実現します。この音響構造とBeats独自の優れたチューニングの組み合わせが、周波数カーブ全域で迫力あるダイナミックレンジとクリアなサウンドをもたらし、感動的でパワフル、かつバランスの取れたリスニング体験を生み出します。

 

また、3種類のリスニングモードで、ノイズを自由にコントロールできます。アクティブノイズキャンセリング(ANC)モードは、ユーザーの動きに合わせて1秒間に最大200回音質を調整します。周囲の音が変化しても、外向きと内向きのマイクが連動して捉えた不要な環境音がアンチノイズでブロックされます。周囲の状況に気を配る必要があるときは、どちらかのイヤーバッドの「b」ボタンを押すだけで、外部音取り込みモードに簡単に切り替わります。ANCと外部音取り込みモードの両方をオフにすると、アダプティブイコライゼーションが有効となり、Appleのコンピュテーショナルオーディオを搭載した左右のイヤフォンの内向きマイクがユーザーが聴いているものを測定、耳の形に合わせて低周波数と中周波数を自動的に調整し、優れた音質と一貫したサウンドを届けます。

 

ダイナミックヘッドトラッキングによる空間オーディオでは、5.1、7.1、ドルビーアトモスで録音されたコンテンツを、あたかも劇場にいるかのような感覚で楽しめます2。Beats Fit ProとiPhone(またはiPad)の両方のジャイロスコープと加速度センサーが頭とイヤフォンの動きを追跡し、動きのデータ(モーションデータ)を比較。頭が動いても音が頭の周りに配置されるよう調整します。ドージャ・キャット、オリヴィア・ロドリゴ、ロディ・リッチ、J. バルヴィン、ラウ・アレハンドロ、セレーナ・ゴメスなど、お気に入りのアーティストの音楽をApple Music3で楽しむことができます。Beats Fit Proを含むすべてのBeatsワイヤレスヘッドフォンで、ドルビーアトモスの曲が自動的に再生されます。

 

接続とコントロール

Beats Fit Proは、Class 1 Bluetooth®テクノロジーを採用しているため、通信範囲が広く、ペアリング元のデバイスを体のどこに身に付けていても、音の途切れが少ない安定した接続が得られます。

 

また、イヤフォンを装着/脱着する光学センサーが耳との接触を感知し、コンテンツを自動再生/一時停止します。「b」ボタンを使用して、音楽のコントロール(一時停止/スキップ/戻る)、通話のコントロール、リスニングモードの切り替えを行うことができます。通話中は、音声を検知するデュアルビームフォーミングマイクに加えて、内部マイクおよび音声加速度センサーが周囲のノイズをカット。自然な感覚で通話ができます。

Apple H1チップ搭載で、ワンタッチペアリング、ベストフィットに調整できる装着状態テスト、iCloud登録デバイス間での自動切り替え、オーディオ共有、「Hey Siri」へのハンズフリーアクセス、iOSの「探す」機能など、iPhoneユーザーにシームレスなエコシステムエクスペリエンスを提供します4。

 

バッテリー駆動時間

Beats Fit Proには、小さなボディに驚くべき革新性とバッテリー性能が備わっています。ANCまたは外部音取り込みモードがオンの場合、Beats Fit Proは左右のイヤーバッドで最大6時間の再生が可能です5。USB-Cで充電できるポケットサイズの充電ケースを使用すればさらに21時間の再生が可能で、バッテリー駆動時間は合わせて27時間となります6。アダプティブイコライゼーションモードの場合、左右のイヤーバッドの再生時間はそれぞれ7時間、ケースを使用した場合は合わせて30時間となります。バッテリー残量が少なくなっても、Fast Fuel機能により5分の急速充電で1時間の再生が可能です7。

 

Androidにも対応

Beats Fit Proは、Androidデバイスに対応。Android用のBeatsアプリをダウンロードすると、ワンタッチペアリングやガイド付き装着状態テストを利用してイヤーバッドを簡単にセットアップできます8。アプリケーションから簡単にリスニングモードを切り替えられるほか、左右どちらかのイヤーバッドの「b」ボタンをカスタマイズして音声アシスタントを起動するよう変更することもできます。

 

地球にやさしい設計

さらに進化したBeatsのアプローチで、プラスチックの部品を削減し、全体的な材料使用量も抑えました。Beats Fit Proの内部コンポーネントには再生プラスチックを使用しています。メインのパッケージ素材は廃棄物ゼロの施設で作られたもので、88%が木質繊維を原料とし、そのうち74%が使用済みリサイクル材料です。

 

価格と発売情報

Beats Fit Proの価格は199.99ドルで、米国では11月1日よりapple.comにて取り扱いを開始し、11月5日以降の出荷となります。中国では12月上旬、日本を含めたその他の地域では2022年に販売開始となります。

 

製品画像をご希望の方はこちらよりダウンロードしてください。

 

 

Beats by Dr. Dreについて

Beats by Dr. Dre (Beats)は、Dr. DreとJimmy Iovine(ジミー・アイオヴァイン)によって2006年に設立された、世界をリードするオーディオ・ブランドです。高品質なヘッドフォン、イヤフォン、スピーカーなどのデバイスを通して、次世代のエンターテインメント性ある音楽をお届けしています。今後ともBeatsは、レコーディングスタジオで聴いているかのような、エネルギッシュで心揺さぶるサウンドを、世界中の音楽ファンの皆さまにご提供できるよう努めてまいります。Beatsは、2014年7月にAppleファミリーの一員となりました。

 

1 Beats Fit Proには耐汗耐水性能がありますが、水上または水中でのスポーツやエクササイズには対応していません。Beats Fit Proは実験室の管理された条件下でテストされており、IEC規格60529に基づくIPX4等級に適合しています。耐汗耐水性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。Beats Fit Proが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法については、https://support.apple.com/ja-jp/HT209542をご覧ください。充電ケースに耐汗耐水性能はありません。

 

2 対応するハードウェアとソフトウェアが必要です。サポートされているアプリ内の対応するコンテンツで利用できます。コンテンツによってはドルビーアトモスに対応しない場合があります。ヘッドトラッキング機能にはiPhoneまたはiPadが必要です。

 

3 Apple Musicの利用にはサブスクリプションが必要です。Beats Fit Pro、Powerbeats Pro、Beats Solo Pro、Beats Studio Budsを購入すると、Apple Music®を6か月間無料でご利用いただけます(新規加入の場合)。

 

4 自動デバイス切り替えは、macOS 11.1以降、iOS 14.3以降、iPadOS 14.3以降、watchOS 7.2以降、tvOS 14.3以降に対応します。言語または地域によってはSiriを利用できない場合や、地域によって機能が異なる場合があります。インターネット接続が必要です。携帯電話データ通信料がかかる場合があります。 オーディオ共有は、Beats Fit Pro、Beats Flex、Solo Pro、Powerbeats Pro、Powerbeats、Solo3 Wireless、Powerbeats3 Wireless、Beats Studio3 Wireless、BeatsX、AirPods(第1世代以降)、AirPods Pro、およびAirPods Maxに対応します。iOSの最新バージョンを搭載したiPhone 8以降とiPod touch(第7世代)、iPadOSの最新バージョンを搭載した12.9インチiPad Pro(第2世代以降)、11インチiPad Pro、10.5インチiPad Pro、iPad(第5世代以降)、iPad Air(第3世代)、iPad mini(第5世代)に対応します。 「探す」アプリでBeats製品を探すには、iOS 15.1以降を搭載したiPhoneまたはiPod touch、iPadOS 15.1以降を搭載したiPad、またはmacOS Monterey 12.0.1以降を搭載したMacが必要です。お客様は、お使いのApple IDでiCloudアカウントにサインインし「探す」を有効にする必要があります。

 

5 iPhone 12の本体およびリリース前のソフトウェアとペアリングしたBeats Fit Proおよび充電ケースの試作ハードウェアとソフトウェアを使用し、2021年9月にAppleが実施したテスト結果に基づくものです。オーディオの再生には、iTunes Storeで購入した358の個別のオーディオトラック(256Kbps AACエンコーディング)により構成されたプレイリストを使用しました。音量は50%に設定し、アクティブノイズキャンセリングをオンにしました。テストでは、片方のBeats Fit Proが停止するまでオーディオ再生を行って、Beats Fit Proのバッテリーを完全に放電させました。アクティブノイズキャンセルをオフにした場合のイヤーバッドの再生時間は最大7時間でした。バッテリー駆動時間は各種設定、環境、使用方法、その他の多くの要素によって異なります。

 

6 iPhone 12の本体およびリリース前のソフトウェアとペアリングしたBeats Fit Proおよび充電ケースの試作ハードウェアとソフトウェアを使用し、2021年9月にAppleが実施したテスト結果に基づくものです。オーディオの再生には、iTunes Storeで購入した358の個別のオーディオトラック(256Kbps AACエンコーディング)により構成されたプレイリストを使用しました。音量は50%に設定し、アクティブノイズキャンセリングをオンにしました。テストでは、片方のBeats Fit Proが停止するまでオーディオ再生を行って、Beats Fit Proのバッテリーを完全に放電させました。バッテリーを完全に消費したBeats Fit Proを100パーセントまで充電し、片方のBeats Fit Proが停止するまでオーディオ再生を再開しました。Beats Fit Proと充電ケース両方のバッテリーを完全に使い切るまで、このサイクルを繰り返しました。バッテリー駆動時間は各種設定、環境、使用方法、その他の多くの要素によって異なります。

 

7 iPhone 12の本体およびリリース前のソフトウェアとペアリングしたBeats Fit Proおよび充電ケースの試作ハードウェアとソフトウェアを使用し、2021年9月にAppleが実施したテスト結果に基づくものです。オーディオの再生には、iTunes Storeで購入した358の個別のオーディオトラック(256Kbps AACエンコーディング)により構成されたプレイリストを使用しました。音量は50%に設定し、アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードはオンにしました。5分充電のテストでは、バッテリーを完全に消費したBeats Fit Proを5分間充電し、片方のBeats Fit Proが停止するまでオーディオ再生を行いました。バッテリー駆動時間は各種設定、環境、使用方法、その他の多くの要素によって異なります。

 

8 イヤーチップの装着状態テストには、iOS 15.1以降、またはAndroid用のBeatsアプリが必要です。

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ